« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010/09/30

松山二番町「焼野菜 恋丸(れんまる)」では、やはり焼野菜が美味しかった

愛媛県も瀬戸内海と太平洋に面し、魚介が美味しい土地である。

私も、これまで色々松山で美味しい魚介のお店には行ったが、今回はちょっと毛色を変えて、美味しい野菜を食べさせてくれるお店に行ってきた。

003_2 実は、今回紹介する「焼野菜 恋丸」は昨年の平日に見つけて飛び込みで入ったのだが、そのときは一杯で断られた。平日で一杯だったので人気のあるお店だろうと思い、今回、会社の飲み会に利用してみた。

場所は、三越の裏手の二番町。お店正面の趣きはいい。

それでは、食べたものを紹介していきたい。

004_2

こちらはお通しのセット。

014

「長芋とじゃこ天(650円)」はわさび醤油で食べる。愛媛名物のじゃこ天は、じゃこの風味が酒のアテにいい。

007_2

「刺身の盛り合わせ」。この日はカツオ、イカ、ハモ、ヤズ(大きくなるとブリ)。

そして、こちらのお店の名前にも出ている焼野菜を注文する。「焼野菜9種盛(2,250円)」はトマト、玉ねぎ、キャベツ、しいたけ、エリンギ、アスパラ、ジャガイモ、かぼちゃ。もう一種類なんだったかな?焼野菜は3種類から注文が可能である。

008_2

玉ねぎは甘みと旨みが凄い!かぼちゅもじゃがいもも甘みがあり美味しかった。値段は少々張るがお店の看板メニューなのでやはり食べたい一品である。

010_2

「玉子焼(600円)」。中には桜海老が入って香ばしい味。

012

「アボガドと牛肉ステーキ風(1250円)」と、

011

手羽先は私は食べなかった。

013

「あさりとアスパラ(900円)」。量の割には値段が高いかな?

015

〆に頼んだ「焼きそば(800円)」は、特製のトリガラスープが決め手で、豆乳だしを付けて食べる。写真は3人前。豆乳だしに付けないと少しパサつく感じ。麺は非常に細い。つまみ系でもいける。

幹事が私じゃなかったのでトータルいくらかかったか不明だが、落ち着いた空間で満足度が高い料理を味わえるので、個人的な評価は高い。

焼野菜 恋丸
松山市二番町3-8-20
TEL 089-931-0408
17:00~24:00 L.O.23:30
日曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/29

南船場「誠キュイジーヌ」はお手頃値段で味もいい!とてもお勧めのお店です

今日紹介する「誠キュイジーヌ」は、昨年11月にオープンしてから、お店の前は何度か通ったことがある。

最近「SAVVY」という雑誌に「大阪のおいしい&かわいいお店」として紹介されていた。他の人のブログでも、ランチの記事が書かれていたので、一度行って見たいと思っていた。

8月末の土曜の夜にディナーを食べに出かけてきた。「誠キュイジーヌ」はイタリアンフレンチと、ジャンルが少しあやふやなのだが、味的にイタリアンに近いかな?

予約せずに直接お店に19時ごろに行ったが、先客は一組でカウンターに座ることが出来た。(2階にも席がある)

010

ご覧のように外からキッチンが丸見えで、もちろん中のカウンターからも調理の様子が見える。(帰りにはお二人ともわざわざ外まで出てきてくれた)

メニューは意外に多く、気になるメニューも色々。まずはスパークリングワインを頼む。2杯で千円とお得。では、食べたものを紹介していきたい。

003

アミューズ?として「北海道スイートコーン(味来コーン)の冷製ポタージュスープ」。美味しい。

004

こちらは「前菜盛り合わせ(1,300円)」。これには「北海道新サンマと長崎剣先イカのカルパッチョ グリーンペッパーソース」「生ハムセラーノと自家製ピクルス」「常総ファームの玉子を使ったスペイン風オムレツ」「魚のすり身のパテ、バゲットのせ」の4種類が盛られていて、色々な味を楽しめてお得。

007

温菜からは「旬野菜のオーブン焼(850円)」をチョイス。これも良かった!インカの目覚め、白茄子、白たまねぎなど変わった野菜も楽しめる。オーブンで焼かれることによって野菜から出る自然の甘みと旨みでワインが美味しく飲める。

008

メインは「本まぐろテールステーキ、焼ニンニクソース(900円)」をチョイス。イタリアンやフレンチでまぐろも珍しいが、何しろテールを食べるのは初めてかな??

骨の周りにはコラーゲンたっぷり。そして外に行くにしたがって味が変わっていくまぐろの身も焦がしニンニクで旨みが引き出されている。

009

最後は「海の幸のトマトリゾット(1,400円)」を頼む。当然米から作るので少し時間がかかったが、魚介もたっぷりで旨みがしみて美味しかった。

以上、妻と二人でシェアして食べて、スパークリング、白と赤のワインを二人とも一杯ずつ飲んで合計で8,200円であった。いや~!満足満足!

誠キュイジーヌ(cuisine)
大阪市中央区南久宝寺町2-1-11 中船場スクエアビル1F
TEL 06-6260-5885
11:30~14:00(L.O.)
18:00~23:00(L.O.)
日曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/27

人形町ランチ事情「魚や 日本橋店」は魚がメインのうれしいお店

肉の苦手な私にとって、肉メニューがないお店はうれしい。

今日紹介する「魚や 日本橋店」は、比較的築地にも近いということで、毎日旬の魚を使った品々を食べさせてくれる。

003_2

1階はカウンター席で15名ほど座れる。2~4階は座敷になっているので、相当数入ることが出来るお店である。

ランチの基本は刺身系が2種類(盛り合わせと中落ち)、焼魚系が2種類(鯖の塩焼き、あこう鯛)、そして、あら煮とアジフライ、計6種類がメニューとなっていた。

こちらのお店の特徴は「スピード」である。オーダーして、ものの1~2分で出される。忙しいサラリーマン諸氏にはうれしいお店である。

001_4

私が頼んだのは、こちらの「あこう鯛焼き定食」。メインの焼魚と厚揚げの煮物、漬物、味噌汁が付いて850円である。

002_3

あこう鯛とは深海魚で別名「メヌケ」と呼ばれる魚である。市場では高級魚として扱われているようである。身がしっかりしていてなかなか美味しかった。

ご飯も炊きたてで美味しい。

これだけスピードよく料理が出されるということは、お客の回転が速くて効率も良いだろう?相当儲かっているかな?(^^;;

