« 北浜のディープな中華「福仙樓(フクセンロウ)」でディープなカレー焼きそば | トップページ | 心斎橋筋「味万」の名物カレーうどんはダシがきいている関西風 »

2011/05/21

東京駒沢公園西口前のイタリアン「IL GiOTTO(イル・ジョット)」へ友人と再訪

去年のGWに行ったことがある駒沢公園西口前の「IL GiOTTO(イル・ジョット)」へ今年も行ってきた。

このお店を紹介してもらった友人夫妻と一緒に再訪である。昨年は時間が限られていたので、今回はゆっくりと友人たちとのおしゃべりしながらの楽しいひと時であった。

こちらのお店はコースはなく(頼めばあるだろうが)、アラカルトが基本。今回もそうしたのだが、帰って前回の内容を確認したら、結局チョイスしたのは去年と同じような内容だったのでびっくり。

では、順番に紹介していきたい。

020

まずは、アンティパストは「鮮魚のカルパッチョ」。この日は鯖と金目鯛。鯖は軽く炙ってある。野菜が瑞々しいのでしっかりとした食感と新鮮な魚の旨みがあいまって美味しい。

021

そして、この時期旬である「ホワイトアスパラの4種類のチーズのオーブン焼き」。ホワイトアスパラはあまり食べる機会がないのでうれしい。

019

フォカッチャが美味しい。

パスタは三種類オーダー。一皿を4人でシェアしている。

022

まずは、白エビと山菜を使ったタリオリーニ。

024

フィットチーネは鴨のラグーソース。

023

これは何だったかな?魚とチーズが使われていたと思う。このころすでにワインを飲みすぎで記憶もおぼろ……。(^^;;

025

メインは4種類の鮮魚をアクアパッツァやローストなどで調理してくれるが、我々は黒ムツのアクアパッツァをオーダー。これも何と!昨年頼んだものと同じであった。

去年と時期が同じころだったので、素材も同じようなものとなってしまった。次回は違った時期に訪れたいお店である。

以上の料理と、白2本、赤1本のワイン(1本5~6千円のもの)。それにスプマンテを一杯ずつのんで、4人で締めて45,000円ほどであった。

友人たちと美味しい料理を食べながら美味しいお酒を飲む。至福のひと時である。

イル・ジョット (IL GiOTTO)
東京都世田谷区駒沢4-11-12
TEL 03-3412-2547
18:00~22:30
火曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 北浜のディープな中華「福仙樓(フクセンロウ)」でディープなカレー焼きそば | トップページ | 心斎橋筋「味万」の名物カレーうどんはダシがきいている関西風 »

東京・横浜のグルメ(洋カテゴリー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/51578338

この記事へのトラックバック一覧です: 東京駒沢公園西口前のイタリアン「IL GiOTTO(イル・ジョット)」へ友人と再訪:

« 北浜のディープな中華「福仙樓(フクセンロウ)」でディープなカレー焼きそば | トップページ | 心斎橋筋「味万」の名物カレーうどんはダシがきいている関西風 »