« アサヒビール発祥の地「アサヒビール吹田工場」で出来立ての生ビール | トップページ | 北新地の割烹日本料理「料理人・慶喜」が出した2号店「宝来 慶喜」の天ぷらランチ »

2010/08/16

讃岐うどんの本場高松「うどん家 五右衛門」の黒カレーうどん

高松市といえば、雨が少ないことで知られているが、なぜか市内の中心にはアーケードが多い。調べてみると総延長が2.7kmあり、総延長では日本一の長さを誇るそうである。

010こちらは、高松中央商店街のドームであるが、私も行ったことがあるイタリアのミラノの「ガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレ2世」にそっくりである。こちらも調べたところ、やはりモデルはそうであった。

でも、考えてみれば、私の故郷石川だと「弁当忘れても傘忘れるな!」の土地柄なので傘を持っている確率が高いが、傘を持つ習慣がない高松では、突然の雨に対する備えがないので逆にいいかもしれない。

008今年の梅雨真っ最中に高松に行ったとき、雨模様のため、そのアーケード沿いに移動して行ったのが「うどん家 五右衛門」である。

高松でうどんを何度も食べたことがあるが、カレーうどんは食べたことがなかった。やはりうどんそのものの味を楽しむにはカレーうどんでは難しいと思うからである。

今回、こちらの「うどん家 五右衛門」に行ったのは、黒カレーうどんを食べてみたかったからである。

飲み屋街にあるため、営業は夜しかやっていない。19:30ごろに行くと客は居なかった。イスに座って早々に「黒カレーうどん(800円)」を頼んだ。暑かったので冷たく締めたうどんにルウをかけてもらった。

009

出されたのがこちら。見た目は味噌ダレのうどんみたいな色だ。量も値段の割には少ない。まず、うどんをすする。カレーのコクはあるが辛さはそれほどでもない。

人気のカレーうどんだそうだが、800円という値段を考えると、こう少し個性というかサプライズがあってもいいかもしれない。

うどん家 五右衛門
高松市古馬場町13-15 
TEL 087-821-2711
18:00~27:00 
日祝休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« アサヒビール発祥の地「アサヒビール吹田工場」で出来立ての生ビール | トップページ | 北新地の割烹日本料理「料理人・慶喜」が出した2号店「宝来 慶喜」の天ぷらランチ »

四国のグルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/48913189

この記事へのトラックバック一覧です: 讃岐うどんの本場高松「うどん家 五右衛門」の黒カレーうどん:

« アサヒビール発祥の地「アサヒビール吹田工場」で出来立ての生ビール | トップページ | 北新地の割烹日本料理「料理人・慶喜」が出した2号店「宝来 慶喜」の天ぷらランチ »