« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012/01/31

大阪福島「ジャクソンズ(JACKSONS)」は超濃厚鰹本節とんこつラーメン店です

Jacksons0056普段、あまり食事をする機会がない福島近辺。正月明けにランチを食べる機会があった。

食べたのは、ふと通りがけに見かけた「ジャクソンズ(JACKSONS)」というお店である。

このあたりもラーメン激戦区の一つであるが、ラーメンの表示がなければ、店構えは一見和食のお店と間違えてしまいそうである。また、名前だけではラーメン店だとは思わない。どうも居抜きで借りているようである。

ジャクソンズとは、ご主人のマイケル・ジャクソン好きからとったらしい。ラーメン店のネーミングとしては変わっている。静岡の「卓郎商店」という有名店で修業された後、独立してこの場所にオープンしたのである。

お店の中に入ると、和食のお店そのもの。カウンター席が5席ほどで、テーブルも4人がけが2つのみ。厨房はご主人らしき人が一人で作っていたので、このあたりが限界か?

で、頼んだのは、一番最初に書かれていた「鰹本節とんこつ(700円)」。大盛りも同じ値段だった。

Jacksons0054

少し時間がかかったが、出されたのがこちら。味自体も濃厚だが思ったよりさっぱりしていて飲みやすい。

まずはスープを一口の飲む。凄い濃厚なスープである。とろみだけをとれば天下一品のようである。ただ、味は天下一品ほど濃厚ではなく、トンコツ・魚介・野菜のトリプル仕立てで仕上げている。

このとろみは、野菜をじっくりと煮込んだ結果のとろみなのだろう?

Jacksons0055

そのスープが、太い縮れ平打ち麺に絡んで美味しい。

店内にはラーメン王、石神秀幸氏のサインも掲げられていたので、注目の一軒なのだろう?飛び込みで入った割には「当たり」のお店であった。

ジャクソンズ(JACKSONS)
TEL 06-6345-3545
大阪市福島区福島5-16-20
11:30~15:00
18:00~23:00
日曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012/01/30

毎度おなじみの金沢片町「京祇園ねぎ焼 粉」で締めのねぎ焼

年末の金沢ネタで引っ張ります。(^^;;

_0041

年末のイルミネーションもきれいな香林坊。そこからすぐのところにある「京祇園ねぎ焼 粉」。私のブログでも何度も紹介してきたお店である。

036

033本当は、この日はご挨拶だけと思っていたのだが、お店について中を覗くと、普段は満席が多いが偶然二人分の席が空いているではないか!?

これも何かの縁と思い、まずは座って一杯!ハートランドを頼む。

そして、とりあえず一品は食べようと思い頼んだのは。やはり「元祖ねぎ焼」である。

お店の名前ともなっているねぎ焼きは外せない。それに元祖ねぎ焼は、比較的小麦粉が少ないので、飲み食いたっぷりした後の胃腸にも優しいのではないかと思って注文することにした。

034

相変わらずの手際の良さで作ってくれ、あっという間に目の前で切り分けてくれた。いつ見ても惚れ惚れするスピードである。

035

いや~!何でこんなにモチモチしたねぎ焼きになるんだろう??不思議だ。

本当はゆっくり食べに来たいが、また次回ということで……。粉さん、ありがとうございました。

京祇園ねぎ焼 粉
金沢市片町2-7-21
TEL 076-261-5033
18:00~24:00(L.O.23:30)
14:00~24:00(L.O.23:30)
水曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/28

本町駅すぐそば「ビアンカロッサ 本町南店」で専用窯で焼くピッツァのランチはお得

ピッツァは個人的には好きなのだが、なぜか最近食べる機会がなかった気がする。

ピッツァリアのお店自体が少ないこともあるし、ピッツァもお腹の持ちがいいので他のものが食べられなくなるから、自然と敬遠しているのかもしれない。

そして、住まいの近くに昨年5月にオープンしたピッツア屋さんにも、前々から行こうと思っていたのだが行ったことがなかった。

007

ということで、そのピッツァ屋さん「ビアンカロッサ 本町南店」に、昨年のクリスマスの日に行ってきた。このお店は年中無休なので便利である。

005

週替わりのランチセットで、750円のセットが4種類のピッツァから。850円のセットが2種類からチョイス出来る。

006

「ミルクたっぷりのマルゲリータ(850円のセット)」と「ホタテとブロッコリー(750円のセット)」のピッツァを頼むことにした。

001

まずは、こちらのサラダが運ばれてきた。レタス、シーチキン、カニカマ、コーンが入っていた。

002

本日のスープとしてクラムチャウダーも付いてくる。スープはもう一種類とどちらかを選ぶことが出来る。

ほどなく、ピッツァも運ばれてきた。早い。黒板を見ると、専用窯で550度という高温で焼きあがるので90秒ほどで出来上がるのだ。

004

ホタテとブロッコリーのほうは、チーズとブラックペッパーでピリッと味が締まっていて美味しかった。

003

ミルクたっぷりのマルゲリータは水牛のモッツァレラチーズを使用していたが、トマトソースが上品な味であった。

でも、この値段で本格的なナポリピッツァを食べることが出来るのはうれしい。

ビアンカロッサ 本町南店
大阪市中央区南本町3-3-19
TEL 06-6245-2763
11:30~22:00(L.O.21:30)
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/27

昨年春に片町から柿木畠に移転してきた「手打そば 更科藤井」へ移転後初訪問

金沢で飲みに行くと締めによく立ち寄った「手打そば 更科藤井」。

032

遅くまでやっていて便利だったが、昨年春に柿木畠に移転して、夜中心から昼・夜早めの営業に変わっている。

今回、年末の柿木畠のお店めぐりの3軒目に行ってきたので書きたい。

お店の場所は「いたる本店」からすぐの場所。藤井さんによると、いたるさんに紹介された物件らしく、元々は風呂屋さんだった場所。その後、トルコ料理「ARYAN」が営業していて、その移転跡の半分を借りて改装したそうである。

