« いよいよミナミにも進出「麺や輝 長堀橋店」は魚系とんこつの人気店 | トップページ | 岡山のご当地グルメ?えびめし!をその名も「えびめしや」で食す »

2011/10/18

菅野美穂?いえ「燗の美穂」という店名の日本酒居酒屋は南船場(博労町)

前に2回ほど紹介したことがある「日本酒餐昧うつつよ」も日本酒の地酒の品揃えが豊富な「山中酒の店」出身のご主人であった。

002

001今日紹介する菅野美穂ならず「燗の美穂」も「山中酒の店」出身の女将のお店である。

店名が面白い。記憶にも残る名前だ。女将さんの本名は中村美穂さんだが、日本酒の燗の美味しさを伝えたくてお店を開いたようだ。

場所は、本町、堺筋本町、心斎橋、長堀橋の地下鉄のターミナルのほぼ中間に位置する。元々は喫茶店でながらく営業していたお店をほぼそのまま?利用している。

外観は少し??なところはあるが、看板を見れば日本酒好きはピンと来るお店である。そんな日本酒がウリのお店に、9月の祝日の夕方行ってみたので書きたい。

9月だがまた真夏並みに蒸し暑い日だったので「日本酒餐昧うつつよ」と同じように、最初の一杯のビールはエビス。

003

005突き出しで3種類のアテがまず出される。この日は、「茶まめ豆腐」「茄子とじゃこの煮物」「サワラとジャガイモの和え物」。どれも日本酒に合う。

頼んだ日本酒の一つがこちらの福岡の旭菊酒造「綾花 純米」。米本来の旨味がストレートに味わえるお酒であった。

本当はお店の名前にあるように燗酒を飲みたかったのだが、暑かったので冷えた日本酒ばかり頼んでしまった。(^^;;

006

そして、この日のお勧めがサワラということで、「サワラの昆布締め」を頼む。上品に昆布で締められたサワラを少し炙って香ばしさを出している。

007

そして、お次は「白貝としめじの酒蒸し」である。白貝は北海道産。白貝は石川県のほうでは万寿貝と呼ばれてる。日本酒のお店なので酒蒸しがやっぱりいいかな?

最後の締めに頼んだのは、注文してから土鍋で米から炊きあげてくれる「焼き子持ち鮎ご飯」である。

008
009
010

おこげも出来ていて、鮎の子が旨みに加わって、とても美味しい。一合ほどの量だったので残ったらおにぎりお作りしますと言われていたのだが、ペロリと平らげてしまった。

ビールと日本酒2杯飲んで、以上で4700円也!店名のユニークさだけではなく、お酒や料理も記憶に残るいいお店だ。もしかしたら、これから日本酒のハイボールがメニューに加わるかもしれない……?(^^;;

燗の美穂
大阪市中央区博労町2-6-14
TEL 06-6281-8007
17:00~24:00
日15:00~22:00
水曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« いよいよミナミにも進出「麺や輝 長堀橋店」は魚系とんこつの人気店 | トップページ | 岡山のご当地グルメ?えびめし!をその名も「えびめしや」で食す »

大阪( 和食・割烹)_」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/52784991

この記事へのトラックバック一覧です: 菅野美穂?いえ「燗の美穂」という店名の日本酒居酒屋は南船場(博労町):

« いよいよミナミにも進出「麺や輝 長堀橋店」は魚系とんこつの人気店 | トップページ | 岡山のご当地グルメ?えびめし!をその名も「えびめしや」で食す »