« 白山市吉野「そば処 花川」で、墨を練りこんだ「おすみ花」というそばを食す | トップページ | 羽田空港第一ターミナル南ウイング2階カレー「チャオ」で金沢カレーが食べられる »

2012/09/23

小松市今江の台湾料理「竹香居」は安くてボリュームたっぷりのお店

なぜか小松には台湾料理のお店が最近多い。

小松空港から台北に直行便がある関係からではないだろうが、不思議である。(一説によると福井のほうから北上してきているということらしいが?)

0221

前に紹介した「八才家」というお店や、「八才家」の場所にあったのも台湾料理のお店であった。それに、この「竹香居」の前も「龍楽園」という台湾ラーメンを食べさせてくれるお店だったが、どんな関係かな?

もっとも台湾料理と言っても、基本は中華料理なので、日本で食べられるものはほとんど変わらないようである。(台湾料理は庶民的で、屋台料理から発達してきたらしい?)

「竹香居」のことは、お店の前の看板に値段が書かれていて、とてもリーズナブルに食べさせてくれるお店だとは、前々から知っていたのだが、なかなかいく機会がなかった。

そんな「竹香居」にお盆休みにランチを食べに行ったので書きたい。

お店は級8号線沿いの今江町にある。看板は赤色の派手なもの。内装は前のお店と変わらない。

私が頼んだのは、お店の前に出ていた黒板メニューの「中華風冷麺セット(800円)」。ジャージャー麺か冷麺に、中華飯・天津飯・炒飯・麻婆飯のどれかの組み合わせることができる。

_0226

こちらが冷麺。凄いボリュームに見えたが、下には氷があった。(^^;; しかしそれでもボリュームはあるほうだ。

水菜とキュウリ、海苔、ハムがたっぷり乗せられていて、酸味のきいたツユで味もまずまずの美味しさ。

_0227

そして、こちらも単品と同じ程のボリュームがある中華飯。具沢山で多くの種類の食材が使われていたが、こちらは、冷麺のあとで食べてせいかもしれないが、味はそれほどでもなかった。

_0224

妻のほうは「担担麺定食(780円)」。こちらもボリュームがあったが、ご飯はあらかじめ少なめでお願いした。

_0225

担担麺は辛めで、辛いもの大好き人間の妻もおいしかったそうである。ただ、定食のご飯、漬物、カレーコロッケは再考して欲しかったようである。

もっとも、この値段でこのボリューム。まぁ、贅沢な不満は言うまい。

竹香居
石川県小松市今江4-222
TEL 0761-48-8068
11:30~14:00
17:00~26:00
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 白山市吉野「そば処 花川」で、墨を練りこんだ「おすみ花」というそばを食す | トップページ | 羽田空港第一ターミナル南ウイング2階カレー「チャオ」で金沢カレーが食べられる »

石川グルメ(中華)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/55437052

この記事へのトラックバック一覧です: 小松市今江の台湾料理「竹香居」は安くてボリュームたっぷりのお店:

« 白山市吉野「そば処 花川」で、墨を練りこんだ「おすみ花」というそばを食す | トップページ | 羽田空港第一ターミナル南ウイング2階カレー「チャオ」で金沢カレーが食べられる »