場所は藤井さんが決めたが、内装は奥さんの趣味でまとめられており、藤井さんは口出しできなかったようである。お風呂屋さんの高い天井の場所もうまく活かしながら、とてもいい空間に仕上がっている。だが予算がだいぶオーバーしたそうである。

0039

さて、行ったのは20時ごろであったが、すでに3軒目ということで、ほぼ胃の中は一杯状態。まずは、そば焼酎のそば湯割りである。そばの素揚げをつまみに飲む。体が温まる。

029

お腹一杯だったので、思う存分美味しい藤井さんの蕎麦を食べることが出来ないと思い、そばは二人一杯ずつ、それも麺は少なめで頼んだ。

030

妻は普通のざる蕎麦を頼んだが、私は、真冬の時期限定の「あおさそば」。こちらは、蕎麦を「あおさ」をたっぷり入れたつけ汁に付けて食べるのだが、このつけ汁が最高!「あおさ」の汐の香りと旨みが汁の旨みと相まってとても美味しい。久しぶりに食べた。

「あおさ」は、奥能登外浦に面した場所に採れる天然海苔。厳冬期にしか採れない事もあって収穫もわずかしかない貴重な味である。

028

あと、だし巻きも頼んだのだが、出際よく作られただし巻きはさすがの味であった。満足満足。藤井さん、ありがとうございました。

手打そば 更科藤井
金沢市柿木畠3-3
TEL 076-265-6870
火~土11:30~14:30
17:00~売切まで.
日・祝11:30~売切まで
月曜休(祝日の場合翌日休)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/25

心斎橋「香港海鮮飲茶樓」のフカヒレスープ付の飲茶ランチコースはお得です

大阪に来て、本格的な中華料理のお店に来ることが少なくなった気がする。

ラーメンや餃子などは時々行くのだが、まぁ、これも歳を取ってきたら油物を敬遠する気持ちが強くなってきたからだろうか?ただ、中華といっても広東・四川・北京など色々な味がある。個人的には広東系のあっさりした料理がやはり好きである。魚介系の料理が多いのもうれしい。また、広東料理といえば「飲茶」もいい。

今日紹介する「香港海鮮飲茶樓」は、私の好きな「海鮮」と「飲茶」の二つの文字が入っていることから、私にぴったりなお店である。

昨年末の日曜日のお昼に出かけたのだが、まずはWebで調査。そうしたらHotpepperにクーポンがあった。

008

ここのスタッフは全員が中国人で、店内のテーブルや調度品も全て本国のオーダーメイドだそうだ!?

「フカヒレスープ付!贅沢ランチコース」2,990円⇒1,990円というものであった。これで9品付いているということでお得なコースだ。

001

場所は心斎橋と長堀橋の中間あたり。中華の赤を中心にした派手な外観なので、すぐわかるだろう?

お店に入り、クーポンのことを伝えたが、表記のコースがない。メニューには飲茶コースが1,980円となっていた。つまりはクーポンなど関係がないようだ。(^^;;

まぁ、気を取り直して料理を待つことにすると、しばらくして前菜2品が運ばれてきた。

004

こちらは「蒸し鶏の塩ネギダレ」。のっけから苦手な鶏肉。(^^;; 海鮮飲茶のお店じゃなかったっけ??

しかし、ネギがたっぷりとかけられていて、妻によると美味しかったそうである。

003

「キュウリとなすの中華風サラダ」も美味しい。

005

「ぷりぷり海老餃子」。その名の通りプリプリの大きな海老が丸ごと一尾入っている。

006

そして飲茶といえば「小龍包」。その自家製の「小龍包」もジューシーで美味しい。しょうがを漬け込んだタレも酸味がほどよく合っていた。

007

「韮菜餅」はモチモチのニラたっぷり。

010

「大根もち」もモチモチした食感で良かった。

009

「ふかひれスープ」はフカヒレもたっぷり入っていて、上品な白湯スープの旨みと相まっていい感じである。これは一人一杯ずつ。

011

そして「五目焼きそば」。こちらも一人一皿ずつ出される。麺もちょうどいい揚げ具合で餡との絡みもナイス!餡の具材もたっぷりである。

012

最後はデザートの「自家製杏仁豆腐」。この杏仁豆腐が美味しかった。濃厚だが上品でいやみのない甘さ。見た目パンナコッタかモッツァレラのような感じもする。

013

以上9品で1,990円は、めちゃお得でお勧めなコースである。味的にも本場の調理人が作っているだけはある。ブリーゼブリーゼにも入っているらしい。

香港海鮮飲茶樓 心斎橋店
大阪市中央区東心斎橋1-12-17
ロンスカール高吉ビル2F
TEL 06-6120-6380
11:00~15:00
17:00~23:00
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/24

昨年末の金沢柿木畠ハシゴ酒、2軒目は元気さんの「広坂ハイボール」でした。

027前回紹介した「いたる」を出るころ、雨が雪に変わっていた。

その足で向かったのは、すぐそばにお店がある「広坂ハイボール」である。

ご存知、宮川元気さんのお店である。私も石川県に住んでいた当時は時々行っていたのだが、最近は金沢でバーに行くこともなくなったので、今回約6年ぶりの訪問となった。

19時過ぎにお店に到着。ちょっと早い時間であったが、先客が2組いた。

_0038

元気さんも相変わらず元気なご様子でよかった。

まずは、やはりお店の名前ともなっている「ハイボール」を注文。ウイスキーはデュワーズ。近年再度ブームになってきたハイボールだが、広坂ハイボールはずっとずっとハイボールがウリのお店としてやってきたわけで、そういう意味では時代を先取り?していたわけだ!?

