« 福井の有名なご当地グルメ、竹田の油あげ「谷口屋」で揚げたてアツアツの油あげを食べてきました | トップページ | 今日11月6日「加能ガニ(ズワイガニ)」が解禁になりました! »

2012/11/05

滋賀県で開催された「第2回全国ご当地うどんサミット」でうどん日本一に輝いた「小松うどん」肉うどん

今年9月末に滋賀県東近江市で開催された「第2回全国ご当地うどんサミット」で見事日本一に輝いたのが小松うどんなのである。

今回は地元滋賀県、うどんの本場、讃岐など12ヶ所のうどんが勢ぞろいした。

017

そんな中、小松うどんは能登牛を使った肉うどんで勝負!見事グランプリを勝ち取ったのである。

実は、小松うどんは、俳人の松尾芭蕉が「奥の細道」の旅で加賀を訪れた際に、小松から干しうどんを贈られ、喜んだという記述が「芭蕉書簡集」に残っているほどである。伝聞によると、さらに一度小松を離れた松尾芭蕉が、小松のうどんを食べにわざわざ戻ってきたというのである。

小松うどんの特徴は、細くて軟らかくて白い、ほどよいコシとのど越しのいいうどんで、昆布と魚の節を使ったあっさりとした味のダシだが、しっかりとした香りと味がある。

さて、日本一に輝いた肉うどんだが、私は肉が苦手なので、書くのをどうしようと思ったいたが、ちょうど、どんどんまつりが開かれていたときに、妻と母を連れ立って「小松うどん道場 つるっと」に肉うどんを食べに出かけてきた。

お祭りということもあって、小松駅前の会場は多くの人で賑わっていた。

016

近年、小松うどんも、小松うどんつるつる創研などの関係者の努力もあり、だんだんと認知度が高まってきた。どんどんまつりの会場でも、中石食品や他のうどん店も多く、小松うどんを出していたが、私のブログで紹介するのは、固定のお店を基本としているので、今回は、過去にも紹介したことがある「小松うどん道場 つるっと」にしたのである。

009

こちらが「小松うどん道場 つるっと」の肉うどんで、700円である。

日本一になった肉うどんは、肉が能登牛だったが、たぶん、この値段では能登牛は無理だろう?

東京生まれの妻は、柔らかい小松うどんのことを、あまり好きではないのだが、今回は、「日本一に輝いた」というフレーズが効いたのか、ダシが美味しいと言っていた。(^^;;

007

私のほうは、本当は、行った日の2~3日前に新聞で紹介されていた、なめこの入ったうどんが食べたかったのだが、11時という早い時間だったにも関わらず売り切れであった。まつりで混雑するからメニューを絞っていたのかもしれないが、残念であった。

ということで頼んだのは、きつねうどん(500円)である。

小松のきつねうどんは、お揚げとうどんダシの相性が抜群である。

さて、全国の皆さん!是非、日本一のうどんを食べに、小松に来てください!お待ちしております。

小松うどん道場 つるっと
石川県小松市土居原町13-18
TEL 0761-23-2217
11:30~20:00
水曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 福井の有名なご当地グルメ、竹田の油あげ「谷口屋」で揚げたてアツアツの油あげを食べてきました | トップページ | 今日11月6日「加能ガニ(ズワイガニ)」が解禁になりました! »

石川グルメ(うどん)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/55888470

この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀県で開催された「第2回全国ご当地うどんサミット」でうどん日本一に輝いた「小松うどん」肉うどん:

« 福井の有名なご当地グルメ、竹田の油あげ「谷口屋」で揚げたてアツアツの油あげを食べてきました | トップページ | 今日11月6日「加能ガニ(ズワイガニ)」が解禁になりました! »