« 人形町ランチ事情!洋食屋「ビーフかつれつ そよいち」は「キラク」の方が独立して作ったお店 | トップページ | 愛媛生まれ「らーめん工房 りょう花 広島観音店」で麺が決め手の塩らーめん »

2011/09/27

自家製粉石臼挽手打蕎麦を食べさせてくれる谷町四丁目「守破離(しゅばり)」は艶があり上品な蕎麦

私は、まだ行ったことがないが、神戸芦屋の蕎麦屋さん「土山人」で修業された方が出したお店が谷町四丁目にあると聞いて行ってきた。

001

013お店の名前は「守破離(しゅばり)」。守破離とは武道や茶道などにおける技芸の上達についての言葉であるが、蕎麦の道も、ある意味、武道や茶道などと同じく「道」を究めるものかもしれない?

考えてみれば、たいそうな名前のお店であるが、逆に、このような店名を付けるからには味に相当自信があるのだろう。楽しみである。

谷町四丁目の交差点の2本西側、中央通から少し本町通寄りに少し入ったところにお店はある。外観も趣がある。

002

内部もこだわっていて、そして意外に広い。石臼で蕎麦を挽くところや、蕎麦を打つ様子も見ることが出来る。

004

土曜のお昼に行ったのだが、夜の品書きは立派であったが、ランチ用は手が抜かれていたのがちょっと残念。

005

蕎麦そのものは一種類だが、具材の違いで蕎麦の種類は豊富だ。本当はシンプルにざる蕎麦でも食べようかとも思ったが、天ぷらが美味しそうだったので、こちらの「小海老天おろしそば(950円)」を頼むことにした。

007

蕎麦そのものは荒挽きだが、一般的にあるような太い蕎麦ではなく、細く切られている。まず蕎麦を食べる。一言で言えば艶があり上品な蕎麦である。細いがコシもあり、ノド越しがいい蕎麦である。量的にも、蕎麦屋さんとして多いほうだろう。

008

天ぷらももちろん揚げ立てで、サクッとして美味しい。

006

009妻はこちらの「野菜天おろし(890円)」を頼んだ。

値段的にも、この手のお店としては値ごろ感はある。個人的には満足満足。

最後には、蕎麦湯も出されたが、こちらも私の好きなとろみのある蕎麦湯でよかった。

「守破離」というお店の名前に負けない蕎麦かどうかは、私にはわからないが、たぶん、ご主人は最後の「離」を目指して頑張っているのだろう?これから期待できるお店なのではないだろうか?

 010

自家製粉石臼挽手打蕎麦 守破離
大阪市中央区常盤町1-3-20
安藤ビル1F
TEL 06-6944-8808
11:30~14:00
17:30~22:30(L.O.21:30)
日曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 人形町ランチ事情!洋食屋「ビーフかつれつ そよいち」は「キラク」の方が独立して作ったお店 | トップページ | 愛媛生まれ「らーめん工房 りょう花 広島観音店」で麺が決め手の塩らーめん »

大阪(うどん・そば)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/52642961

この記事へのトラックバック一覧です: 自家製粉石臼挽手打蕎麦を食べさせてくれる谷町四丁目「守破離(しゅばり)」は艶があり上品な蕎麦:

« 人形町ランチ事情!洋食屋「ビーフかつれつ そよいち」は「キラク」の方が独立して作ったお店 | トップページ | 愛媛生まれ「らーめん工房 りょう花 広島観音店」で麺が決め手の塩らーめん »