« 伊藤忠商事ビル隣の「カレーハウスT&A 本町南店」はオーソドックスなカレー | トップページ | 松江「季節の風 蔵」で、宍道湖は大和シジミを使った今が旬のしじみ丼を堪能 »

2012/05/12

私のブログの2000番目の記事。「総本家 浪花そば 心斎橋本店」で蕎麦しゃぶを堪能

私のブログも、7年5ヶ月が経過し、今日の内容がちょうど2000番目の記事となった。

2回以上紹介したお店や、食べ物のお店以外の記事もあるので、約1400~1500軒ぐらいのお店を紹介していることになる。地域別では石川と大阪が各々三分の一ぐらいで、福岡が2割。残りがその他の地域である。

さて、そんな2000番目の記念すべき記事は「総本家 浪花そば 心斎橋本店」の蕎麦しゃぶの紹介である。

大阪はうどんの街である。相対的に蕎麦のお店が少ない。

大阪の中心あたりから少し離れたところには粋なお店もあるが、特に中心あたりには蕎麦のお店が少ない気がする。

今日紹介する「総本家 浪花そば 心斎橋本店」は、前にランチでも紹介したことがあるが、夕食は初めての紹介である。

ここは、蕎麦しゃぶが有名である。蕎麦しゃぶとは、その名の通り、蕎麦のしゃぶしゃぶである。ただ、蕎麦は、この場合はどちらかといえば脇役で、メインはお肉であり野菜である。

この日は仕事関係の方々とご一緒させていただいたので、メニューはおまかせ。

001

まず突き出しが出され、

002

お造り、

003

揚げ物は天ぷらなど次々出される。

005

そして、メインの蕎麦しゃぶである。まず「そば」を振りかごでさっと暖めて、薬味をたっぷり振りかけて食べる。

007

玄そばを石臼を使った自家製粉で作るそばは、一度湯掻いてあるので、ダシに少し潜らせうだけで風味豊かにそばの香りと相まって美味しく食べられる。

009

野菜もたっぷり。

あと、本当は特選黒毛和牛のお肉もたっぷり出てきたのだが、肉が苦手な私は写真も撮らなかった。(^^;; もちろん、お肉もしゃぶしゃぶで食べる。

春爛漫の最中、旬のタケノコを使ったものも出てきた。

006

和え物と

008

天ぷら。サクッとした食感がいい。

ちなみに、振りそばはお変わり自由であった。

大阪の商売人は色々なことを考えるなぁ~?と感心してしまった。

総本家 浪花そば 心斎橋本店
大阪市中央区心斎橋筋1-4-32
TEL 06-6241-9201
11:00~23:00(L.O.22:30)
日祝11:00~21:30(L.O.21:00)
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 伊藤忠商事ビル隣の「カレーハウスT&A 本町南店」はオーソドックスなカレー | トップページ | 松江「季節の風 蔵」で、宍道湖は大和シジミを使った今が旬のしじみ丼を堪能 »

大阪(うどん・そば)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/54496643

この記事へのトラックバック一覧です: 私のブログの2000番目の記事。「総本家 浪花そば 心斎橋本店」で蕎麦しゃぶを堪能:

« 伊藤忠商事ビル隣の「カレーハウスT&A 本町南店」はオーソドックスなカレー | トップページ | 松江「季節の風 蔵」で、宍道湖は大和シジミを使った今が旬のしじみ丼を堪能 »