« 大阪駅前第4ビルにあるイタリアン「オステリア ガウダンテ」でパスタランチ | トップページ | 偶然入ったスタイリッシュなイタリアンのお店、北浜(淀屋橋)「OTTIMISTA (オッティミスタ)」のランチ »

2011/01/22

博多美野島「旬鮮吟味 唐八」で玄界灘の魚介を堪能してきました

福岡に出張があり宿泊の機会があると、まずは和食のお店に行くことにしている。

玄界灘の海の幸を堪能できるからだ。リーズナブルな居酒屋でも美味しい魚介を楽しめると言うのは、同じく日本海の海の幸で育った私としてはうれしい。特に、冬の時期は脂の乗った魚介が美味しい。

001_4今回も、夜の8時ごろ、夜な夜な出かけてきた。お店は美野島にある「旬鮮吟味 唐八」というところ。前に、同じく美野島「すし空環房 誠瑞」を紹介したことがあるが、そこのまん前である。

中に入ると、まず生け簀がドンとある。カウンター席と小上がり、個室がある。先客は2名カウンター席にいただけだったが、ほどなく帰っていった。

002_6

まずはお通し。4種類のつまみが入っていた。

003_3

こちらは、「黒ゴマ豆腐サラダ」。黒胡麻の香りと甘みがあって豆腐との相性もばっちりであった。

005

刺身の盛り合わせは、呼子の活イカ、下関ふく、姫アワビ、中トロ、ヒラメ、カンパチ。活イカと姫アワビは、まだ生きていた。レモンをかけると姫アワビのほうはしびれたように動いた。ちょっと食べるのが可愛そうな気がしたが一口でガブリ!身も柔らかくておいしかった。

ふくも甘みがあっておいしい。でも、これだけの豪華な刺身だとさぞや高いだろう?と思っていたら最後のお勘定で「やっぱり!」となってしまった。(^^;;

007

自家製明太子を出してくれた。呼子のイカを絡めて食べる。イカのコリッとした食感と明太子の旨辛さがたまらない。

009

イカは当然、天ぷらか塩焼きにしてくれるが、今回は塩焼きでお願いした。

008

銀ダラの味醂醤油漬焼もいい味していた。

010

最後にお味噌汁が出されたが、これは何の味噌汁だったかな?このあたりは良いが相当回っていたので覚えてない。

ビールと焼酎を5杯ずつ飲んで、締めて2人で16,000円もかかってしまった。(^^;;

旬鮮吟味 唐八
福岡市博多区美野島1-17-9
TEL 0066-9679-22099
(予約専用番号、通話料無料)
092-481-6836 (問合せ専用)
18:00-26:00

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 大阪駅前第4ビルにあるイタリアン「オステリア ガウダンテ」でパスタランチ | トップページ | 偶然入ったスタイリッシュなイタリアンのお店、北浜(淀屋橋)「OTTIMISTA (オッティミスタ)」のランチ »

福岡(居酒屋)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/50219608

この記事へのトラックバック一覧です: 博多美野島「旬鮮吟味 唐八」で玄界灘の魚介を堪能してきました:

« 大阪駅前第4ビルにあるイタリアン「オステリア ガウダンテ」でパスタランチ | トップページ | 偶然入ったスタイリッシュなイタリアンのお店、北浜(淀屋橋)「OTTIMISTA (オッティミスタ)」のランチ »