020

妻は季節のカクテルで、イチゴのスパークリングカクテル。爽やかな味だったそうだ。

023

セットのお通しは自家製ピクルス。トマトと玉ねぎ。しっかりと食感を残しながら、いい感じで漬かっていました。

025

そして、妻もハイボールを頼む。いつもちょっと贅沢に頼む妻は「ラフロイグ」で。

024

広坂ハイボールでの私のお勧めおつまみは「ドライトマト」である。甘みと旨みが増して最高!

026こちらは私が頼んだ「季節のフルーツのカクテル」。この日は金柑という珍しい果物であった。ベースはジンでお願いした。写真がちょっとピンボケですみません。

樽出しのシングルモルトウイスキーの品揃えも豊富で、それらも楽しみであるが、この日はこの後もあるので、これで終わりにした。元気さん、ありがとうございました。

広坂ハイボール
金沢市柿木畠4-9 村中ビル 2F
TEL 076-265-7474
18:00~24:00(L.O.)
月曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/01/22

阿倍野(天下茶屋)「すし豊(すしとよ)」はリーズナブルに本格江戸前鮨を楽しめるお店

醤油(むらさき)を使わない、いわゆる創作(江戸前)鮨が好きな私である。

このブログで紹介しているお鮨屋さんも、ほとんどがそのようなところばかりである。行ったのはイブの夜。しかしながらこの日はどこにも予約していなかった。(^^;;

「洋」系のお店は予約で一杯だろうと思い、「和」系のお店、それも鮨のお店を捜して見つけたところが「すし豊」である。

001_2

幸い当日午後に予約をしたら大丈夫ということで、妻と二人で食べに出かけた。大通りから少し入ったところにお店はある。ご覧のように店構えはそんなにいい鮨屋さんだと気が付かない感じであるが、見た目より中身が肝心なので、そんなことは気にしない。

決めたのは、先ほども書いた、いわゆる創作(江戸前)鮨が食べられるということだったからである。ご主人は元々が東京出身で銀座の鮨店で修業の後、大阪に移り住んだそうだ。

003_2

ご覧のようにネタケースには、仕事がされたネタが並んでいる。期待が膨らむ。

002

まずは生ビールとお通し。お通しは数の子。

そしておつまみとして頼んだのは、12月末というのに、もう新の竹の子が出ている?これは食べねばなるまい!

007_2

こちらが「焼き竹の子」である。旬のハシリでエグミもなく、そのままでももちろん美味しいが、味噌を乗せて歯で柔らかいところだけ削り取るように食べると2度美味しい。こちらは冬の間だけ楽しめる。

005_2

「ゲソの湯引き」は梅肉にわさびを溶かして食べる。コリッとした食感がいい。

008_2
009_2 

006_2焼物で頼んだのは「勘八の弁慶焼き」。冬大根はとても辛くて、弁慶の泣き所ということらしい。能登の方で食べられているそうだが、私は知らなかった。

このあたりで握りに移行。私は基本はお任せで頼む。

季節限定の菊姫にごり酒もあった。

010_2

まず出されたのは「針イカ」。シャリとネタの間に黒ゴマを挟んであら塩でさっぱりと食べさせてくれる。シャリは一口で食べるにはちょうどいい大きさである。大阪の握りなので若干シャリに砂糖を混ぜているのか、舌に甘みが若干残る。

011_2

ヒラメはもみじおろしと葉わさびを乗せて。

012_2

マグロは漬けで。

013_2

コハダは、若干甘めに締められていた。

014

江戸前「煮蛤」も少し甘めのツメ。大きな蛤である。

015

これは生のシラサエビ。シラサエビを生で握ってくれるところは珍しいかも?

021

頭と皮は素揚げで出してくれた。

017

カンパチの炙りもいい感じ。旨みが炙られてさらに増す感じだ。

018

シラウオも上品で美味しかった。

019

アン肝の握り。アン肝自体は濃厚だが、おろしポン酢がさっぱりと口の中をリセットしてくれる。

020

鯖の昆布締め。ほんのりと昆布の旨みが鯖の身に乗り移っている。

022

最後にリクエストしたのは「子持ち槍イカ印籠詰め」。3つに分かれているが、それぞれ卵・白子・卵が詰められている。

普段は飲むとこんなに食べないが、美味しいのでついついストップをかけるのを忘れてしまった。(^^;;

023

最後に漬物が出された。水茄子も時期外れだが、やはり美味しい。

以上と他に日本酒や焼酎など飲んで、二人で14,300円であった。いや~、満足満足。懐にもやさしいいいお店である。機会があればまた訪れてみたいお店の一つである。

すし豊
大阪市阿倍野区王子町2-17-29
TEL 06-6623-5417
17:00~23:00
木曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/01/21

年末帰省してその足で行ってきた金沢柿木畠「魚焼いたる」で海の幸満喫

昨年末に石川へ帰省して、その足で金沢まで出かけた。

目的は、もちろん、美味しいものを食べるため。今年は仲間との合流はなかったが、妻と二人で昔、通ったお店の方々に、久しぶりに顔を見せに行ってきた。

019

しかし、この数日前に「いたる本店」に予約を入れるも、予約の分は一杯だということで、当日枠を目当てに17時めがけて行ったのである。いつもながら人気のお店である。

018

ところが本店に一番乗りで到着したのに、なぜか当日枠が一杯だった。そこでオーナーのいたるさんが早々支店である「魚焼いたる」に電話を入れてくれた。で、そのまま、すぐそばの「魚焼いたる」に一番乗りで入ることができた。

002 

0034石川に帰ってきたら、北陸の海の幸を満喫したいので、大体いつも同じような品を頼んでしまう。(^^;;

たぶん、今日紹介する料理もほとんど、過去に紹介したものばかりだろう?

