« ミナミのねぎ焼、お好み焼きのお店「福太郎」は活気がある庶民の味方 | トップページ | 大阪にもいい仕事している鮨屋がありました!京橋「鮓 きずな」で久しぶりに堪能 »

2010/10/20

ゲゲゲの女房の故郷、鳥取境港「水木しげるロード」と「マグロらーめん本舗 太陽軒」

NHKの連続テレビ小説で9月25日まで放映されていた「ゲゲゲの女房」。11月20日には映画も封切りになる。

「ゲゲゲの女房」の原作者である武良布枝さんは、ご存知、水木しげる氏夫人。水木しげる氏本人の出身地が鳥取県境港市である。

今回、松江~米子に行く途中に、境港に立ち寄った。

016

どうせ食事を食べるならと「水木しげるロード」をぶらり。ここは、NHKの連続テレビ小説の影響で今年は大幅に観光客を増やしている人気の観光スポットとなっている。

007

「水木しげるロード」は、彼の一番の代表作である漫画「ゲゲゲの鬼太郎」に描かれているキャラクター(妖怪)をモチーフにした銅像が、商店街の道路沿いに134体(2010.1月現在)設置されている。

019

014 街づくり全体が、鬼太郎と妖怪の世界観をあらわしており、ご覧のように、街灯まで目玉親父のイメージで作られている。

街のいたるところに、おなじみのキャラクターがあって、私の幼少時代に少年マガジンに連載が始まった「ゲゲゲの鬼太郎」ということもあり、歩いているだけで楽しい。

こちらは妖怪神社。

010

そして水木しげるロードの最終地点にあるのが、こちらの「水木しげる記念館」である。ここは漫画家水木しげる氏の人と作品、妖怪の世界を展示や映像で紹介している施設で、彼の人となりがわかりやすく展示されている。

003

さて、グルメブログなので、最後は食べ物・飲み物の紹介。

024

食事をしようと入ったのが、「マグロらーめん本舗 太陽軒」である。こちらのお店は「鬼太郎まぐろラーメン」という(境港市はクロマグロの水揚げが全国でトップクラスだそうだ!?)、水木しげるロードにちなんだラーメンを食べさせてくれる。

まぐろの頭と香味野菜、昆布をじっくり煮込んだスープがウリで、それに器やカマボコにも鬼太郎のキャラクターが描かれている。(もっとも、鬼太郎とはあまり似ていないが……?(^^;;)

022

027 トッピングには、地元の大豆醤油に漬けた「まぐろ漬け」、地元浜の白ねぎ、岩のりなどが乗せられていて、地元にこだわった味になっている。

最後に、お土産で買ったのは、地元の造り酒屋「千代むすび酒造」の米焼酎「ぬりかべ焼酎」である。意外にしっかりとした味であった。

まぐろラーメン本舗 太陽軒
境港市本町 31
(水木しげるロード内)
TEL 0859-44-1245
11:00~17:00
※12月~2月
平日10:30~15:00
土日祝10:30~17:00
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« ミナミのねぎ焼、お好み焼きのお店「福太郎」は活気がある庶民の味方 | トップページ | 大阪にもいい仕事している鮨屋がありました!京橋「鮓 きずな」で久しぶりに堪能 »

山陽・山陰地方のグルメ」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ!光りのアートD−K、デジタル掛軸のライブインスタレーションのブログを担当していますものです。はじめまして!げげげの鬼太郎作者の水木しげるさんの故郷のと鳥取県、鳥取砂丘近くの「砂の美術館」でのデジタル掛軸を楽しみにしています。当日は東京から鳥取砂丘の方へ駆けつける予定です。。。せっかくの鳥取D−K公演なんで、こうした光りのアートとか現代美術に感心のある方と、初日11日土曜日の午後の1〜2時間程度、お茶会でもやれないかとおもうんですが、如何でしょう*2004年からのD−K、デジタル掛軸のインスタレーション記録ビデオ写真などをパソコンに入れて鳥取、砂の美術館に持参予定です。 ご検討お願いします(10名程度までの小さな、お茶会です。。) dk.yokonov@gmail.com
http://d-k-nippon.blogspot.com

投稿: Victor Yokono | 2010/12/07 16:04

Victor Yokonoさん
こんばんは。
鳥取のほうはなかなか行けませんが、ご成功をお祈りしております。
d-kもしばらく拝見していません……。(^^;;

投稿: あさぴー | 2010/12/08 20:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/49507781

この記事へのトラックバック一覧です: ゲゲゲの女房の故郷、鳥取境港「水木しげるロード」と「マグロらーめん本舗 太陽軒」:

« ミナミのねぎ焼、お好み焼きのお店「福太郎」は活気がある庶民の味方 | トップページ | 大阪にもいい仕事している鮨屋がありました!京橋「鮓 きずな」で久しぶりに堪能 »