« 今晩は祇園祭の宵山でした | トップページ | 2010年祇園祭のハイライト「山鉾巡行」 »

2010/07/17

宮崎発祥のグルメ、宮崎市「おぐら」のチキン南蛮と宮崎空港「鮨処 わたつみ」レタス巻き

全国各地にご当地発祥のグルメが色々あると思うが、今日は宮崎発祥のグルメを二つ紹介したいと思う。

口蹄疫が再燃広がりを見せていた梅雨入り後の宮崎に出張があった。宮崎市民の生活には口蹄疫の影響もほとんど感じられない感じであったが、凄い雨のせいか、どことなく街が暗く感じた。

004

まずは、宮崎市内にある「おぐら」というお店。外観や内部はファミリーレストランそのものである。連れていってくれた人によると、宮崎でも老舗のファミリーレストランで、意外に人気のレストランだそうだ!?

003_3

ここはチキン南蛮発祥の店ともいわれており、こちらが、その「チキン南蛮」である。

002_2

宮崎といえば「地鶏」が有名で、こちらのお店では鳥のむね肉を使って揚げ、甘酸っぱいタレに漬け込んだ後、さらにタルタルソースをかけて出される。

私は当然食べなかったが、見ているだけでお腹がいっぱいになりそうであった。

味のおぐらチェーン おぐら 瀬頭店 
TEL 0985-23-5301
宮崎市瀬頭2丁目2-23 
11:00~22:00(L.O.21:30)
元日休

お次は、帰りの宮崎空港での待ち時間に、空港内にあったお鮨屋「わたつみ」である。

008

こちらで食べたのは、私も全然知らなかったのだが、宮崎が発祥の「レタス巻き」である。ものは試しとばかりに入ってみることにした。

005_2

入って、まずはビール頼む。ビールは宮崎の「綾の地ビール」である。こちらは雲海酒造が造っているもので、ケルシュタイプのビールである。

006_2

そして、刺身の盛り合わせを食べながら焼酎を一杯追加。その後、「レタス巻き」を頼もうと思ったのだが、品書きを見たら「ネギトロイクラ巻」も美味しそうだったので、それらが入った盛り合わせ(800円)を注文することにした。

007

こちらがそうであるが、右下の3つがそうでる。海老とレタスのみをマヨネーズであえて巻いてある。由来をお店の人に聞くと、40年ほど昔に、作曲家の平尾昌晃氏の野菜嫌いを治すために、宮崎市内の平寿司の先代が考案したということであった。もちろん、40年ほど前だと、まだカリフォルニアロールも存在していなかったであろう?

海老のプリプリ感、レタスのシャキシャキ感もよく、まずまずの味である。

そうそう!「ネギトロイクラ巻」のほうも美味しかった。ネギトロとイクラの醤油漬けがを一緒に巻いているのだが、酒のつまみとして食べてもいい感じであった。

鮨処 わたつみ
宮崎市赤江 宮崎空港内3階
TEL 0985-51-5111

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 今晩は祇園祭の宵山でした | トップページ | 2010年祇園祭のハイライト「山鉾巡行」 »

九州(福岡除く)のグルメ」カテゴリの記事

コメント

どれもおいしそうですね。
出張や旅行など全国各地に行ってらっしゃるあさぴーさんに刺激され、私も旅行がしたくなりました。
来月は、義父母と四人で息子が住む長野へ行く予定ですが、暑いときは涼しい所へ、寒いときは暖かい所へ、というのが信条の私としては、今は北海道の礼文島にあこがれています。
北海道は何回か行きましたが、礼文島には行ったことがありません。
旅はいろいろと準備をしている時も楽しいもの・・・。
今年は無理でも、近いうちにぜひ行こうと思います。

投稿: クローバー | 2010/07/18 08:35

クローバーさん
こんにちは。
なかなか優雅ですね!?
でも、暑い夏はやはり涼しいところがいいです。(^^;;
北海道は私も何度も行ったことがありますが、礼文島は未体験です。
いつ行けることやら……?(^^;;

投稿: あさぴー | 2010/07/18 09:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/48678936

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎発祥のグルメ、宮崎市「おぐら」のチキン南蛮と宮崎空港「鮨処 わたつみ」レタス巻き:

« 今晩は祇園祭の宵山でした | トップページ | 2010年祇園祭のハイライト「山鉾巡行」 »