魚や 日本橋店
東京都中央区日本橋蛎殻町1-15-2
TEL 03-3664-9080
11:00~13:30
17:00~22:40(L.O.21:50)
土日祝休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/26

大阪のうどんそば2題、小阪「そば芯」のそば弁当と「つるまる」の変り種うどん

「いまはもう秋♪」である。夏の時期に食べた話題で恐縮だが、冷たい麺類のネタである。

001_5 まずは、東大阪にも粋な蕎麦屋があった!ということで、東大阪の蕎麦屋「そば芯」の紹介である。そば専門店は意外に大阪に少ないのだが、東大阪でもあまりまわりにない。

そば弁当(1,000円)を注文。

005_2

そばは「ざる」か「かけ」そばをチョイスできる。私はざるそばを選んだ。

003_3

右の小皿には天ぷら。真ん中はだし巻き卵と塩鮭。左はポテトサラダである。どれも美味しかった。天ぷらにあら塩があると良かったかな?

002_4

こちらはざるそば。そば自体は比較的細い。夏の時期でそばの香りはさすがになかったが、そばの味自体は良かった。ただ、一緒に行ったものが食べた暖かいそばのほうは麺が細いからか、すぐに切れてコシがなかったようだ

そば芯 
東大阪市高井田元町2-8-41
TEL 06-6787-3783
日祝休

006_3 お次は讃岐うどんのチェーン店「つるまる」である。家のそばにあるのだが、これまでは行ったことがなかった。

一見立ち食いうどんのお店のようだが、奥に座る席、テーブルはある。

今回、お盆の時に食べた、だいぶ古い内容で恐縮だが、夏の限定メニューの紹介となる。確か9月末までかな?

001_6

妻のほうは「梅しそぶっかけうどん(380円)」。

003_4

私は「トマトぶっかけ(380円)」。両方ともニンニクが効いている。トマトぶっかけは変わっているので注文したが、やはりうどんはパスタ感覚で食べるのとは訳が違った。うどんそのものは麺の味もありコシもあってまずまず。

002_5

天ぷらは野菜かき揚とナスを頼む。ナスは注文してから揚げてくれた。

005_3

そして「鯖の押し寿司」も追加で頼んだ。

つるまる 南本町店
大阪市中央区南本町3-3-17 丸松ビル1F
TEL 06-4963-9811
月~金7:00~22:00
土日祝11:00~17:00
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/23

大阪府庁そばの釜出しうどん「こと平 谷町2丁目出張所」のひやかけはいりこ出汁がきいている

大阪城でのイベントのとき、お腹を少し満足させようと向った、釜出しうどん「こと平 谷町2丁目出張所」について書きたい。

002_2

店名に谷町2丁目出張所と入っているので調べたら、神戸市須磨区にある讃岐うどんのお店「こと平」の2号店ということであった。

谷町2丁目出張所は3月オープンした、比較的新しいお店である。外観はそんなに広いお店だとはわからないのだが中に入って席数が多いのでびっくり。よほど味に自信があるのかな?

店に入ってメニューを見渡す。メニューの種類も豊富で夜の居酒屋風メニューもある。

004_3

まずは生ビールと枝豆を注文。茹で上げを出してくれるので少し時間がかかるが、これはこれでいい。で、うどんもオーダーがあってから茹で上げるお店だと思い、多少時間がかかるだろうという読みで早めに注文した。

その読みは大当たり!何と30分もかかってしまった。まぁ、出来立てを食べられるので多少の待ち時間はいいだろうが、30分はさすがに長過ぎる。

お店の入りは席の4分の一ぐらいだったのだが、厨房が一人だけで切り盛りしていたようで、運営の課題はありそうだ!?

私がオーダーしたのは、シンプルに「ひやかけ(500円)」である。大阪でも今年の夏あたりからブレイクした「ひやかけ」。いりこ出汁がきいて美味しかった。麺は店内の製麺機械で打たれたもので、その都度茹であげて出される。太くてコシが凄い!なかなかこれだけのコシのあるうどんを食べさせてくれるお店は少ないだろう?

006_2

007_3 コシが強いうどんが好きな人にはうれしいお店である。個人的にはコシはもう少しセーブして、モチモチ感があるほうが好きだが……。

「ひやかけ」にはなぜか「酢橘汁」と「ポン酢」が付いてきた、好みに応じてかけるようだが、興味があったので「酢橘汁」をかけてみた。これはこれでアリかな?