お通しで生ビールを一杯。

005

まず頼んだのは、冬の味覚の代表格である加能がに(ずわいがに)のメス「香箱がに」である。さすが板前さん!きれいに仕上げてくれました。食べるのが惜しい。

006

こちらも旬の時期しか食べることが出来ない「真ダラの白子」。最近はキロ当たり6,000円ほどするらしいが、「いたる」では真ダラを一本買いしているので比較的安い値段で楽しむことが出来る。

007

こちらは、そのタラの身を使った昆布締め。これが旨い!身が締まっていてほんのりと昆布の香りの旨みがしみこんでいてとても美味しい。

そして、いたるさんが当日枠が一杯だったことへのお詫びとして、品書きにないものを色々出してくれた。どうもありがとうございます。

010

こちらは、ブリのモツ煮。胃袋、腸、肝臓を煮込んだもの。これが美味しかった。普段、ブリは身しか食べないが、モツを食べるのははじめてかも?醤油でじっくり煮込んである。新鮮なブリを買い付けているから出来るのだそうだ。

011

タラのあら(+モツ)煮は、ブリよりは上品な味付けだったが、身も入っていて脂がのって美味しかった。いや~!酒がすすむ。モツ煮だけでも相当酒がいける。

013

こちらは「金時草とグリーンサラダ」。

009

「能登牡蠣の昆布焼き」は日本酒があう。

014

珍味3種盛は、ホタルイカの沖漬け、イカの黒作り、カニみそ。酒酒酒!(笑い)

015

このあたりで芋焼酎を頼むことにした。何と!本格的に鹿児島の伝統的な酒器である黒じょかで出される。いいですね~!

016

最後は、これを食べるために「いたる」に来たと言っても過言ではない「酔っ払い蟹」。北陸の純米吟醸酒に一ヶ月も浸け込んで出来る、この「酔っ払い蟹」は、身も内子も外子も濃厚な味に変化している。酒のアテとしては最高の逸品である。

さて、この日は、この後、柿木畠で何軒か行かないといけないので、このあたりでお暇することにしたが、まだまだ食べたいものが色々あったので後ろ髪がひかれる思いもあった。いたるさん、ありがとうございました!

魚焼いたる
金沢市柿木畠2-8
TEL 076-233-1147
17:30~23:00
日曜休(月曜が祝日の場合は営業)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/19

天王寺アポロビル「魚市 本店」の忘年会は新鮮な魚介で満腹満足

昨年の忘年会の第一発目に行った、天王寺アポロビルの地下2階にある「魚市 本店」。

ターミナル近くのビルにありながら、寿司・割烹のお店だけに新鮮な、それも普段食べられないような高級食材中心に楽しむことが出来た。

このお店は本店のほかに、暖簾分けされたミオ店、ステーション店、心斎橋北店と3店舗ある。

まずは、生もずくが出されたが写真は撮らずじまい。

0025

ズワイのオスとメス(セイコもしくはセコガニ、石川では香箱ガニと呼ぶ)が2杯。メスは内子が美味しい。

こちらはお造りの舟盛。豪快である。寒ブリ、真鯛、カンパチ、ウニ、バイ貝、アワビ、サザエ、イカ。どれも新鮮である。

0026

お店の中には大きな生け簀があり、色々な魚介が中にいた。そこから取り出されたアワビやサザエなどの貝類はコリッとした食感で最高。

001

揚げ物はフグ。身が厚くとても美味しい。久しぶりのフグの食感。

003

ここで握り鮨が出された。一人で食べるのではなく、5人で2人前をシェア。握りは内容、味とも普通かな?

002

握りと出されたあら汁も美味しい。

004

そして鍋はてっちり。久しぶりのフグ鍋であった。ご覧のように分厚く切り分けられた身は弾力最高!味ももちろん最高であった。特に刺身でも食べられるような新鮮で分厚いフグの身をしゃぶしゃぶのように食べると、ダシの旨みを吸った半生の身がさらに美味しさを増すようだ。

005

締めはもちろん雑炊。フグの旨みが全部しみこんでいる感じ。いや、最高最高!

他にも料理が出された記憶があるのだが、美味しいものに目が行き撮り忘れたものもある。残念。

魚市 (うおいち)
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-31
アポロビルB2F
TEL 06-6649-4652
11:00~22:00
月曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/18

小松は今度はトマトでまちおこし。木場潟道の駅「味処 四季彩」でトマトカレー

小松にトマトを使ったレトルトカレーがあることは前から知っていた。

それに、このトマトカレーが「2010年度優良ふるさと中央コンクール」の国産農林産品利用部門で農林水産大臣賞を受賞したということである。

0032

なかなかにんきがあるんだなぁ~?ということで食べに出かけてきました。ただ、Webで調べても、今のところ木場潟道の駅「味処 四季彩」でしか食べられないようである。

0031

木場潟道の駅の「味処 四季彩」は、前に小松うどんについて書いたことがある

0027

12月のとある日曜日。お昼前に到着。相変わらず混んでいたが、ひと頃のような混み具合はなくなった。

0028

このトマトカレーはレトルトで売られているものである。つまり、お店でもレトルトのものを温めてご飯にかけて出されていると思われる。まぁ、考えたらレトルトのものを買って家で食べても同じ味である。

中に入って食券を買う。このトマトカレーには甘口カレーとカレーうどんもあった。そしてそのままテーブルの席に着くや否や、すぐに出来た。(^^;;やはり早い。ある程度、暖めてあるのかな?

