« 石川輪島から取り寄せた素材を手軽に楽しめる立ち呑み、天六「泰三屋」 | トップページ | 「洋食とビール」の大きな看板が目立つ、森ノ宮の洋食屋さん「フレンドシップ」 »

2011/03/19

観光客が愛媛の郷土料理を気軽に楽しめる「瀬戸内小魚料理 十五万石」

頑張れ!東北。頑張れ!関東。頑張れ!日本。

色々な土地に色々な郷土料理がある。旅に行けば、やはりそれらを食するのが楽しみの一つである。

しかしながら、短い滞在期間ですべての名物料理に舌鼓を打つのはなかなか難しい。

この日、広島からの移動で20時ぐらいにホテルにチェックイン。その足で一番町から三番町あたりをぶらぶら。最終的に入ったのが、「瀬戸内小魚料理 十五万石」というお店である。

001_2

愛媛の名物については、私も過去には色々紹介してきたが、瀬戸内の新鮮な魚介を使った料理はなかなか美味しい。

こちらのお店では、愛媛の郷土料理を気軽に楽しめるようなメニューが一通り揃っている。お店の間口は狭いが奥が深く意外に広い。

中に入ってお品書きを見て頼んだのは、「愛媛郷土御膳(2,500円)」である。「地魚の刺身・焼物・揚物・酢物、ちぎりじゃこ天、本日の海ごはん、汁物、香物が入った愛媛あふれるセット」と書いてある。これなら愛媛の名物をすべて食べられると思ったからである。

004_2いっぺんに名物を楽しめるのはいいのだが、この手の御膳は一度に出されるのがたまにキズかな?

まずは、生ビールにお通し。

005_2

刺身は、アジ、カンパチ、シロエビ。右は酢の物として出されたであろう?「カツオのたたき」。シロエビは甘くて美味しかった。

006_2

こちらは自家製ちぎりじゃこ天(右)と自家製じゃこカツ。じゃこカツはじゃこ天の中に野菜が入ったものを揚げてある。

007_2

揚げ物は天ぷらであった。量もたっぷりで揚げ立てで美味しいのだが、じゃこカツも揚げ物だったので、ちょっと重かったかな?それに焼物が出なかった……?揚げ物に変わったのかな??

008

締めのご飯は「炊き込み鯛めし」である。鯛めしといえば愛媛の名物料理の一つで、南予の場合は鯛にタレを付けて食べるが、松山の中予では一尾丸ごと焼いた鯛の炊き込みご飯形式で食べる。

今回のものは、炊き込みご飯であったが、残念ながら大量に炊き込んで作り置きをしてあったため、鯛の臭みが出てしまいイマイチであった。少し工夫が欲しい。

最後の鯛めしは残念であったが、2,500円という値段で愛媛の名物を一通り楽しめるので、観光客や出張のサラリーマン諸氏にはうれしいお店かもしれない。

瀬戸内小魚料理 十五万石
松山市三番町2-8-4
TEL 089-933-0070
11:30~14:00(L.O.13:30)
16:00~23:00(L.O.22:30)
日曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 石川輪島から取り寄せた素材を手軽に楽しめる立ち呑み、天六「泰三屋」 | トップページ | 「洋食とビール」の大きな看板が目立つ、森ノ宮の洋食屋さん「フレンドシップ」 »

四国のグルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/50960964

この記事へのトラックバック一覧です: 観光客が愛媛の郷土料理を気軽に楽しめる「瀬戸内小魚料理 十五万石」:

« 石川輪島から取り寄せた素材を手軽に楽しめる立ち呑み、天六「泰三屋」 | トップページ | 「洋食とビール」の大きな看板が目立つ、森ノ宮の洋食屋さん「フレンドシップ」 »