« 本町セントレジスホテル「セントレジス バー」で発祥のブラッディマリーとショーグンマリー | トップページ | 昨年7月オープンした南船場のうどん屋「七弐八(なにわ)製麺」で本場讃岐の味 »

2011/07/13

小松市大和町の居酒屋「魚菜工房・壱」はおばんざいと魚にこだわりのお店

今回は、小松の銘菓「月よみ山路」の松葉屋の御曹司、那谷くんお勧めの「魚菜工房・壱」を紹介したいと思う。

009

昨年、小松駅前の百貨店「大和」が閉店し、近くの商店街や飲み屋も厳しいのではないか?と思っていたが、最近、建設機械のコマツが創業の場所に新たに研修施設を作ったので、少しは夜の街を賑やかにしてくれているようでる。

場所は、前に紹介した「あん庵」の斜め前である。たまたま通りかかったときに気が付いて、たぶん、ここはいいお店だ!と勘が働いたのである。

004

「魚菜工房・壱」はおばんざいと魚にこだわりのお店で、ご覧のようにカウンターの上には大皿に盛られたおばんざいが並んでいる。

ご主人と奥さまは粟津の方で、お聞きすると、本格的に修業されたことがないということだったが、料理のクオリティも高く、かつリーズナブルな値段で楽しめるお勧めのお店である。

002

まずはおばんざいの中から選んだには、こちらの「はたはたの南蛮漬け」と、

001

「春雨サラダ」。赤絵の九谷焼もいいですね~!?

003

「はたはたの南蛮漬け」も骨まで柔らかくて美味しかった。

007

006刺身の盛り合わせはメジマグロ、アジ、赤イカ、ガスエビ。そしてわがままを言って入れてもらった〆サバの炙りである。〆サバの炙りはやっぱり美味しかったし、赤イカも甘くてよかった。

神泉を飲みながら舌鼓を打つ。

008

最後は白えびのかき揚である。カラッと揚がっていて白えびの甘みも感じられ、こちらも日本酒には最高のアテであった。

以上の料理と生ビール、神泉純米吟醸、焼酎一杯飲んで締めて4,300円であった。味・金額的にも納得のお店だと思う。

魚菜工房・壱
小松市大和町132
TEL 0761-46-5349
17:30~24:00
月曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 本町セントレジスホテル「セントレジス バー」で発祥のブラッディマリーとショーグンマリー | トップページ | 昨年7月オープンした南船場のうどん屋「七弐八(なにわ)製麺」で本場讃岐の味 »

石川グルメ(居酒屋)」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。池多です。小松の壱さんに行きたいなと思って検索していたら、あさぴーさんのブログにたどり着きました。2番目の画像に写りこんでいるのは私の作品です。嬉しくなって思わずコメントしてしまいました。近々行ってみたいと思います。

投稿: asako | 2011/08/12 10:17

asakoさん
お久しぶりです。
壱はいいお店でした。
掛けられていた書がそうでしたか!?
それは知らずに失礼しました。
私も明日から小松に帰ります。
また、機会があればご一緒しましょう!

投稿: あさぴー | 2011/08/12 18:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/52048881

この記事へのトラックバック一覧です: 小松市大和町の居酒屋「魚菜工房・壱」はおばんざいと魚にこだわりのお店:

» 壱@小松 [manachika]
こんなに大きい牡蠣は初めてです。 [続きを読む]

受信: 2012/07/31 23:29

« 本町セントレジスホテル「セントレジス バー」で発祥のブラッディマリーとショーグンマリー | トップページ | 昨年7月オープンした南船場のうどん屋「七弐八(なにわ)製麺」で本場讃岐の味 »