008_3

妻のほうは、「鱧天ぶっかけ(1,050円)」を頼む。鱧をぜいたくに使った天ぷらが乗せられている。私も鱧の天ぷら食べたが、当然揚げ立ての鱧で美味しかった。ぶっかけの出汁は妻いわく、少し甘めであったようである。

釜出しうどん こと平 谷町二丁目出張所
大阪市中央区谷町2-2-18 田中ビル
TEL 06-6944-1154
月~土11:00~22:30(麺切れ終了)
日曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/22

東大阪ランチ事情(中華系のお店)「二両半布施駅前店」と「ほうみん荒本」

東大阪ランチ事情は今回は中華系のお店2店を取り上げたい。

001_3 まずは、近鉄布施駅前にある「二両半布施駅前店」。こちらのお店はどうも京都の有名店「第一旭」の暖簾分けのお店らしい。

最初は別なお店に行く予定が場所がわからず、急遽行くことになったのだが、前々から焼き飯が美味しいと聞いていたので、これはこれでよかった。

私が頼んだのは、「焼き飯定食(880円)」。あとでわかったのだが、半ちゃん焼き飯定食(730円)というのもあったので、そちらにすればよかったと後悔。(^^;;

さすがに、最近は両方普通サイズは食べられなくなってきた。

004_3

ラーメンはこちら。ストレートなしょうゆ味で、ねぎとチャーシューがたっぷり。麺はストレートでスープとの相性もよかった。

002_4

こちらが、美味しいと聞いていた焼き飯である。焼き飯だが、基本は中華のチャーハンそのもの。余談ではあるが、チャーハン、焼き飯、ピラフの違いはこちらに書いたことがある

味はなかなかのもの。均一な味に仕上がっていた。

003_5

なお、こちらのお店は定食にはキムチかメンマが付いてきた。

二両半布施駅前店
東大阪市長堂1丁目2-14
TEL 06-6787-0102
11:00~翌5:00
無休

お次は、前に長田店を紹介したことがある「ほうみん」である。今回は本家(本店)の紹介である。

001_4

002_5 ランチに出かけて食べたのは、麻婆丼とネギラーメンのセットである。

ネギラーメンのほうは、もう少し白ネギが入っていると良かったが、澄んだスープが美味しいラーメンであった。

003_6

麻婆丼のほうは、少し甘さが感じられた。

CHINESE STYLE ほうみん
東大阪市荒本新町4-11
TEL 06-6788-8119
11:30~14:00(日祝L.O.15:00)
17:00~23:30(L.O.23:00)
火曜休(祝日の場合翌日)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/21

加賀市片山津ホテルアローレそばにひっそりとある隠れ家イタリアン「バリオ」はお勧め

加賀市片山津のホテルアローレの近くに、こんなお店があるとは知らなかった。

001

お店の人に伺うと、10月で丸3年になるそうだが、ひっそりと佇む、隠れ家的なイタリアンのお店である。このあたりは、あまり民家やお店などもなく、知っている人しか来ない場所である。

014

この場所に店を構えるのは、ちょっと勇気がいるかもしれない。

005

004 今日紹介するイタリアンのお店「バリオ」は、ご夫婦で自宅兼お店を切り盛りしている。
緑に囲まれていて、内部も温かみを感じる内装。暖炉もあったりしてゆったり落ち着いて食事が出来る空間となっている。

ランチは980円で5種類のパスタ&リゾットからチョイスできる。まず出されたのは、手づくりのソーダ。炭酸もほどよくさっぱり。

007

前菜で、生ハムとサラダ、それにパン。メニューではハートライス(ハート型のライス、他の人の紹介では雑穀米?)であったが、この日はパンであった。それにバターナイフは個々についていたが、肝心のバターが付いていなかった。(^^;;

008

さてメインのパスタである。私が頼んだのは「大根とアーリオオーリオのオイルパスタ」。アーリオオーリオとはイタリア語でニンニク。こちらのお店では能美市の無臭にんにくを使用しているので、においの気になる人にとってもうれしい。味的には上品なアーリオオーリオであった。

009

娘は「ベーコンと緑葉の生クリームパスタ」を頼み、

010

妻は「ボロネーゼをリゾットで…メディチ家風リゾット」。一口私も食べたが、なるほど!という味であった。

なお、こちらのお店では、プラス450円でスープとドルチェを付けることが出来る。

006

スープはジャガイモのと冷製ポタージュスープ。

013

ドルチェはこちら。

011

なお、ドリンクは私は「ゆずティー」を頼んだ。手作りだろうか?変わっていて美味しかった。

セットで980円は安いし、味的にも満足できる内容であった。お勧めのお店である。場所的には厳しいかもしれないが頑張って欲しいお店の一つだと思う。

バリオ
石川県加賀市柴山町ち100
TEL 0761-75-4600
11:30~14:30
18:00~21:00(L.O)
水曜・最終木曜日休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/09/20

京都の老舗めぐり、やはり京都のお店は違う!?「唐長」「市原平兵衛商店 」「有次」

9月三連休の中日である昨日、京都の老舗めぐりをしてきた。

帝国データバンクの調査によると、創業100年以上の長寿企業数は全国で2万2219社あるという。京都府には1030社あるという。200年以上となると3100社以上となる。その200年以上の老舗企業のみ加入が許されるエノキアン協会というのがフランスにある。

日本では4社(法師旅館、月桂冠、岡谷鋼機、赤福)。その中では私の地元、小松粟津温泉の法師旅館が718年創業でもっとも古い。

しかし、京都は奥が深いというか、そんな老舗が至るところにある。昨日はそんな創業300年以上経つ老舗を3軒訪れてきた。

まずは、寛永元年(1624年)創業の「唐長」。日本に現存する唯一の唐紙の老舗で、江戸時代から受け継がれた板木を使って、手作りで和紙に模様を写して作られている。

011

こちらは四条烏丸のお店で、妻が唐紙葉書を買い求めた。

001

その足で、「市原平兵衛商店」に向う。こちらのお店の創業は1764年。店内には400種類の箸が並んでいる。

009

本当はすす竹で作られている「みやこばし」を買いたかったけど、1膳5250円もしたので諦めて、こちらの六角箸を二膳買い求めた。

最後は、錦市場に向かい、そこにある有次へ。こちらのも1560年創業という老舗中の老舗。包丁など金物で有名でプロ御用達のお店である。

003

有次へ行った目的は、卸し金を買うこと。包丁も卸し金も買ったら名前をその場で彫ってくれる。(モザイクかけていますが)

004

いい物ができるまでには歴史が必要だということか……?

