« 櫛田神社そばのうどん居酒屋「博多 あかちょこべ」で飲んで食べた古式胚芽うどん | トップページ | 土用の丑の日の前日「江戸川 なんばウォーク店」で鰻を食べてきました »

2010/08/27

昔懐かしい香りのする神戸新開地の老舗洋食屋「グリル金プラ」のAランチ

003 洋食屋さんというのは、昔からやっていて年季を重ねているお店が多い。

また神戸は、なんとなく「洋食」という文字の響きが似合う街だと思う。今日は、そんな神戸にある老舗の洋食のお店「グリル金プラ」を紹介したいと思う。

「グリル金プラ」という店名が珍しいが、ほかの人のブログに書かれていた由来を見ると、昔「金プラ」というのは 玉子の黄身だけで揚げたエビ天ぷらのことをいうのだそうで、こちらのお店がもともとは天ぷら専門店で、そのまま店名にしたということであった。

さて、夏の暑い一日。お昼1時過ぎに「グリル金プラ」に到着した。1階のカウンター席に先客は居なかった。

メニューをざっと見渡す。壁にサービスランチのことが書かれていた。エビフライとコロッケ、ライス、スープが付いて800円ということで気にはなったが、Aランチ(1,000円)を注文した。ちなみにこちらのお店は「ハイシライス」と呼ばれるハヤシライスが有名らしい。

ミンチカツ、魚フライ、ハムが2枚、サラダが付いてくる。ミンチカツ、魚フライは注文を受けてから揚げていたので出来るまで少し時間がかかった。フライヤーのそばにはコロッケらしき揚げ物が置かれていたので、ランチ時の忙しい時間帯は、注文の多いサービスランチは作り置きをしているのかもしれない?

001

そして出てきたのが、こちら。ミンチカツがデカイ!魚フライもいい感じで揚がっている。でかいミンチカツのおかげで見えないが、マカロニサラダと、キャベツは千切りではなく一旦湯掻いたものであった。メインのミンチカツはジューシー。

ボリュームもたっぷりなので男性向きかな?でも、サービスランチに付いているスープが付いていなかったのがちょっと残念であった。

グリル金プラ
神戸市兵庫区大開通1-1-16
TEL 078-575-4601 
11:30~20:20(L.O.20:10)
第1・3日と祝11:30~
第2・4・5日曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 櫛田神社そばのうどん居酒屋「博多 あかちょこべ」で飲んで食べた古式胚芽うどん | トップページ | 土用の丑の日の前日「江戸川 なんばウォーク店」で鰻を食べてきました »

関西(大阪・京都除く)のグルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/48974157

この記事へのトラックバック一覧です: 昔懐かしい香りのする神戸新開地の老舗洋食屋「グリル金プラ」のAランチ:

« 櫛田神社そばのうどん居酒屋「博多 あかちょこべ」で飲んで食べた古式胚芽うどん | トップページ | 土用の丑の日の前日「江戸川 なんばウォーク店」で鰻を食べてきました »