« 加賀市のご当地グルメ「加賀のかがやき」2店目紹介。片山津「グリル竹」は「湯の花たまご入り焼きカレー」 | トップページ | 小松市日の出「おでん えびすや」は地元の常連客で繁盛しているお店でした »

2012/11/25

九段下界隈の麺のお店2題「天雷軒」の朝食らーめんと立ち食い「うちそば」

今日は、東京九段下界隈の麺のお店を2軒紹介したいと思う。

まずは、東日本橋に本店がある「天雷軒」が、九段下のアパホテルに店を出したのである。ここは、素材にこだわり化学調味料を一切使用しないラーメンを食べさせてくれるところで、いわゆる創作系のラーメン店である。

アパグループ代表の元谷外志雄氏は、小松市出身の方である。

_0255

「天雷軒」はホテルの飲食店ということで、朝からラーメンを食べることが出来るのだ。珍しいということで、この日の朝食を、こちらの「天雷軒」で取ることにした。

_0257

私が頼んだのは、こちらの「朝拉麺御膳」。ホテル宿泊者は1,000円である。

あっさり味のスープで、朝食向きのクセのない仕上がりである。具材は最初から盛らずに別に出される。

ご飯も添えられているので、お茶漬けのように食べることも想定しているのかもしれない?

0259

とりあえず、普通のラーメンのように全部乗せて食べてみることにした。値段に合っているかどうかは別として、そこそこ美味しく食べることが出来た。

天雷軒 九段下
東京都千代田区飯田橋1-4-7
アパホテル〈東京九段下〉1F
TEL 03-3556-5653
7:00~10:00
11:30~22:00(L.O.21:30)
無休

お次は、前述の「天雷軒 九段下」から九段下に行ったところにある、立ち食いそばのお店「うちそば」。

こちらのお店のウリは、値段は立ち食いのお店なのだが、天ぷらが揚げ立てのもののを食べられるということである。

0246

私が頼んだのは、「かき揚玉子とじ丼」と、

_0245

蕎麦のセットメニューで600円。

確かに、かき揚は注文を受けてから揚げていて、揚げ立ての熱々のものを食べることが出来た。玉ねぎやイカゲソもサクッとした食感が楽しめた。ただ、立ち食いとしては、出されるまでに時間がかかったため、お店の回転としては苦しいところかもしれない。

値段の割には美味しく食べることが出来る「かき揚玉子とじ丼」だろう?

蕎麦のほうは、特徴がなく普通だが、汁が少し甘辛い味であった。

うちそば
東京都千代田区西神田2-4-9
錦水ビル1F
TEL 03-3556-6955
月~金7:00~21:00
土日祝11:00~15:00
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 加賀市のご当地グルメ「加賀のかがやき」2店目紹介。片山津「グリル竹」は「湯の花たまご入り焼きカレー」 | トップページ | 小松市日の出「おでん えびすや」は地元の常連客で繁盛しているお店でした »

東京・横浜のグルメ(中華・ラーメンカテゴリー)」カテゴリの記事

東京・横浜のグルメ(和カテゴリー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/56013252

この記事へのトラックバック一覧です: 九段下界隈の麺のお店2題「天雷軒」の朝食らーめんと立ち食い「うちそば」:

« 加賀市のご当地グルメ「加賀のかがやき」2店目紹介。片山津「グリル竹」は「湯の花たまご入り焼きカレー」 | トップページ | 小松市日の出「おでん えびすや」は地元の常連客で繁盛しているお店でした »