« 「洋食ふじ家」はミシュラン2つ星のfujiya1935のシェフのお父さんがやっているお店 | トップページ | 東大阪上小阪「麺屋 清正」は鶏白湯スープと醤油ダレがきいた個性派らーめんでした »

2011/01/01

「オーガニックキッチン&ワインバー レ コッコレ」は素材や料理法にもこだわりのお店です

皆様、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。皆さんにとって2011年が良い年でありますように!

008

さて、「レ コッコレ」は今年春までは、船場センタービル女将小路にあったようである。私は残念ながら行ったことがなかったが、4月に丼池ストリートの今の場所に引越ししてきた。

006

女将小路にあったときも同じようなコンセプトで営業をしていたようだが、女将小路のコンセプトからは少し外れているような気もしないではない。(女将小路はどちらかといえば男性向けのお店が多い)

お店の名前にオーガニックキッチンとあるが、いわゆるマクロビ系のお店ではないようだ。

肉や魚も使わないわけではないが、抗生物質不投与のものを使っている。また野菜はオーナーの弟さんが作る完全無農薬の有機野菜。ワインも全てBIOワイン。調味料もグラニュー糖、精製塩、化学調味料は一切使用しないというこだわりようである。体に優しいお店なのである。

行ったのは、日曜日のランチ。お店の前はちょっと変わったガーデンになっている。小さな卓球台も置いてある。

ランチは2種類。ベジプレート(1,000円)というワンプレートランチと、玄米野菜カレーセット(900円)がある。私はベジプレートを頼むことにした。

003_3

まず、カップスープが出された。こちらも魚介系でダシを取らずに野菜の旨みだけで色が出ている。

プレートには惣菜4種類(ナス・白ブロッコリー・チンゲン菜の炒め物、酸味のあるおから、さつまいもとレーズン、野菜と厚揚げの煮物)と水菜とモヤシのサラダ、そして圧力鍋で炊いた玄米が乗せられている。

004_4

マクロビにありがちな淡白な味ではなく、どれもしっかりとした味付けがされていた。

玄米がモチモチで美味しかった。ちなみに、食べているころに満席になってきたが、男性は私一人であった。(^^;;

夜メニューの玄米チャーハンも美味しいということなので、機会があれば食べに行きたい。

オーガニックキッチン&ワインバー レコッコレ
大阪市中央区北久宝寺町3-4-1
TEL 06-6245-5556
11:30-23:00
(ランチL.O.14:00、ディナーL.O.22:00)
日曜は21:00まで
火曜休み、祝日不定休
TEL:06-6245-5556

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 「洋食ふじ家」はミシュラン2つ星のfujiya1935のシェフのお父さんがやっているお店 | トップページ | 東大阪上小阪「麺屋 清正」は鶏白湯スープと醤油ダレがきいた個性派らーめんでした »

大阪(カフェ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/50156493

この記事へのトラックバック一覧です: 「オーガニックキッチン&ワインバー レ コッコレ」は素材や料理法にもこだわりのお店です:

« 「洋食ふじ家」はミシュラン2つ星のfujiya1935のシェフのお父さんがやっているお店 | トップページ | 東大阪上小阪「麺屋 清正」は鶏白湯スープと醤油ダレがきいた個性派らーめんでした »