« 博多駅地下「博多美食厨房 あじと 博多1番街店」は夜に一人でも楽しめるお店でした | トップページ | 堂島リバーフォーラムで開催「堂島リバービエンナーレ2011」のテーマは「ECOSOPHIA(エコソフィア)」 »

2011/07/23

なんばダイニングメゾンの超行列が出来る「グリルキャピタル東洋亭 なんば店」

なんばダイニングメゾンにある飲食店の中でも、いつも一番順番が長いと思えるのが、今日紹介する「グリルキャピタル東洋亭 なんば店」である。

016_2

創業が1897年ということで、創業114年目という老舗洋食屋さんである。本店は京都北山通りで、もしかしたら私が大学で京都に住んでいたときに行ったことがあるかもしれない?

015_2

6月の最終の日曜日11:25に到着するも、ご覧のような行列である。この写真の左側にまだ20名ほどの列があるのだが、写し切れなかった。(^^;;

待つこと約40分!やっと入ることが出来た。

洋食屋さんということで、カレーやスパゲッティ、オムライス、エビフライなどの定番メニューが揃っているが、こちらのお店で人気でお勧めなのが、「東洋亭ハンバーグステーキ」で1,155円である。こちらは妻が注文した。

008_3

まず、行列してでも食べるに値する「トマトサラダ」が運ばれてくる。

009_3

完熟トマトを丸ごと一個そのまま使った冷製サラダで、甘くてほんとマジ旨い!2種類のドレッシングと、下に敷かれているツナとたまねぎとの相性も抜群である。

010

そしてメインのハンバーグはアルミホイルに包まれて出てくる。よくよく考えると、東京品川駅前にある「つばめグリル」のハンバーグも同じような感じである。思い出したので、家に帰って昔書いた「つばめグリル」の内容を確認すると、「トマトサラダ」も同じようだし、セットの値段まで同じ1,155円(税込)であった。

012

私も一口食べたが、ビーフシチューソースの味も、ハンバーグステーキそのものの味も良かった。

どっちが真似した??創業は「グリルキャピタル東洋亭」のほうが30年以上古いが……?

で、私のほうはといえば、妻とかぶるのも記事的にはもったいないので、月替わりの「シェフ達のスペシャルランチ」を頼むことにした。6月は「メバルのパン粉焼き カレー風味 野菜添え」であった。

011_2

こちらのほうも、ほんのりとしたカレーの風味と香ばしく焼かれたメバル、それにたっぷりの野菜。なかなか美味しかった。

グリルキャピタル東洋亭 なんば店
大阪市中央区難波5-1-18
なんばダイニングメゾン7F
TEL 06-6633-2110
ランチ11:00~15:00
カフェ15:00~17:00
ディナー17:00~23:00(L.O.22:00)
不定休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 博多駅地下「博多美食厨房 あじと 博多1番街店」は夜に一人でも楽しめるお店でした | トップページ | 堂島リバーフォーラムで開催「堂島リバービエンナーレ2011」のテーマは「ECOSOPHIA(エコソフィア)」 »

大阪(カレー・洋食系)_」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/52048995

この記事へのトラックバック一覧です: なんばダイニングメゾンの超行列が出来る「グリルキャピタル東洋亭 なんば店」:

« 博多駅地下「博多美食厨房 あじと 博多1番街店」は夜に一人でも楽しめるお店でした | トップページ | 堂島リバーフォーラムで開催「堂島リバービエンナーレ2011」のテーマは「ECOSOPHIA(エコソフィア)」 »