0029

見た目は普通のカレーのようである。味は、トマトの酸味とカレーのスパイス味がマッチして普通に美味しい。言われないとレトルトとはわからないかもしれない。

0030

サラダも付いてくる。

レトルトのものを買って家で食べてもいいけど、なんとなく、道の駅「味処 四季彩」で食べたほうが美味しい気がした。

道の駅こまつ木場潟「味処四季彩」
小松市蓮代寺町ヶ2-2 
TEL 0761-25-1188
09:00~19:00(L.O.18:00)
4月~10月無休
11月~3月水曜日
1/4~1/6休み

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/16

JR大阪駅フロートコート2Fのステーキハウス「ロマン亭」は意外に穴場で美味しい

JR大阪駅のフロートコートは小松に移動するときランチに時々利用するのだが、今日紹介する「ロマン亭」のことは、これまであまり目に入らなかった。

006

まぁ、基本的に肉が苦手ということもあり、ステーキハウスというだけで敬遠していたこともあるのだが、たまたまお店の前のメニューを見ていたら、ハンバーグ類の種類が豊富だった。

その中にハンバーグのメニューとして珍しい「特製塩ダレのねぎ盛りハンバーグ」という文字を見つけ、おぉ!?これなら大丈夫?と思い衝動的に入ってみた。

お店に着いたのは12:40頃だったが、店内は満席で一組が待っていた。しかし、すぐに入ることが出来た。

002

お店は意外に広く、真ん中にセンターキッチンがあり、一度に多くのステーキが焼けるように鉄板が並べられている。なかなか期待が持てそうだ!?

私は当然「特製塩ダレのねぎ盛りハンバーグ(980円)」を頼むんだが、周りの人は11時から15時までの限定メニューのスペシャルランチ「まんぷくビフテキランチ」を頼んでいる人がほとんどであった。800円というお手頃な値段でステーキが食べられるということで人気のメニューらしい。

001

まずサラダが出される。

004 

ランチメニューにはご飯、味噌汁、漬物が付いている。スペシャルランチはどうかわらないが、私のハンバーグには十穀米もチョイスできた。これらはお代わり可能なのはうれしい。

そしてメインのハンバーグである。意外に大きめのハンバーグでネギもたっぷりかけられていた。塩ダレもさっぱり系でいやみのない味で好感が持てる。

003

ただ、塩ダレの量が若干少なく、ハンバーグだけで使い切ってしまった。言えば継ぎ足してくれるかもしれないが、気の弱い私は言い出せなかった。(^^;;

塩ダレのことはさて置き、ハンバーグそのものは私の好きなしっかりとした食感を楽しめるタイプで、量的にも満足。さすがステーキハウスのハンバーグである。それで980円という値段もうれしい。

場所はJR大阪駅のすぐそばだが、フロートコート2Fという少しわかりにくい場所にあり、意外に穴場のお店だが、客の入りといい、しっかりと固定ファンが付いているお店だと思った。お勧めである。

ロマン亭
大阪市北区梅田3-1-1
JR大阪駅フロートコート2F
TEL 06-6344-0414
11:00~23:00(L.O.22:00)
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/13

昨年7月オープンしたWHITYうめだ「魚deバール ウオチカ」は早くも人気のお店

「魚deバール ウオチカ」という店名を聞くと、肉が苦手な私も安心して入ることが出来る。

De_061

De_059WHITYうめだのノースモール2へは私もこれまで足を踏み入れたことがなかったが、「魚deバール ウオチカ」が色々な雑誌で紹介されているのを見てはじめて足を踏み入れることとなった。雑誌では、いま人気のブランデースプリッツァーが飲めるお店ということで紹介されていた。

2011年7月OPENのバールで、カウンターと小さなテーブル席が数席の小さなお店である。日曜日の20時ごろお店に到着したら、お店は満席で1組の順番待ち。10数分ほど待って入ることが出来た。

De_057

De_062入り口に黒板メニューとスタンダードメニューが掲示されていて、値段を見るととてもリーズナブルである。

飲み物は、まずはNAMI NAMIワインを頼む。ネーミングの通りなみなみと注いでくれるのがうれしい。これで一杯400円である。

最初に頼んだ「大人のポテトサラダ」は300円。コショウが効いていた。

De_063

あと、お店のお勧めメニューである「前菜5種盛り合わせ(880円)」。バールからか若干濃い目の味付け。酒がすすむ。(^^;;

De_064 

こちらもお勧めで、いろいろな海鮮の旨味がギュッと詰まった「海鮮メリメロ焼き(880円)」。いわば魚介のごちゃ混ぜ焼き。これも美味しい。

De_069_2

「自家農園直送いろどり野菜のバーニャカウダー(580円)」は妻のリクエスト。

De_066

アルコールの2杯目はブランデースプリッツァー。オレンジの甘みがブランデーに染み出て飲みやすい。

De_067

こちらは「色々な貝のワイン蒸し(580円)」。小さなココットに入れられて出される。

De_068

最後の締めは「海の幸リゾット(800円)」を頼むことにした。これは上品な味付けであった。

De_070

以上の品を食べ、アルコール2人とも3杯ずつ飲んで締めて6,380円であった。場所から考えてもびっくりの安さである。満足満足。人気なのがわかるお店だ。

魚deバール ウオチカ
大阪市北区角田町梅田地下街2-8
WHITYうめだ ノースモール2
TEL 06-6311-4782
11:00~23:00
不定休(WHITYうめだに準ずる)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/12

久しぶりの広島のお好み焼き「よっちゃん 駅ビル店」で冬の味覚「牡蠣のお好み焼き」

広島へは最近日帰りばかりで、なかなかお好み焼きも食べる機会がなかった。

12月初旬に午後から広島駅近くで用事があり、到着後、駅ビル「アッセ」のお好み焼きストリート?で食べることにした。

005

11:40ごろに到着すると、やはり人気の麗ちゃんはすでに数人の順番待ちが出来ていた。時間の関係もあったので、我々は隣の「よっちゃん」に1テーブル空きがあったので入ることにした。

