« 南船場から阿倍野に移転。ルシアスB1「うなぎ処かどや」の白むし丼 | トップページ | これまで未発表の全国中華系のお店紹介、南船場「一風亭」東大阪「ふくちゃん」松山「すけろく」 »

2012/01/07

淀屋橋ネクストワンB1階フードコート2題「讃岐うどん 千万喜」「丼・小松屋」

京阪を利用するときに時々利用する、淀屋橋ネクストワンの地下一階フードコートにある飲食店2軒の紹介である。

京阪の終着ターミナルであることや大阪市役所にも近いということで、ショッピングセンターのフードコートのように、ランチ時は多くの人で賑わっている。

003_3

まずは、セルフ式の讃岐うどんの「讃岐うどん 千万喜」というお店いついて書きたい。ここはフードコートの一番奥にある。このお店は船場センタービル内にもお店を出している

まぁ、香川県の讃岐うどんのセルフ形式のうどん屋さんで、時間のないときに食べるのに適しているお店である。

001_2

食べたのは「ぶっかけ(280円)」にちくわ天とかき揚。天ぷらは揚げ立ての熱々ではなかったので、うどんに入れて食べた。

002_2

肝心の麺のほうは、讃岐うどんというよりは大阪讃岐うどんで、コシがそんなにあるほうではない。値段は満足である。便利で素早く安く食べるのにはいいお店かな?

讃岐うどん 千万喜
大阪市中央区北浜3-5-29
日本生命淀屋橋ビルNEXT1B1
TEL 06-6227-4116
月~土
10:00~20:00
日・祝
10:00~19:00
不定休

お次は、「丼・小松屋」という鰻がメインのお店で、前述の「讃岐うどん 千万喜」に行ったときに気になっていたお店である。

016

何が気になったかといえば、ウナギとゴボウの郷土丼「ぼくめし丼」というのが500円というお得な値段設定となっていて、こちらのお店の看板メニューだったからだ。なかなかうなぎをワンコインで食べられるところはないので、次に行こうと思っていたわけである。

「ぼくめし」とは、浜名湖地方のウナギ漁師が、まかないとして食べたのが発祥という郷土料理である。

013

ウナギにささがきゴボウを具として、特製タレで甘辛く煮込んである。これがなかなか旨い。500円という値段と相まって満足度の高い丼に仕上がっている。

014

ランチ時は、アサリの赤だしも付いてくるのでお得だ。

丼・小松屋
大阪市中央区北浜3-5-29
日本生命淀屋橋ビルNEXT1B1
TEL 06-6227-4158
月~土
10:00~20:00
日・祝
10:00~19:00
不定休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 南船場から阿倍野に移転。ルシアスB1「うなぎ処かどや」の白むし丼 | トップページ | これまで未発表の全国中華系のお店紹介、南船場「一風亭」東大阪「ふくちゃん」松山「すけろく」 »

大阪(うどん・そば)」カテゴリの記事

大阪(その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/53405428

この記事へのトラックバック一覧です: 淀屋橋ネクストワンB1階フードコート2題「讃岐うどん 千万喜」「丼・小松屋」:

« 南船場から阿倍野に移転。ルシアスB1「うなぎ処かどや」の白むし丼 | トップページ | これまで未発表の全国中華系のお店紹介、南船場「一風亭」東大阪「ふくちゃん」松山「すけろく」 »