« おなじみの小松市城南のイタリアン「クッチーナ」で久しぶりのランチ | トップページ | 山中温泉総湯「菊の湯」で汗を流したあとは「彩桂庵(さいけいあん)」で十割そば »

2012/07/23

小松市沖町の割烹「粋庵(スイアン)」は粋な料理と酒を愉しむ名店です

ご主人の掛田さんは、あのうなぎとドジョウの名店「かけだ」の次男の方である。

「かけだ」については私のブログでも何度か紹介しているが、この日はご主人とも長時間お話をすることが出来た。

004

私たちは6月のとある土曜日に予約を入れて行ったのだが、開店からドンドンと客が入ってくる。意外に数名連れの客が多く、もちろん、この日も満席の予約だった。

コースは3,800円、4,500円、5,000円の3種類。私たちは4,500円のコースをお願いした。

010

021最初の一杯は「エーデルピルス」とエビスの「琥珀エビス(樽生)」である。きめ細かな泡立ちのビールで美味しい!

冷酒は手取川、常きげん、神泉などなど。美味しい料理なのでついつい飲みすぎてしまった。

012

突き出しは、何とか豆腐?忘れてしまった。(^^;;

020

お造りは甘海老、サワラ、鯛、ガンド、イカ。どれも新鮮でプリッとした食感と、魚本来の旨みが味わえる。

022

焼物は「味噌幽庵焦がしバターソース掛け」。これがなかなか美味しい。トマトと
バターのハーモニーもなかなかいい感じである。、

これは、京都の「石野味噌」の白味噌を加えて一週間漬け込んだものを使っている。もちろん、添加物や化学調味料は一切使っていない。他の塩・醤油などの調味料にもこだわっているようだ。

_0148

温物は卓上で火にかけけ、出来立ての豆腐である。豆乳に天然にがりを入れて火にかけ熱々のツルン、トロン、プリンとした豆腐を楽しめる仕掛けはうまい。

023

揚げ物「茶ばちめの唐揚げ」。茶ばちめの唐揚げは初めて食べるかな?揚げ立てでサクッとして美味しい。

024

酢の物は「ズワイガニ」。この時期、地物は無いので北海道産かな?

025

そして最後の食事は「小松うどん」。ご主人の掛田さんは「小松うどん」を全国ブランドに育てる動きの仕掛け人でもある。そんなご主人こだわりの素材と製法のうどんなので美味しくない訳が無い。もちろん、小松うどんの定義に忠実に作られている。

「小松うどん」についても、私のブログでも何度も書いたが、さすがの味である。お箸も、このうどんを食べるためだけに新しい箸に変えてくれる。気配りが素晴らしい。

026

デザートは「ブランマージュ」。

素材や料理法にも独自のこだわりを持った料理人である。人気なのがわかる気がする。これで4,500円とはお得感たっぷりのコースであった。

また、機会があれば行きたくなるお店である。

粋庵(スイアン)
石川県小松市沖町ナ23
TEL 0761-24-5960
月~土17:00~23:00(L.O.22:30)
日曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« おなじみの小松市城南のイタリアン「クッチーナ」で久しぶりのランチ | トップページ | 山中温泉総湯「菊の湯」で汗を流したあとは「彩桂庵(さいけいあん)」で十割そば »

石川グルメ(和食・割烹)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/55012572

この記事へのトラックバック一覧です: 小松市沖町の割烹「粋庵(スイアン)」は粋な料理と酒を愉しむ名店です:

« おなじみの小松市城南のイタリアン「クッチーナ」で久しぶりのランチ | トップページ | 山中温泉総湯「菊の湯」で汗を流したあとは「彩桂庵(さいけいあん)」で十割そば »