004_2

実は、このとき、私は前に行ったことがある「みっちゃん」と勘違いして入ったのだが、後で調べたら全然違っていた。(^^;;

これは余談だが、広島のお好み焼きのお店には「~ちゃん」という店名が多く、市内にその同じ名前のお店が乱立している。一般的に同じ名前だと支店か系列店、もしくは暖簾分けのお店だと思うのだが、広島の場合はそうではなく、単なる血筋であったり、全然関係なかったりすることがあるので注意が必要である。

ちなみに、この「よっちゃん」もいくつかあるようだが、どのような関係かはわからない。

広島の冬の味覚といえば「牡蠣」。ちょっとお高く1,230円もしたが、ここは思い切って牡蠣入りを注文してみた。

002_3

お昼時ということで少し時間がかかったが、出されたのがこちら。テーブル席だったのでお皿に盛られて出された。皿には大きくカープソースと書かれていたが、普通、お店の名前だろう?と心の中で突っ込んでみた。

003_2

麺もしっかりカリッと焼かれて、キャベツやモヤシもきっちり蒸らされていて、甘みがでて全体の味と食感もよく、久しぶりの広島お好み焼きを堪能することが出来た。
牡蠣は5粒ほど入っていた。一緒に行った10年近く広島に住んでいたものも美味しいと言っていたので間違いないだろう?

よっちゃん 駅ビル店
広島市南区松原町2-37
広島駅ビル アッセ2F
TEL 082-262-2969
11:00~22:00
第3水曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/01/10

大阪中央区のとんこつ系ラーメン店2題、谷町四丁目「麺屋 封」と道頓堀「金龍」

一昔前まではラーメンの味の中では人気No.1だった「とんこつラーメン」。もちろん、今でもお店の数では一番多いかもしれない。

私も福岡に住むまでは、そんなに好きなラーメンではなかったのだが、福岡に住んでいる間に好んで食べるようになった。最近は、シンプルな塩も人気のようだが、やはりとんこつ系の人気も相変わらずである。

今日は大阪の中央区のとんこつ系ラーメン店を2つ紹介したい。

001

まずは、谷町四丁目の中央通と谷町筋の交差点近くにある「麺屋 封」。平日のランチ時などは行列が出来る人気店である。

002

基本はとんこつだが、醤油と味噌、それに辛味噌ブレンドが選べる。私はベーシックな醤油とんこつを頼んだ。具はチャーシュー、キクラゲ、モヤシ。

003

ランチ時はご飯が無料で、麺大盛や炊きこみご飯(限定)、煮玉子も無料で追加ok(どれか一つ)。白ご飯プラス+50で玉子かけご飯・+200円でチャーシューご飯に変えることも出来る。私は炊き込みご飯をお願いした。

醤油とんこつは、とんこつが前面に出ているタイプではなく、あっさりとしていて臭み・雑味がなく飲みやすい。人気なのがわかる。

麺屋 封
大阪市中央区谷町3-2-6
園田ビル1F
TEL 06-6942-1022
11:30~24:00
土~17:00
日祝休

004お次は道頓堀にある大阪では超有名なお店「金龍」である。

有名なのは、道頓堀の繁華街のど真ん中に巨大な龍のオブジェがあり、ミナミの名所として有名である。それにオープンで屋台の雰囲気のお店であること。24時間営業であることなど、観光客や飲み屋で飲んだ後の〆のお店としても重宝されている。

お店のメニューは金龍ラーメン(600円)とチャーシューメン(900円)の2種類のみ。食券でチケットを買ってオーダーする。

002_2

キムチ・ニラ・ニンニクは食べ放題。キムチは思ったより辛かった。

金龍が不思議なのは、市内に何店もあって繁華街の一等地に多くの店を構えているのだが、大阪の人にはイマイチ人気がないのである。

金龍 道頓堀店
大阪市中央区道頓堀1-7-26 
TEL 06-6211-3999
24時間営業
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/09

これまで未発表の全国中華系のお店紹介、南船場「一風亭」東大阪「ふくちゃん」松山「すけろく」

単独では若干紹介しづらかった中華系のお店を3軒紹介したい。そのためあまり感想など書かずに紹介することをお断りしての内容である。

_0009

まずは、南船場にある「一風亭」というお店で、近くで予定があり入ったお店である。

ランチメニューが安くてボリュームがあるので、サラリーマン諸氏でお昼時は賑わっているお店である。

日替りメニューで安く食べるセットもあったが、私が頼んだはラーメンと半チャーハンがセットになって「半定食(630円)」である。

0008

ラーメンの味は薄味でオーソドックス。

0007

半チャーハンも普通だが、若干、ご飯が炒めすぎの感も?

一風亭
大阪市中央区南船場1丁目4-8
TEL 06-6261-3739
11:00~22:45
日祝休

お次は、四国松山に出張に行った折に行った「すけろく」。このお店は四国では有名らしく、ファミレスのような感じのお店である。すけろくの文字がすかいらーくのようである。

0006

こちらのお店のランチは、主菜と副菜を選んで組合わせて注文するシステム。

0002

私が頼んだのは、こちらの中華飯とスープ餃子の組み合わせ。

_0003

中華飯はいたって普通?