唐長 四条烏丸
京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620
TEL 075-353-5885

市原平兵衛商店
京都市下京区堺町通四条下ル
TEL 075-341-3831

有次
京都市中京区錦小路通御幸町西入ル
TEL 075-221-1091

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/19

タイ料理のランチ新梅田食堂街「タイ食堂 みうら屋」とご存知Coco壱のグリーンカレー

日本でもタイ料理も一般的になってきた感がある。

地方都市にもタイ料理のお店を食べさせてくれるところも多くなってきた。今日はランチで食べたタイ料理系のもの2つ書きたい。

007_2

まずは、新梅田食道街にある「タイ食堂 みうら屋」。お店の名前は日本的だが、意外にメディアなどで取り上げられているようだ。

夏の暑いさなか、ちょうど梅田に用事がありランチ時に到着。お店の前に張られていたメニューに「人気№1」と書かれていた「海老カレー」を食べてみようと入ったのだが、何と!仕込み中であった。

005_3

しばし思案の上オーダーしたのは、こちらの「トムヤムクンラーメン(900円)」である。ベトナムのフォーのようなお米の麺の、酸味のきいたスープ。ヘルシーである。本来スープ料理なのでラーメンという形態で食べるのは私も初体験である。

006_2

スープを一口。酸味の後に辛さが襲ってくる。麺はフォーをだいぶ太くした感じでクセがない。

ただ、野菜が意外に少なかった。それに値段の割には全体の量も男の私には物足りないかな?

みうら屋 タイ食堂
大阪市北区角田町9-25 新梅田食道街1F
TEL 06-6361-0081
11:30~23:00
無休

お次は、皆さんご存知の「CoCo壱番屋(ココイチ)」である。

私のブログでは「CoCo壱番屋」のカレーを取り上げるのは初めてである。

今回は、タイ料理という括りでの紹介なので、たまたま夏季限定メニューで「グリーンカレー(780円)」がメニューにあったので食べることにした。残念ながら設定期間は終了している。

Greencurry_001

こちらのグリーンカレーは酸味もほどほどに食べやすく、ココイチ風にアレンジした味になっていて、あまりグリーンカレーを食べない人でも食べられる味になっている。

野菜も豊富で、個人的には通年メニューにして欲しいほどであった。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/18

これから秋祭り本番「岸和田だんじり祭」9月祭礼と岸和田の見所

016 先ほどはビデオをアップしたが、今度は写真をアップしたいと思う。

秋祭りが全国で行われる季節になってきたが、日本人は祭り好きですな!?

その中でも「岸和田だんじり祭」は、有名な祭りの一つである。9月と10月の2回行われる珍しい形態のお祭りである。

015

「だんじり」は西日本の各地で祭礼に奉納される山車(だし)のことであるが、特に和泉・河内・摂津地域のだんじりは勇壮で、特にだんじりを方向転換させる「やりまわし」は見所である。

017

私もテレビでは何度か観たことがあったが、やはり生で観ると圧倒的な迫力である。明日が本宮。今日も多くの人で賑わっていたが、明日はもっと凄い人出だろう?

祭りを見学したあと、岸和田の街をしばし散策。

007

こちらは岸和田城。

011

だんじり会館は、岸和田のだんじり祭りを紹介するテーマ館である。私は昔一度行ったことがあるので、今回は2度目の訪問となった。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「岸和田だんじり祭り」初体験!近くで見ると迫力満点でした

今日から岸和田だんじり祭りが始まりました。午前中に出かけてきました。大勢の人が見学に来ていました。明日が本宮。今回動画をアップします。後ほど、画像もアップします。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/17

東京人形町ランチ事情、洋食「アントレ」とラーメン「げんまん人形町店」

東京出張時は必ずと言っていいほど、人形町~水天宮界隈でランチをとる。

R_002今回は人形町で食べたランチ編ということで、洋食とラーメン店を2店紹介したいと思う。

まずは、人形町交差点の北東の角に程近い場所にある洋食屋さん「アントレ」である。入り口もメルヘンチックな小さなお店で、一見ビストロ風な趣である。

ランチは日替りメニューで、曜日によってメニューが変わる。私が行ったのは火曜日だったので、この日はハンバーグであった。

001_2

こちらがそうであるが、ソースがトマトケチャップベースの酸味のきいたものであった。キャベツとポテト、トマトのサラダ、それにコンソメ味のカップスープも付いていた。

ハンバーグもそうだが、いい意味の家庭の味であった。

アントレ
東京都中央区日本橋人形町2-6-6
TEL 03-3669-3080
11:00~13:20(L.O.)
18:00~23:00(L.O.22:00)
土日祝日

002_3お次に紹介するのは、同じく人形町の南西の交差点にある「げんまん 人形町店」である。この場所は、前はカレー屋さんだった気がするが?いつの間に変わったのかな?

こちらは京橋にある「ど・みそ」が、フードジャーナリストのはんつ遠藤さんプロデュースのもと作ったお店である。京橋の「ど・みそ」には私も行ったことがないが、行列ができる人気店らしい?

ここは、大阪でTVを観ていたらちょうど朝ラー(朝食ラーメンのこと)の特集があって、そちらで紹介されていた。(朝は違う店名だったような気がする)

券売機で食券を買うのだが、一番左上に「一番人気」と書かれていた「特みそこってりらーめん(900円)」を注文してみた。900円はちと高い気がするが自信があるのだろう?

001_3

出されたのがこちら。大きな海苔とチャーシューが2枚。半熟卵が丸ごと一個。それにもやしとコーン。まさに札幌ラーメン風である。

まずは味噌のスープを一口。濃厚な味噌の味。麺も札幌ラーメンによくある太い縮れ麺であった。味噌味には適している。美味しい。でも、900円はちと高いかな?

げんまん 人形町店
東京都中央区日本橋人形町3-7-11
TEL 03-6661-9921
三福ビル1F
11:00~25:00
土11:00~21:00
日祝12:00~21:00
不定休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/15

金沢ひがし茶屋街「東山みずほ」でこだわりのご飯とおばんざい料理を愉しむ

金沢の観光地で人気の「ひがし茶屋街」も、しばらく行かないうちに新しいお店が色々出来ている。

先日紹介した「鮨 みつ川」も3ヶ月前に片町から引っ越してきたし、今日紹介する「東山みずほ」も昨年秋にオープンした新しいお店である。

040_2

037 両方とも、黒瓦に出格子のお茶屋さんの風情を生かした作りになっている。この「東山みずほ」も古民家をリノベーションしモダンな空間に生まれ変わらせている。

さて、「東山みずほ」はこだわりのご飯とおばんざい料理がウリのお店で、女性オーナーの川さんが、こだわりの酒と料理を出してくれる。「金沢小豆沢米」「二子山」「ミルキークイーン」といった希少な米を使って、注文を受けてから土鍋で炊きあげてくれる出来立て熱々なご飯。

この日は「鮨 みつ川」で鮨を堪能してきたあとだったが、すんなりと胃の中に消えていった。さて、食べたものを紹介したいと思う。

022

まずはおばんざいをいくつか。こちらは「おくもじ」で吹立菜(ふきたちな)を炊いたものである。お袋の味だな。

029

「大根の炊いたん」。ははは。金沢弁ですな!めちゃ味がしみて、懐かしさがこみ上げてくるほど美味しかった。

024

「5種野菜のきんぴら」と、

025

030 「大根の皮のきんぴら」は日本酒のつまみに最高!

「プルプルコラーゲンたっぷり手羽煮込み」と「肉じゃが」は私は食べなかった。

「錦おばちゃんの隠し技満載!ポテトサラダ」。

027

「七尾の墨入り丸干しイカ」。いや~、酒がすすむ肴ばかり。(^^;;

026

「白峰山下ミツ商店の堅豆腐ポン酢がけ」もいい感じ。

028

写真はないが「加賀太きゅうりのあんかけ」などを食べた。

酒もたらふく飲んで、そろそろ〆のご飯。ご飯のお供に頼んだのは、

031

「珠洲産町おこし漬物3種盛り(1,050円)」。こちらもいい漬け具合。

035

ご飯はどんな種類のお米か聞くのを忘れたが、1個150円もする卵の黄身だけを乗せて贅沢に食べる。しかしそんな贅沢が許されるご飯である。土鍋で炊いるのでおこげも出来ている。

032

お味噌汁は「生あおさの味噌汁(650円)」。金沢大野の味噌を使用しているようだ。

東山 みずほ
金沢市東山1-26-7
TEL 076-251-7666
火~金
18:00~22:00
土祝
11:30~14:30
18:00~22:00
日11:30~14:30
月・第2火曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/14

夏の熊本で食べたもの、郷土料理「城見櫓」と「すき焼 加茂川 」煮込みハンバーグ、「豊穂」うな丼

この夏、仕事で2度熊本に行く機会があった。今日はそのとき食べたものを紹介したい。

001_2

まずは、夜に行った熊本城のすぐそばの郷土料理のお店「城見櫓」である。熊本城の石垣が隣に見える。

この日は、昔からの知人と一緒に行ったので、積もる話がたくさんあり、写真は少しだけしか撮らなかったのでお許し願いたい。

003_2

まずは、お造りの盛り合わせ。関アジ活き造りがメインで、周りに色々なお造りが盛られている。

004_2

そして熊本名物といえば「馬刺し」である。見た目はマグロのようだが肉は肉。私は食べなかった。

005_2

あと、だし巻き玉子。

これ以外にも、明太子れんこん(辛子れんこんではない)など色々食べたが、どれも美味しかった。

002_2

飲んだ生ビールは熊本の地ビールである。

003_3

ちなみにこの写真は、こちらのお店で食べたわけではないが、お土産で買い求めた辛子れんこんである。

城見櫓
熊本市花畑町1-10熊本城長塀前
月~土11:30~13:30
17:00~23:00(L.O.21:50)
日祝11:30~13:30
17:00~22:00(L.O.21:30)
無休(年末年始休みあり)

この日のランチは、街の中にある「すき焼 加茂川」で食べた。

こちらのお店のメニューは当然肉がメインで、私が唯一食べられたメニューが「煮込みハンバーグ定食」である。

Photo

真夏の暑いさなかに煮込みハンバーグは辛かったかな??(^^;;

すき焼 加茂川 (すきやき かもがわ)
熊本市上通町2-6
TEL 096-354-2929
11:00~14:00 17:00~21:00
第1・3火曜日休

あと、もう一回のランチは上熊本の「豊穂」という寿司屋で食べた日替りで、この日がちょうど土用の丑の日だったこともあり「鰻丼」であった。

003_4

何と!600円という安さ!

002_3

残念ながら肝吸いではなく味噌汁であったが……。

豊穂
熊本市上熊本3-20-3
TEL 096-353-5782

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/12

天王寺のこってり系のラーメン「味冨久(みふく)あべの店」と「まんねん 心斎橋店」のピリカラ冷麺

今日は大阪のラーメン店を2軒紹介したいと思う。

008 仕事でもめったに阿倍野方面には行かないが、たまたま用事が出来て出かけてきた。

地理的には不案内で、ランチを食べようにもどこが美味しいのかもわからずにぶらり。すばらくしてHoopというファッションビルの横で見つけたのが「味冨久あべの店」というラーメン店である。

私が食べたのは「餃子セット(850円)」で、ちょっと大き目の餃子6個とライスが付いてくる。ラーメンはとんこつの329らぁめんか魚豚骨背油醤油らぁめんのどちらをチョイスできる。

007_2

私が選んだのは魚豚骨背油醤油らぁめんで、味的には、ちょっと濃い目の醤油とんこつというところだろうか?

005

餃子の味は、普通というか特徴がなかったかな?(^^;;

004

一緒に行った人が食べたのは「鶏唐揚チリマヨ丼セット」で、こちらが鶏唐揚チリマヨ丼。

006_2

ラーメンは、とんこつ味の「329らぁめん」のほうで、こちらも濃い味だったようである。

テーブルには「ガーリックチップ」と「イカ天かす」が置かれている。好きなだけトッピングできるのだが、なぜ「イカ天かす」なのかちょっと不思議だったが、モノは試しと入れてみた。

これはこれでアリかな?

そうそう!こちらのお店では学割があり、大盛・替え玉が無料なようだ!?

味冨久 アベノ店 
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-2-20
TEL 06-6626-6669
11:00~25:00
無休

001_3お次は「まんねん 心斎橋店」という人気のラーメン店である。ホテルトラスティ心斎橋の小路を挟んで隣にある。

前々から人気のお店だと知っていたが、心斎橋に近い立地にありながら日曜日が休みなので、これまで行けなかったのである。

ちょうど、妻の居ない7月の暑い土曜日の夜、会議を終えて帰宅後に思い出して行ってみた。

普通、初めてのラーメン店に行ったときは、一番ベーシックなラーメンを食べるのだが、この日は35度超えの暑さであったので、こちらのお店の唯一の冷麺で夏季限定の「ピリカラ冷麺(750円)」を注文することにした。

ちなみに2Fはダイニング席となっていて、鉄板鍋やしゃぶ鍋なども楽しめる。

004_2

そして、出されたのがこちら。ピリカラということであったが、それほど「辛い!」と驚くほどではなく、りんご酢の酸味でさわやかな味である。

麺は細い縮れ麺。具材には冷麺には珍しい小松菜が乗せられているのと、ピリカラということでキムチも乗せられていた。

まんねん 心斎橋店
大阪市中央区南船場3-6-4
TEL 06-6244-7022
11:30~26:00
日曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/11

大阪堺にある老舗の有名グルメ紹介「ちく満」のせいろそばと「かん袋」のくるみ餅

堺に行き、お昼に何を食べようと思案。結局行ったのは「ちく満」という蕎麦屋さん。

024_2

1695年創業の老舗で、場所は「千利休屋敷跡」のすぐそば。

こちらのお店はちょっと変わっていて、メニューは「せいろそば」のみ。蕎麦屋さんのメニューでよくある出し巻き、天ぷらなどは一切置いていない。

真夏の日曜日であったが、メニューはそれしかないので、せいろそばを注文。量が一斤と1.5斤を選べるが、ようは普通と大盛ということ。

019

名前のとおり、せいろで蒸された蕎麦を、タマゴを入れた濃い目の熱いダシにつけて食べるのだ。確かにあまり見かけない蕎麦だと思う。(本当は卵を割って入れて溶き玉子にしたあとでダシを注ぐのが正式らしい(^^;;)

021

個人的には、ノド越しで食べる蕎麦の風味を楽しみたい私としては、ちょっと?な蕎麦ではあったが、広い1階と2階がお昼時は満席になるほどの人気店で、1695年から続いているということも考えると美味しい蕎麦なのだろう?

022_2

蕎麦を食べ終わった後、「かまくら」とお店の人が呼ぶ蕎麦湯が運ばれていくる。この辺りはやはり蕎麦屋さんだな?と思う。

ちく満
堺市堺区宿院町西1-1-16
TEL 072-232-0093
10:30~21:00
月曜休

010_4

さて、お腹がふくれた後といえばデザート。「ちく満」の近くにある超有名なスイーツのお店「かん袋」。くるみ餅が有名で、堺の名物和菓子の一つである。

006_4

013_3「かん袋」も先ほどの「ちく満」以上の老舗で、何と!鎌倉時代末期、元徳元年(1329年)に和泉屋徳兵衛が和泉屋という商号で御餅司の店を開いたということである。その後、豊臣秀吉が「かん袋(紙袋)」にするよう名付け親となっている。凄いお店である。

くるみ餅は、名前からすると中に「胡桃」でも入っていそうだが、そうではなく、餅を餡くるんでいるところから名前が付けられている。持ち帰りが可能なので、お使い物などで頂いて食べることが可能。

007_4

しかし、店内でのみ食べられるのが、「氷くるみ餅」である。「氷くるみ餅」はくるみ餅の上にカキ氷がたっぷり盛られたもので夏に人気の品である。冬でも食べられるそうだが、やはり食べるなら夏である。

009_3

氷を食べると、くるみ餅が顔を出す。そんなに甘くない。甘いものをそんなに食べない私も、これなら何杯でもいけそうだ。

かん袋
堺市堺区新在家町東1-2-1
TEL 072-233-1218
10:00~17:00
火・水休(祝日の場合変更)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/09

博多駅前ランチ事情、野菜ソムリエのお店 「旬菜 agro」で野菜たっぷりのランチ

久しぶりの博多駅前ランチ事情シリーズです。

Agro_035

博多駅周辺も色々新しいお店が出来ているが、今回は野菜中心のメニューで女性に人気なお店「旬菜 agro」を紹介したい。「Agro」とは農業を表す言葉だそうで、場所は博多駅前3丁目。外観もお店の中も明るい雰囲気のお店で、いわば「ロハス」なお店なのである。

ここは、この前日に「福岡no街」のfukuさんたちとの飲み会に向うとき、歩いていて見つけたのだが、外観がなにげに良さそうな感じがしたので、ランチに行こうを思ったお店である。

Agro_036 平日のランチ時にお邪魔したが、お店は意外に広く、カウンターとテーブルで20名ほどは入れる広さである。

ランチメニューは日替りの定食が基本だが、夏限定の冷やしサラダラーメンなんてのもあった。看板には「野菜が200g以上食べれる日替わりランチ」と書かれていたので、ヘルシー系のお店では当然そのようなメニューを!ということで、私は日替り定食(800円)を注文した。

この日は魚フライがメイン料理で、サブで野菜の煮物とアジ南蛮&鰻とキュウリの酢の物であった。(この前の日は肉系のおかずも出ていた)

Agro_034

ご飯も雑穀が入ったものであったし、味噌汁も野菜の具がたっぷり。看板に偽りナシであった。当日も女性客が多かったが、納得である。

Agro_033

健康志向が強まる昨今。これからはこの手のお店が増えてくるのかもしれない?

