« 人形町水天宮前の「本格和食 灯」で無添加・無化調にこだわりのランチを食べる | トップページ | 京都伏見稲荷で食べる本場?のきつねうどんとおいなりさん「仁志むら亭」「祢ざめ家(ねざめや)」 »

2011/12/08

ミナミのラーメン激戦地にある「花丸軒 難波・法善寺店」はとんこつベース

014法善寺横丁の東の出口にある「花丸軒 難波・法善寺店」に行ってきた。

このあたりは、「金龍」「作の作」「神座」などの人気ラーメン店がひしめく激戦地である。

今回、本当は別のお店に行くためにミナミに向かったのだが、この「花丸軒」を見つけて、結局ラーメン店をハシゴすることにしたのである。

013

日曜のお昼、12時20分前に入ったのだが、お店は満席で10分ほど待つことになった。人気のお店である。営業時間は何と!24時間である。

005_2

お店のお勧めは「しあわせ」の名前が付いているラーメンのようだ!?そこで私は「しあわせチャンポン麺(850円)」をオーダーすることにした。

009

大き目の鉢に入れられて出されたのがこちら。見た目、野菜が少なそうだが、意外に多く入っていた。それにナルトがなぜか4枚も。

010_2

麺はさすがにチャンポン専用のものではなく、一般的にラーメンで使われるタイプ。味的には悪くは無い。スープも美味しい。

007 

こちたのお店では、キムチとゆで卵、そして大盛が無料だった。

妻のほうは、前のラーメン店でも半分ほどラーメンを食べたので、こちらでは「シンプルラーメン(550円)」を頼む。

008

名前の通り、基本中の基本のラーメンで、具材も小さなチャーシューとメンマのみ。味はしょうゆとんこつ。しっかりとした味であった。チャーシューは「とろこつ」というネーミングが付けられていて、お店のウリの一つ。

ずっと混雑しているようで、なかなか人気のお店なようだ!?

花丸軒 難波・法善寺店
大阪市中央区難波1-2-1
TEL 06-6213-0131
24時間営業
年末年始休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 人形町水天宮前の「本格和食 灯」で無添加・無化調にこだわりのランチを食べる | トップページ | 京都伏見稲荷で食べる本場?のきつねうどんとおいなりさん「仁志むら亭」「祢ざめ家(ねざめや)」 »

大阪(ラーメン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/53212899

この記事へのトラックバック一覧です: ミナミのラーメン激戦地にある「花丸軒 難波・法善寺店」はとんこつベース:

« 人形町水天宮前の「本格和食 灯」で無添加・無化調にこだわりのランチを食べる | トップページ | 京都伏見稲荷で食べる本場?のきつねうどんとおいなりさん「仁志むら亭」「祢ざめ家(ねざめや)」 »