0004

スープ餃子は、燃料に火をつけ暖めて食べることが出来る。これは美味しかった。

0005

そして無料のサラダバイキングもあるのもお得だ。

チャイナハウスすけろく 吉藤店
愛媛県松山市吉藤2-1-32
TEL 089-924-0066
11:00~02:00
無休

最後は、前に紹介したことがある東大阪の「ふくちゃん」の八戸ノ里店である。

0001

そこで食べた、塩とんこつ。だいぶ前だったために名前も値段も?である。(^^;;

まずまず美味しかった記憶がある。

ふくちぁんラーメン 八戸ノ里店
東大阪市西岩田3-5-6
TEL 06-6785-3455
11:00~26:00(L.O.25:45)
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/07

淀屋橋ネクストワンB1階フードコート2題「讃岐うどん 千万喜」「丼・小松屋」

京阪を利用するときに時々利用する、淀屋橋ネクストワンの地下一階フードコートにある飲食店2軒の紹介である。

京阪の終着ターミナルであることや大阪市役所にも近いということで、ショッピングセンターのフードコートのように、ランチ時は多くの人で賑わっている。

003_3

まずは、セルフ式の讃岐うどんの「讃岐うどん 千万喜」というお店いついて書きたい。ここはフードコートの一番奥にある。このお店は船場センタービル内にもお店を出している

まぁ、香川県の讃岐うどんのセルフ形式のうどん屋さんで、時間のないときに食べるのに適しているお店である。

001_2

食べたのは「ぶっかけ(280円)」にちくわ天とかき揚。天ぷらは揚げ立ての熱々ではなかったので、うどんに入れて食べた。

002_2

肝心の麺のほうは、讃岐うどんというよりは大阪讃岐うどんで、コシがそんなにあるほうではない。値段は満足である。便利で素早く安く食べるのにはいいお店かな?

讃岐うどん 千万喜
大阪市中央区北浜3-5-29
日本生命淀屋橋ビルNEXT1B1
TEL 06-6227-4116
月~土
10:00~20:00
日・祝
10:00~19:00
不定休

お次は、「丼・小松屋」という鰻がメインのお店で、前述の「讃岐うどん 千万喜」に行ったときに気になっていたお店である。

016

何が気になったかといえば、ウナギとゴボウの郷土丼「ぼくめし丼」というのが500円というお得な値段設定となっていて、こちらのお店の看板メニューだったからだ。なかなかうなぎをワンコインで食べられるところはないので、次に行こうと思っていたわけである。

「ぼくめし」とは、浜名湖地方のウナギ漁師が、まかないとして食べたのが発祥という郷土料理である。

013

ウナギにささがきゴボウを具として、特製タレで甘辛く煮込んである。これがなかなか旨い。500円という値段と相まって満足度の高い丼に仕上がっている。

014

ランチ時は、アサリの赤だしも付いてくるのでお得だ。

丼・小松屋
大阪市中央区北浜3-5-29
日本生命淀屋橋ビルNEXT1B1
TEL 06-6227-4158
月~土
10:00~20:00
日・祝
10:00~19:00
不定休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/06

南船場から阿倍野に移転。ルシアスB1「うなぎ処かどや」の白むし丼

005_2久しぶりに阿倍野まで出かけてきた。阿倍野も大きく変化してきている。

今建築中の二年半後に完成する近鉄の新しいビルもだいぶ建ち上がってきた。完成後は横浜ランドマークタワーを抜いて日本一の高さのビルになる。

さて、阿倍野まで出かけてきたのは、「うなぎ処かどや」に行くためである。雑誌やテレビでも紹介されていた「白むし丼」を食べるためである。

さて、とある日曜日に出かけてきたのだが、いま阿倍野は工事が多くて、どこをどう歩いていけばいいのか少し迷った。最大の原因は歩道橋が架け替え工事中だからである。

そんなこんなで、迷いながらも到着した「あべのルシアス」。お店はこのビルの地下にあるということでエスカレーターで降りてお店を探すも、これも見つからない。一周してもわからず元に戻ってよく見ると、奥のほうにひっそりとあるではないか!?

004_2

とてもひっそりとあるお店だ。確かに繁華街にある大きなビルの飲食店街だが、この場所だと厳しいかもしれない?

「うなぎ処かどや」はお店の名前のようにうなぎの専門店である。しかし、高級なお店というよりは気軽に入ることが出来るお店だ。

003_2

普通のうなぎ店にあるうな重やうな丼も当然あるが、他のメニューには目もくれずに、今回の目的である「白むし丼」を頼むことにした。上(1,630円)と並(1,250円)があったが、さすがに上の1,630円は贅沢かと思い並を頼むことにした。

001

こちらがそうである。吸い物と香の物が付いている。うなぎは三切れ。上にわさびが添えられている。そのまま食べるようだ。薬味としてはミョウガと針海苔。

002

ここのお店のうなぎは蒸しを入れてから焼いた関東風。その後もう一度蒸している。タレは少し甘めのタレで、ご飯にはゴマと大葉がまぶしてある。すべての味が渾然として一体化して美味しい。ただ、3切れで1,250円はちょっと高めかな?

うなぎ処かどや
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-1
あべのルシアスB1
TEL 06-6634-6668
11:00~15:30(L.O.15:00)
17:00~22:00(L.O.21:30)
土曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/04

女性オーナーの野菜たっぷりお好み焼きが美味しい。南森町「お好み・鉄板焼き Mutsumi」

Mutsumi_001私が普段あまり行かない街、南森町。妻が那覇マラソンで不在のときに、ぶらっと出かけてきた。

目的は最近雑誌でも取り上げられることが多い「お好み・鉄板焼き Mutsumi」へ行くためだ。それに久しく粉物のお店に行っていないなぁ?と思ったからである。

天神町筋から一筋東側にお店はあるが、外観からはとてもお好み焼きのお店だとはわからない。内装もお好み焼き店らしからぬ雰囲気である。やはり女性オーナーらしい店作り。個人的には好感が持てる。

Mutsumi_003

まずは突き出しと生ビール。切干大根は甘めの味付け。

Mutsumi_006

そして頼んだのは、「牡蠣のオイル漬(700円)」。自家製かどうかは不明。

Mutsumi_007

こちらは「フルーツトマトとモッツァレラチーズの焼きカプレーゼ(780円)」。ジューシーなトマトととろけたチーズの相性もいい。

そして、こちらのお店の一番人気でお勧めの「旬菜のMutsumi焼き(1,200円)」を最後に頼むことにした。雑誌でも、初めての人はこれを頼むべし!と書かれていたからだ。

