« 小松のご当地グルメシリーズ、塩焼きそば詣で。松任町「蘭々」 | トップページ | 神戸新開地の老舗洋食屋「グリル一平」のオムライスは奥が深い »

2011/09/21

8月末で一旦閉店した「宮田麺児」に駆け込みセーフ!麺にこだわりのつけ麺はさすがでした

吉本興業のお笑い芸人シャンプーハットのてつじさんがプロデュースしたお店「宮田麺児」は、この8月で一旦閉店した。閉店の理由は新麺開発のためだという。

今日アップする予定だったけど、ちょうど今日が再オープンの日でした。

009オープンが昨年4月であるから、わずか1年ちょっとで、新麺開発のためだとはいえ閉店するのは惜しい気がする。

超人気のお店だということで、オープン11時の15分前、10:45に到着すると8名ほどがすでに待っていた。そして、オープン時間までに来るわ来るわ!20人ぐらいの順番待ちが出来てしまった。

001

表の券売機で食券を買って案内されたのが2階である。1階はカウンター席で、2階が主にテーブル席になっている。店内には順番待ち用のイスがずら~と並べられていた。私たちが食べ終わって帰るころには、それらのイスも満席で、階段にもズラリと順番待ちの列が出来ていた。凄い!

この日は妻と二人で行ったので、お店の3種類の麺(T2G,JF100,NB50)をすべて楽しむことにした。すべて850円(普通盛)である。

007

つけ麺専門のお店だが、つけダレは一種類である。ベジタブルポタージュスープと呼んでいるようだが、トンコツと鶏がらベース。そして写真ではわかりにくいがトマトと豚ミンチ、玉ねぎ、白ねぎが入っている。麺との相性もいい。

味のほうも、確かに濃いのだがくどくなく、好感が持てる。具材は穂先メンマ、白ネギ、煮卵が半分。メンマが美味しかった。

005_2

T2Gは一般的なラーメンの麺に近く、パスタのリングイネのような若干楕円の麺である。ノド越しがいい麺であった。

004

JF100は、ちょっと太目の平打ち麺で、モチッとした食感でつけダレに合う麺である。ラーメンというよりはうどんに近いかも?

T2GとJF100は、テーブルに置かれているブラックペッパーを振りかけると、これが美味しい。カルボナーラのような味になる。

006

最後に追麺で頼んだのは、少し茶色の太麺で、外皮を残した内麦粉を使っているようだ!?見た目はラーメンというより全粒粉パスタのようである。一番味があるというか、個性がある。白く見えるのはローストした麦芽が振りかけられているのだ。

こちらも個人的には好きな味だ。つけダレに負けない麺であるからだ。

008

麺を食べ終わった後は、もちろん、スープ割を頼んだ。ポットが置かれるのではなく、お店の人が適量注いでくれた。私にしては珍しく、最後の一滴まで飲んでしまった。

普通つけ麺専門店は、つけダレに特徴があるところが多いかもしれないが、麺にこれだけのこだわりのあるところは珍しいだろう。

休業の後、どんな新しい麺を創り出してオープンしてくるのか楽しみである。

宮田麺児
大阪市中央区東心斎橋1丁目13-5
TEL 06-6243-1024
月~土11:00?23:30
日祝11:00~23:00
年中無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 小松のご当地グルメシリーズ、塩焼きそば詣で。松任町「蘭々」 | トップページ | 神戸新開地の老舗洋食屋「グリル一平」のオムライスは奥が深い »

大阪(ラーメン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/52589949

この記事へのトラックバック一覧です: 8月末で一旦閉店した「宮田麺児」に駆け込みセーフ!麺にこだわりのつけ麺はさすがでした:

« 小松のご当地グルメシリーズ、塩焼きそば詣で。松任町「蘭々」 | トップページ | 神戸新開地の老舗洋食屋「グリル一平」のオムライスは奥が深い »