« 南船場の「十割そば 和心」は手頃な値段でこだわり蕎麦を食べさせてくれるお店 | トップページ | 靱本町「神戸餃子酎房 えんじゃ」は自家製特製みそで食べるひとくち餃子 »

2011/05/27

東京築地「築地虎杖」表店でまるで海の宝石箱や~!の「元祖海鮮ひつまぶし」

ゴールデンウイークのことは過日書いたが、今日はそのときの東京でのランチの話題である。

「まるで海の宝石箱や~!」は彦摩呂の有名なフレーズである。そんなフレーズを言わしめたところが今日紹介する「築地虎杖」である。

ゴールデンウイークの合間の平日の2日であったが、築地市場は多くの人で賑わっていた。

003

最初、場内のお店で食べようと思っていたが、凄い行列だったので諦め、場外市場で食べることにした。ちなみに、場内であれ場外であれ行列が出来ているお店の共通点は、値段が手頃だということである。

005左の写真はテリー伊藤氏のお兄さんがやっている有名なお店「丸武」である。美味しそうな玉子焼きであったが、食事が食べられなくなると思い諦め、場外市場をブラブラ。ほとんど直感で入ったのが「築地虎杖」表店である。

帰って調べてわかったのだが、「築地虎杖」は元々は京都「錦小路」にあるお店が東京に進出したところだったのである。不勉強でした。(^^;;

013

それに冒頭書いた彦摩呂の有名なフレーズ「まるで海の宝石箱や~!」を発したところ(表店ではないかもしれないが)だと知り2度びっくり。(^^;;

006_2

こちらのお店で食べたのは、私は「元祖海鮮ひつまぶし(2,100円)」。ひつまぶしと言えば名古屋のうなぎのひつまぶしが有名だが、こちらのはうなぎのかわりに、まぐろ、イカ、サーモン、ホタテ、タコ、イクラ、ウニなどがちりばめられている、まさに宝石箱のようなひつまぶしである。

008

まずは、醤油にわさびをとかし、ぶっかけて食べる。色々なネタが口の中で一緒になり複雑なハーモニーを奏でる。美味しい。

010

そのあと漬物を入れ、桶の中をお店の人がかき混ぜてくれる。名古屋のひつまぶしのようにだし汁をかけて食べるのかな?と思ったら、何も出てこなかったので、そのまま食べる。

帰ってから調べたら、やはりだし汁をかけてお茶漬け風に食べるようだ。このあたり、もう少し説明してくれてもいいと思う。ちょっと不親切かな?

009

妻のほうは、こちらの「金目鯛と帆立のあぶり丼(1,500円)」である。炙った金目鯛と帆立が旨みを増している。

012

なお、あら汁が後ろで鍋にかけられているが、こちらはサービスであった。

話のネタにはいいお店であった。

築地虎杖表店
東京都中央区築地4丁目9-7
中富水産ビル1F
TEL 03-3541-1192
月~土11:00~15:00(L.O.14:30)
17:00~23:00(L.O.22:30)
日祝9:00~17:00(16:30 LO)
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 南船場の「十割そば 和心」は手頃な値段でこだわり蕎麦を食べさせてくれるお店 | トップページ | 靱本町「神戸餃子酎房 えんじゃ」は自家製特製みそで食べるひとくち餃子 »

東京・横浜のグルメ(和カテゴリー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/51578522

この記事へのトラックバック一覧です: 東京築地「築地虎杖」表店でまるで海の宝石箱や~!の「元祖海鮮ひつまぶし」:

« 南船場の「十割そば 和心」は手頃な値段でこだわり蕎麦を食べさせてくれるお店 | トップページ | 靱本町「神戸餃子酎房 えんじゃ」は自家製特製みそで食べるひとくち餃子 »