Mutsumi_008

中に入れるキャベツなど6種類の野菜は干すことでシャキシャキした食感と甘み・旨みをだしている。また、生地は山芋中心で、アゴダシと鶏がらから取ったコラーゲンを加えているからヘルシー。

Mutsumi_009

上には、葉物とトマト、アボガドがたっぷり乗せられていて、まさにサラダ感覚のお好み焼きである。ワインのおつまみにもいける。

以上と、ワイン&焼酎を一杯ずつ飲んで締めて4,260円であった。満足満足。

お好み・鉄板焼き Mutsumi
大阪府大阪市北区紅梅町2-13
TEL 06-6358-3735
17:00~23:00
日曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/03

あの名店「洋食Katsui」の2号店「御堂筋ロッヂ」はさすがの貫禄でした

2年ほど前に紹介したことがある東心斎橋(長堀橋)の「洋食Katsui」

いつも行列が絶えない人気の洋食店である。その2号店が御堂筋沿いの南船場にオープンしたということで出かけてきた。

007

ビルの地下にあるお店は「御堂筋ロッヂ」というネーミング。マークも山岳なので、何か登山にでも関係あるのかな?外観や内装もどことなくロッヂのよう?

003

土曜日のお昼にランチを食べに行ったのだが、オープン前にもかかわらず10名ほどがオープンを待っていた。さすが「洋食Katsui」の2号店のことはある。

「洋食Katsui」と違ってお昼のメニューは絞っているようだ。ランチメニューは以下の通り。
・LODGEランチ(1,200円)
・洋食弁当(1,500円)
・シラサ海老のエビフライ(1,500円)
・黒毛和牛の網焼き(1,800円)
・クラウンランチ(ミックスフライと網焼きのコンビ2,000円)

この日はどれも肉系の料理が多かったので、私はシラサ海老のエビフライを頼むことにした。

ちなみに、「洋食Katsui」と同じく飲み物が一杯無料で、ワインやビールもok。妻が居たら間違いなく頼んだだろうが、私はウーロン茶にした。

004

まず、サラダが出される。とても多くの種類の野菜が盛られていて、中にはコールドビーフと玉子焼が沿えられていた。

上品な洋食の趣で、味噌汁はベーコンみたいな豚汁。

005

シラサ海老はモエビと呼ばれ、琵琶湖産のものを特にシラサと呼んでいるらしいが、小ぶりな海老なはずだが、意外に大きめのフライで出された。出てくるまではかき揚のように揚げられて出されるのかと思っていた。

0023

頭からサクッと食べることが出来る。揚げ方が上手で胃にもそんなにもたれないのでいい。4尾のフライと、野菜のフライとソテーも添えられている。

ゼンマイのきんぴらと野沢菜漬も付いている。ご飯も美味しく、お箸で食べる洋食としては秀逸だろう?

洋食Katsui 御堂筋ロッヂ
大阪市中央区南船場4-3-11
大阪豊田ビルディングB1F
TEL 06-6251-5064
11:00~15:30
17:00~22:30
日祝休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/01/01

うつぼ公園のイタリアンカフェ&BAR「ATRIO BICI CAFE(アトゥーリオ・ビーチカフェ)」で休日ランチ

新年明けましておめでとうございます。今年が皆さんにとりまして良い年でありますように!今年もよろしくお願いします。

私も買い物に行く途中に、よく歩くうつぼ公園。テニス場としても有名である。

天気がいい日は、緑の中を散策するのが気持ちいいからである。

また、休日は本町あたりの飲食店は概ね休みなので、自ずと営業しているところが多いうつぼ公園あたりでとることが多くなる。

016この日(大阪市長選の日)も、選挙を終えてブラブラ歩いてうつぼ公園内を移動。その途中にあったイタリアンカフェ&BAR「ATRIO BICI CAFE(アトゥーリオ・ビーチカフェ)」で休日ランチをすることにした。

道路側からももちろん入り口があるが、うつぼ公園側からも店内に入ることが出来る。

005

ちょうどこの日は12時前だったために、席に余裕があり、うつぼ公園を眺めることが出来る特等席に座ることが出来た。

008

テニスコートにも近く、テニスに来ている人もよく利用するのだろう?グループ客も多いようだ。009

ランチメニューはパスタランチ(850円)、本日のランチ(950円)、リゾットランチ(850円)とお昼のミニコース(2,000円)が設定されている。リーズナブルな値段設定である。

010

私たちは二人ともパスタランチを頼むことにした。パスタランチにはこちらのサラダと、

011

スープ(野菜スープ=メニューではサービスとなっていた)が付いてくる。スープはジャガイモのポタージュで薄めの味付け。

015

それに、小さなデザートが付いている。(飲み物は+150円)

パスタは2種類からチョイスできるのだが、私は「自家製パンチェッタと淡路産玉ねぎのトマトソーススパゲッティ」を頼んだ。

012

自家製パンチェッタは、ちょっと生の肉に近かった。玉ねぎの旨みでソースは美味しい。

014

妻は「ツナと有機ゴボウのスパゲッティビアンコ」を頼んだが、こちらはゴボウの食感もいい感じで美味しかった。

うつぼ公園の深緑を見ながら、ランチと食後のカフェをゆったりと楽しむにはいいお店である。使い勝手も良さそうだ。

ATRIO BICI CAFE(アトゥーリオ・ビーチカフェ)
大阪市西区京町掘1-8-27
TEL 050-5518-7300
11:30~17:00
17:30~23:00(L.O.22:00)
日祝17:30~22:00(L.O.21:00)
不定休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »