« 人形町ランチ事情「人形町らーめん いなせ」は家系の醤油とんこつ | トップページ | 梅雨時の比叡山延暦寺は澄んだ空気の中、凛とした空間でした »

2011/06/26

なんばダイニングメゾン8F「新喜楽 南店」で天婦羅と鴨鍋うどん

大阪タカシマヤに昨年3月にオープンした「なんばダイニングメゾン」。

オープンしたときに2度ほど行ったことがあったが、どのお店も行列が凄くて諦めたことがあった。オープンして1年以上経過して、少しは落ち着いたかと思い出かけてきた。

行き先を決めていなかったので、ブラブラとまわってみると、12時前だというのに行列が凄いお店も何軒かあった。

本当はそんなお店のほうが人気があっていいのだが、映画(プリンセストヨトミ)を見る予定だったので、比較的空いているところに入ることにした。

008

入ったのは「新喜楽 南店」という天ぷらと一品料理のお店である。

昭和7年にミナミ法善寺横丁にて創業した老舗が、新たにこちらのほうで新装開店したそうである。

001_2

お店自体は天ぷらがウリのようで、私は「天茶付 えび塩天丼(1,180円)」を頼んだ。大きな海老天が付いてくるのかと思ったら、小さめの海老が5尾と野菜の天ぷらが乗せられている。

002

まずは、えび塩天丼をそのまま食べる。ほんのり塩味が付いた天ぷらは上品で胃にもたれない感じだ。

005_2

2杯目は、お茶碗に適量移してだし汁をかけて天茶漬けで食べる。こちらのほうが美味しい。

妻のほうは、「鴨鍋うどん定食(1,260円)」を頼む。

003_2

鴨鍋うどんと、

006_3

天ばら御飯、

004_2

それに小鉢が付いてくる。小鉢はひじきであった。

新喜楽 南店
大阪市中央区難波5-1-18
なんばダイニングメゾン8F
TEL 06-6633-3906
11:00~23:00
元日

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 人形町ランチ事情「人形町らーめん いなせ」は家系の醤油とんこつ | トップページ | 梅雨時の比叡山延暦寺は澄んだ空気の中、凛とした空間でした »

大阪( 和食・割烹)_」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんばダイニングメゾン8F「新喜楽 南店」で天婦羅と鴨鍋うどん:

« 人形町ランチ事情「人形町らーめん いなせ」は家系の醤油とんこつ | トップページ | 梅雨時の比叡山延暦寺は澄んだ空気の中、凛とした空間でした »