菜 Agro
福岡市博多区博多駅前3-14-22
TEL 092-404-3771
平日
ランチ11:30~14:00 (L.O.13:30)
ディナー18:00~00:00 (L.O.23:30)
土曜日はディナーのみ営業
日祝休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/06

新梅田食道街にあるカウンターだけのカレー専門店「カレーショップ MASARA」

大阪梅田は、ご存知関西一のターミナルである。JR・阪急・阪神が集まり多くの乗降客で賑わう。

このように多くの人で賑わう場所には、当然のごとく飲食店が集まる。だが、場所代が高いので比較的資金力があるチェーン店などが多い。大阪梅田の大きなビルや地下街などはそうなっているが、大阪駅前ビルや新梅田食道街などは、本当に安く食事を済ませることが出来るお店が目白押しなのである。

私も出張時や買い物のときに梅田をよく利用するが、チェーン展開しているお店よりは気軽に入れる地元のお店を選んで入ることが多い。

Masara_007

今日は、そんなお店の一つ、新梅田食道街にある「カレーショップ MASARA」を紹介したいと思う。「カレーショップ MASARA」の特徴は、欧風カレーだが和風な感じがすることだろうか?

今回は京都へ行く前に腹ごしらえをするときに入ったのだが、夕方だったためにまだお客は居なかった。お店はカウンター10席ほどの小さなお店。女性一人で切り盛りしていた。
メニューは基本のマサラカレー(ビーフカレー)をベースに、カツやエビフライ、コロッケなどトッピングの違いがあるのみなので、味的には一種類ということになる。ちなみにフォアグラステーキカレーなんてのもあった。

Masara_006

私が頼んだのは、こちらのソーセージカレー(700円)である。

まずは一口食べる。大阪のカレーで多い、最初甘く感じてあとで辛さがくるタイプではなく、ストレートに辛さがくる。でも、そんなに辛いカレーではなく、どちらかといえば中辛。でもスパイシーなカレーでもあった。

メニューにサラダもあればよかったかな?

カレーショップ MASARA
大阪市北区角田町9-16
新梅田食道街
TEL 06-6312-9182
12:00~23:00(L.O.22:45)
不定休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/05

靱公園横のイタリアンリストランテ「ローザネーラ (ROSANERA)」の人気の秘密

イタリア料理のお店には時々出かけるが、なかなかリストランテには行くことが出来ない。

トラットリアやピッツァリア、バールは手頃な値段で楽しめるが、何だかんだ言っても、リストランテになると値段も高くなるからだ。

そんなリストランテであるが、今日紹介する「ローザネーラ(黒い薔薇という意味)」は、過去に2度ほど予約を入れるも満席ということで断られたことがある。

001

「ローザネーラ」の有藤シェフはマーブル・トレを経て2007年に独立した。

予約を入れて行きカウンター席に座る。オープンキッチンなので、料理を作るのを見ながら楽しめる。厨房には5名。フロアにも同数ほどスタッフを抱える大きなお店である。ソムリエも居るし、パンも自家製。スタッフの会話はイタリア語という本格的なレストランテである。

002

飲み物はソムリエに今日の料理にあわせて出してもらったのが、こちらのワイン「ガビ」。そのあと、グラスで赤を頼んだ。それだけ美味しい料理だったということ。

004_2

フォカッチャも美味しかった。

料理はコースを頼むことにしたが、「ローザネーラ」ではコースは5,000円から千円刻みで頼むことが出来る。基本は前菜3皿、パスタ2皿、メイン、ドルチェだそうで、価格の違いは素材の違い(もちろん、素材によって料理は違う)らしい。

私たちは今回一番ベーシックなコースを頼むんだが、これで十分満足できる内容であった。

003_2

まず出されたのは、「トマトと山陰沖で獲れた赤いかをジェノバソースで」。赤いかが甘かった。

005_2

2皿目は「サンマの酢漬け、茄子のマリネ、淡路産玉ねぎのフリットのせ」。行ったのが7月最終日だったのだが、この時期のサンマとしては脂が乗ってとても美味しかった。

006_2

3皿目は「タコと野菜のグリル、バーニャソース」で、タコの弾力があるがちょうどいい噛み具合がよかった。野菜もグリルすることで、甘みと旨みが引き立つ感じだ。

007_2

そしてパスタに移る。1皿目は「夏野菜のトマトソースのスパゲッティ(フェデリーニのように少し細かった)」。いい感じでした。

008

2皿目はオリキエッテだが、ソースは聞いたが忘れてしまった。(^^;;

どちらのパスタも、ワインによく合う味になっていた。

010_2

そしてメインは富山産のコチを使ったもの。こちらもソースの種類は忘れてしまった。でも美味しかったです。

011_2

最後のドルチェはティラミスと、バニラアイスだったかな?(^^;;

最近、料理の説明を聞いても忘れることが多くなった。

サービス、料理のクオリティ、ワインの品揃え、そしてコストパフォーマンスも含めて満足の行くお店であった。人気の秘密の一端が垣間見えた気がする。

ローザネーラ (ROSANERA)
大阪市西区京町堀1-8-11
ラクメンビル1F2F
TEL 06-6445-9615
18:00~23:00(L.O)
土日12:00~14:30(L.O)
18:00~21:30(L.O)
月曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/04

