« 靱本町「神戸餃子酎房 えんじゃ」は自家製特製みそで食べるひとくち餃子 | トップページ | 2月オープンしたばかりのお箸で食べるフレンチ、南船場「Pomme de katayama(ポム・ド・カタヤマ)」 »

2011/05/30

福岡で九州料理を一通り食べたいならここがいい?キャナルシティそば「九州郷土料理 蕨(わらび)」

旅行や出張などで九州を訪れたら、やはり九州各地の名物料理を食べたいと思う人が多いと思う。

しかし、九州7県を全部まわるのは時間とお金がかかる。もちろん、それはそれで一度はしたいとも思うがなかなか出来ないだろう。そんなときはこんなお店で楽しむのも一考に価する。

019

そのお店は「九州郷土料理 蕨(わらび)」。その冠の通り、こちらのお店だけで九州各地の名物料理をほぼ一通り楽しむことが出来る。場所は博多駅からも5分くらい、キャナルシティにもほど近いところにある。

お品書きにも、名物料理に名前がずらりと並んでいて、どれを食べようか迷うほど。そんなときには一通りのものを味わえるおまかせコースを頼むといい。

私は「おつまみコース(1,980円)」を頼む。こちらはご飯物が付かないコースで九州各地の焼酎をちびちびやりながら食べるのが適している。

ところが、最後でわかるが、なぜか食事付きの「わらびコース(2,980円)」となってしまった。まぁ、楽しめたのと気の弱い私は文句をつけなかったが……。(^^;; ちなみに肉が苦手ということを伝えると、快く肉抜きで出してくれた。

008

まず、お通し。

009_2

お造りの盛り合わせも種類が色々あって、一人前としての量もたっぷり。小石原焼きの皿もいいですね!

010_2

珍しい「赤やがら」という魚の煮物。関東ではお吸い物などで使われる魚だ。ただ、細長い形をした「やがら」のこの部分は頭に近いところで骨がほとんど。

011_2

こちらも珍しい「えつ」という魚の唐揚げ。頭からガブリ。

このあと、酒がどんどん飲めるアテ系の料理が続く。名物料理のオンパレードだったが、全部の名前を知らないので知っているものだけ名前を書いている。

013_2

左からからし蓮根、白身を魚を酢味噌系で、いか明太、甘露煮、バイ(ベイ)貝、イカ和え、さつまあげ

まだ出てくる。どんどん酒がすすむ。(^^;;

017

魚コロッケ、キビナゴの唐揚げ、カラスミ。固豆腐のようなもの、だし巻明太。

018

そして最後の締めは、ゴマサバ丼である。ご飯も大盛。満腹で残してしまった。

九州郷土料理 蕨(わらび)
福岡市博多区博多駅前2-7-3
TEL 092-481-1265
月~金
11:30~14:00
17:00~24:00
土日祝
17:00~22:00
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 靱本町「神戸餃子酎房 えんじゃ」は自家製特製みそで食べるひとくち餃子 | トップページ | 2月オープンしたばかりのお箸で食べるフレンチ、南船場「Pomme de katayama(ポム・ド・カタヤマ)」 »

福岡(居酒屋)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/51543546

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡で九州料理を一通り食べたいならここがいい?キャナルシティそば「九州郷土料理 蕨(わらび)」:

« 靱本町「神戸餃子酎房 えんじゃ」は自家製特製みそで食べるひとくち餃子 | トップページ | 2月オープンしたばかりのお箸で食べるフレンチ、南船場「Pomme de katayama(ポム・ド・カタヤマ)」 »