« 8月末で一旦閉店した「宮田麺児」に駆け込みセーフ!麺にこだわりのつけ麺はさすがでした | トップページ | 本町にこの8月新しくオープンした「鮨 だいわ」はリーズナブルに楽しめる鮨屋さん »

2011/09/23

神戸新開地の老舗洋食屋「グリル一平」のオムライスは奥が深い

鶏肉が嫌いな私はオムライスには注意が必要である。

何せ、鶏肉入りのケチャップライスが基本となっているからである。そのため、私がオムライスを頼む場合は、シーフードオムライスか、鶏肉の代わりにハムが使われていることが大事な要件となっている。

今回、ブリル一平に行くに当たり何を食べようかと思っていた。オムライスが有名だったので本当はそれを食べたかったのだが、鶏肉が使われているかと思いWebで調べたら、運良くロースハムだったので安心して行くことが出来た。

006

高速神戸の新開地駅。その東側の出口から出てすぐ地上に上がると、新開地のアーケードがある。そこを少し北に行くと、すぐにアーケードの上から「グリル一平」の看板が吊り下げられているのですぐにわかった。リオ神戸というビルの2階にお店がある。

005

ちょうど神戸に用事があり、11:30のオープン時間きっかりにお店に到着。当然一番乗りだったが、すぐに数組の客が入ってきたので、やはり人気のお店なのだろう?

中はファミレス風の内装で、意外に広い。

メニューも見ずに、すぐにオムライスを注文した。5分ほどで素早く出されたのがこちら。

003

ショーケースのサンプルのようにきれいに薄焼き玉子が巻かれている、見本のようなオムライスである。見た目は昔ながらのオムライスの趣きである。

ウェブには、こちらのお店のコックの登竜門のメニューらしく、いかに卵半個できれいに巻けるかがポイントらしく、まさにプロの技とも言える。最近は玉子2~3個を使って、とり~りとしたオムライスが主流となりつつある昨今。何ともノスタルジックな気分にさせてくれるオムライスではないか!?

004

中を割ってみると、これまたきれいに薄くピンク色にコーティングされたご飯である。味的にも上品である。具材はロースハムと玉ねぎだけのシンプル。ロースハムも細かく切られていて、玉ねぎもペーストにしたものを使っているので、食感的には均一である。

味の決め手は、かけられているデミグラスソース!客に出されるまで5~6日、手間隙かけて作られるデミグラスソースは、濃厚で旨みが凝縮されている。

中のレッドソースライスが、どちらかといえば上品な味付けなので、よりデミグラスソースの味が際立っている。デミグラスソースと中のご飯を少しずつ混ぜながら食べるのがいいだろう?願わくばデミグラスソースの量がもう少し多ければ良かったが……。

イタリアンスパゲティやハンバーグなども美味しそうだったので、必ず再訪して食べてみたいと思わせてくれるほどのオムライスであった。

たかがオムライス!されどオムライス!オムライスも奥が深い!!

グリル一平
神戸市兵庫区新開地2-5-5 リオ神戸2F
TEL 078-575-2073
11:30~21:00
木曜休(祝日は水曜振替)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 8月末で一旦閉店した「宮田麺児」に駆け込みセーフ!麺にこだわりのつけ麺はさすがでした | トップページ | 本町にこの8月新しくオープンした「鮨 だいわ」はリーズナブルに楽しめる鮨屋さん »

関西(大阪・京都除く)のグルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/52565848

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸新開地の老舗洋食屋「グリル一平」のオムライスは奥が深い:

« 8月末で一旦閉店した「宮田麺児」に駆け込みセーフ!麺にこだわりのつけ麺はさすがでした | トップページ | 本町にこの8月新しくオープンした「鮨 だいわ」はリーズナブルに楽しめる鮨屋さん »