世界遺産高野山は凛とした空気の中、スピリチュアルを感じる場でした

今日一日、弘法大師(空海)が今から約1200年前に開山した高野山を散策してきた。

高野山は標高900m。でも暑かった。(^^;;そんな中、だいぶ歩いた。

017

平成16年(2004)7月に「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録。その中心が高野山真言宗の総本山、金剛峯寺(こんごうぶじ)。

025

修行の場が「壇上伽藍」と呼ばれるところで、こちらは金堂。

021

東塔と赤いほうは根本大塔。

008

006 高野山の一番奥に弘法大師廟が祀られている。弘法大師は835年に即身仏として定入したといわれており、いまも生きているという言い伝えがある。

30万ほどの大名や著名人などの墓標があり、こちらは加賀藩2代藩主、前田利長の墓。
さすがに、空気が凛として身が引き締まりました。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/03

片町から東山に移転した「鮨 みつ川」は、金沢の鮨屋としていい変化してました

前に私のブログで紹介したときから、早5年経ってしまった。月日が経つのは早いものである。

そのときは「銀座久兵衛」で修業したということで、江戸前の鮨が金沢で食べられるという紹介であった。前は片町にお店があったのだが、3ヶ月前に東山に移転したと聞いて、お盆に帰省した折り、とあるつながりの友人たちと一緒に行ってきた。

018 

003 片町のお店はとても狭いお店で、特にトイレは芸術的に狭かった。今回は移転にあたっては、さぞや広いお店になったのかな?と思って出かけてのだが、席数は1席増えただけのカウンター8席のお店である。

まぁ、ご夫婦二人で切り盛りするのは、このぐらいがいいのかもしれない。そうそう!トイレは前のお店と比べると格段に広くいい空間になっている。ちなみに片町のお店は天ぷら屋さんがあとを引き継いでいるそうである。

001

ますは生ビールと枝豆。このあと酒の肴が続く。

002

お刺身。赤西貝も久しぶりである。

004

こちらは「幽庵焼き(ゆうあんやき)」である。幽庵焼き」とはWikipediaによると、醤油、酒、味醂を1:1:1であわせ、ユズの輪切りを加えてつくった漬けダレである『ゆうあん地』に数日間漬けこみ、汁気を切った後に焼き上げたもの。汁気を切って蒸すと幽庵蒸しとなる。」とある魚はサンマ?カマス?忘れてしまった。(^^;;

005

イカゲソをさっぱりと食べさせてくれました。

006

アワビの肝を酢の物で。

これから握りに入る。ただ今回久しぶりのメンバーとの会食で会話が進み。どんな魚だったか覚えがまったくナシ。特に白身系はわからない。(^^;;

007

最初はナメラ(アイナメ)?

008

こちらも不明。みつ川では醤油をつけて食べることはない。そのまま食べる。

009

イカは大葉を挟んで細かく刻み、酢橘を絞って食べさせてくれる。

010

甘海老は甘みがあって美味しかった。

011

バイ貝はあら塩でさっぱりと。

012 

ヅケはいい感じで味がしみていた。

013

コハダは、〆具合がとてもよかった。

014

ハマグリ。このあたりは江戸前の本領発揮。ツメもそんなに甘くなく貝の味を引き出していた。

015

穴子は、塩と柚子皮を軽くかけて。脂の乗った穴子の旨みを引き出していた。この穴子は小松弥助志の助の穴子に似ていないでもない。

017

そして最後は、巻物でノドグロ。炙って旨みを最大限出したノドグロが海苔に負けない味である。この巻物のみ醤油をつけて食べる。

5年前より明らかに握りが変化している。前はギンギンの江戸前の鮨だったが、この日食べたときは、金沢の鮨の趣がにじんできたように感じた。そのあたりをご主人にお聞きしたら、やはり当時からは色々変化させてきているようである。

久しぶりに美味しいお鮨を食べることが出来て幸せであった。

鮨 みつ川 (みつかわ)
金沢市東山1-16-2
TEL 076-253-5005
12:00~14:00
17:30~23:00(要確認)
水曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2010/09/02

船場センタービルランチ事情「讃岐うどん編」4号館「めん棒」のひやひやと「さぬき家」のぶっかけ

船場センタービルにも何店かのうどん屋さんがある。その中でも讃岐うどんのお店も意外に多い。

船場センタービルの讃岐うどんのお店については、9号館のお店は過去に紹介したことがある。船場センタービルには2,3,4号館にもグルメ街があって、讃岐うどんのお店がいくつかあるようである。

003_2

まず紹介するのは4号館にある「めん棒」というお店。ここは香川県の讃岐うどんのセルフ式うどん店のようになっている。まずは、うどんを注文し、その後で天ぷらなどのトッピングを選び、最後に勘定支払を済ます流れ作業となっている。

001_2

私は「ひやひや中(300円)」を頼み、天ぷらは野菜かき揚を取った。

002

まずツユを一口。少し塩辛い。イリコ出汁ではないようだ。暖かいツユを冷たくしたものか?麺は歯応え抜群の麺であるが、これは好き嫌いが分かれるかもしれない?

めん棒
大阪市中央区船場中央2-1
船場センタービル4号館地下2階B206号
TEL 06-6261-9557
11:00~21:00
土11:00~15:00(麺ぎれまで)
日祝休

お次は、だいぶ前にも「八宝うどん」といううどんを一度紹介したことがある2号館にある「さぬき家」である。

007

いまは、讃岐うどんよりヘレカツ丼のほうが有名になった感がある「さぬき屋」だが、夜もうどん屋というより居酒屋風になる。

この日は、夏真っ只中だったのでぶっかけうどんを注文した。

006

「八宝うどん」のときは、讃岐うどんというより、どちらかというと大阪うどんのような感じであったが、今回はしっかりとコシのあるうどんであった。ダシが少し醤油がたっていた感もある。

温泉たまごが付けられていて700円であった。

さぬき家
大阪市中央区船場中央1-3-2
船場センタービル2号館B2
TEL 06-6622-9266
11:00~15:00
17:00~22:00
日祝休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »