« 京町堀「ジ アース カフェ」は靱公園を眺めながらのゆったりランチを楽しめるお店 | トップページ | 内本町「俺たちの漁師小屋」はわらで焼いたカツオのタタキが美味しいお店 »

2012/03/30

空堀商店街から「たこりき」はたこ焼きバールという個性的なお店でした

先月、空堀商店街にある「冨紗家 本店」に行ったとき、少し周りをぶらついて、意外に周辺に良さげなお店が多いことを知った。

001

長屋や町屋をリノベーションして、粋な商店や飲食店に生まれ変わらせているのだ。

ちょっと調べてみると、このあたりは太平洋戦争での戦災にも遭わず、戦前からの土地の勾配を活かした長屋の町並みが残っているところで、それを「空堀商店街界隈長屋再生プロジェクト(からほり倶楽部)」という団体が、空き家になった長屋の紹介をしたり、改修設計を行なっているようである。

本当に色々なお店があって、ブラブラ歩いて気に入ったお店にふらりと入るのもいいと思う。

012さて、本題に入ろう。今日紹介する「たこりき」は、お店の名前からわかるとおりたこ焼きのお店である。

店構えは「和」のテイストだが、店内に入るとカウンター6席の小さなお店で清楚な感じのお店である。

006_2

聞くところによると、夜は別な人がやっている会員制のイタリアンのお店に変わるそうである。

005_2

品書きはこちらである。たこ焼き屋なので当然、たこ焼きがメインであるが、一品メニューも意外に多く、たこ焼き共々おつまみとしてアルコールを飲む人が多いそうである。

私が頼んだのは、まずはベーシックなたこ焼き7個(350円)である。

009_2

ソースや青海苔・削り節などはまったくかけられていない。見た目は会津屋のたこ焼きの用である。

ただ、焼く時間からは、相当ていねいに焼いているものと思える。たこ焼きの形も非常にきれいだ。大きさはとても小さく可愛い一口サイズである。ただ一口サイズだといっても一気に口の中に入れると大変だ。出来立てはとても熱いのである。注意が必要だ。中のタコは小さい。

生地にダシが入っているので、そのまま食べても美味しい。

007

そして、あげたこ(480円)も頼んでみた。こちらはタルタルソースが添えられている。外はカリッとしていて、中は揚げ立てなのでめちゃ熱い。だがとてもクリーミーでタルタルソースとの相性もよい。

008_2

011そのあと、お店の前の看板に出ていた「からほりぷりん(280円)」も追加で頼んだが、大阪で一番になった卵で作ったプリンというだけあって、甘さは控えめだが濃い味でビターな味のカラメルとも合う。

010_2

なかなか面白いお店である。夜の会員制のイタリアンにも行ってみたくなった。

たこりき
大阪市中央区瓦屋町1-6-1
TEL 06-6191-8501
11:00~18:00
月曜休(祝日の場合は翌火曜休)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 京町堀「ジ アース カフェ」は靱公園を眺めながらのゆったりランチを楽しめるお店 | トップページ | 内本町「俺たちの漁師小屋」はわらで焼いたカツオのタタキが美味しいお店 »

大阪(鉄板焼き・粉物)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/54197080

この記事へのトラックバック一覧です: 空堀商店街から「たこりき」はたこ焼きバールという個性的なお店でした:

« 京町堀「ジ アース カフェ」は靱公園を眺めながらのゆったりランチを楽しめるお店 | トップページ | 内本町「俺たちの漁師小屋」はわらで焼いたカツオのタタキが美味しいお店 »