« 関西国際空港にある蕎麦屋さん2題「そじ坊」とエアロプラザ「おらが蕎麦」 | トップページ | 石川産の新鮮な魚を食べられる東京九段下「手だれ屋敷 九段下」で一杯 »

2012/11/11

秋深まり色づく金沢散策「兼六園」「金沢能楽美術館」「鈴木大拙館」「伝統産業工芸館」

石川県も秋が深まり、一段と街の木々が色づいてきた。

099

昨日、金沢に用事があり出かけてついでに、金沢の街を散策してきた。

057 

054まずは、久しぶりに訪れる「兼六園」。国の特別名勝であり、日本三名園の一つに数えられるが、地元に住んでいる者にとっては、普段はあまり行かない人も多い。

この日は、紅葉もだんだん深まってきたと聞いて行ってみることにした。料金を支払おうと思ったら、ちょうどこの日は県民無料の日で無料!ラッキーだった。

043

園内では、兼六園の見所の一つである「雪吊り」の作業も始まり、冬の準備も着々と進んでいるようだ。

041

紅葉と雪吊りについては、昔書いた内容を参考にして欲しいが、こちらは、兼六園、の象徴とも言える「徽軫灯籠(ことじとうろう)」。霞ヶ池まわりのモミジの紅葉の見頃は、もう少し先である。

064

そして、その足で向かったのは「金沢能楽美術館」。私も初めて訪れるところである。

066

ここは、金沢市の伝統芸能「加賀宝生」や能楽に関する美術品を展示している美術館で、金沢21世紀美術館の隣に2006年(平成18年)に開館した。

私も、そんなに能楽に詳しいわけではないが、昔、金春流能楽師のシテ方 櫻間家第21代当主 櫻間右陣(さくらまうじん)さんと知り合いになり、少し、能についてかじったことがある。金沢能楽堂で舞う機会があったときには、わざわざ小松の酒蔵「東酒造」でも舞ってもらったことがある。

まぁ、能楽に少しでも興味がある人以外は観てもわからないかもしれないが、3階の研修室では、能の所作の学習など能楽を体験する教室があり、行った日も地元の子供たちが一生懸命に能楽を学んでいた。このあたりに金沢の文化の素地を感じ、素晴らしいことだと感じた。

077

075そして、夏に行ったばかりではあるが、歩いて数分のところにある「鈴木大拙館」にも足をのばした。このあたりも紅葉のみどころポイントの一つである。

ちょうど、ぐずついていた天候も青空が見られるようになり、空の青と木々の緑と紅葉の黄・赤が混在し、コントラストもきれい。とても晴れ晴れした気分に。

071

この後、最後に、再度、兼六園に入り「伝統産業工芸」に行ってみた。

086

ここは、石川県の伝統工芸品を収集した博物館で、経済産業省指定の伝統的工芸品10種を含む36業種が展示紹介されている。

088

加賀友禅 金沢漆器 金沢表具 郷土玩具 牛首紬 珠洲焼 竹細工 琴 加賀繍 大樋焼 鶴来打刃物 三弦 能登上布 茶の湯釜 金沢仏壇 太鼓 金沢和傘 金沢箔 七尾仏壇 銅鑼 手捺染型彫刻 和紙 美川仏壇 加賀獅子頭 九谷焼 桐工芸 七尾和ろうそく 加賀提灯 輪島塗 檜細工 加賀毛針 加賀水引細工 山中漆器 加賀象嵌 加賀竿 能登花火の36業種である。

さて、これから、さらに秋が深まり紅葉も見頃を迎える。是非、石川県や金沢に足をのばしてみてはどうだろう?

金沢能楽美術館
金沢市広坂1丁目2番25号
TEL 076-220-2790
10:00~18:00(入館は17:30 まで)休館日
月曜休(休日の場合はその翌日)年末年始
(※展示替などで休館することがあります)
個人300円
65歳以上200円
高校生以下無料

石川県立伝統産業工芸館
石川県金沢市兼六町1-1
076-262-2020
09:00~17:00
木曜(4~11月は第3木曜のみ)
12/29~01/03、催物入替日 
1階は無料
2階は有料
大人250円,18才未満100円,65才以上200円)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 関西国際空港にある蕎麦屋さん2題「そじ坊」とエアロプラザ「おらが蕎麦」 | トップページ | 石川産の新鮮な魚を食べられる東京九段下「手だれ屋敷 九段下」で一杯 »

石川の美術館」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/56091393

この記事へのトラックバック一覧です: 秋深まり色づく金沢散策「兼六園」「金沢能楽美術館」「鈴木大拙館」「伝統産業工芸館」:

« 関西国際空港にある蕎麦屋さん2題「そじ坊」とエアロプラザ「おらが蕎麦」 | トップページ | 石川産の新鮮な魚を食べられる東京九段下「手だれ屋敷 九段下」で一杯 »