« 有馬温泉の文化人も愛した老舗旅館「陶泉 御所坊」で日帰り入浴&ランチ「餐房 閑」 | トップページ | 高松市の讃岐うどん「あたりや」は宮武うどんゆずりの本場の「ひやひや」でした »

2010/06/20

大阪松屋町筋の超人気店「讃岐うどん 白庵(びゃくあん)」のひやひや

讃岐の有名店「宮武うどん」の名物であるひやひやうどんを食べさせてくれるお店が、今日紹介する「讃岐うどん 白庵」である。

014_2 残念ながら、宮武うどんの宮武一郎さんのお店は昨年閉店しているが、いまは別な方が、今年4月に高松市内に新生「宮武うどん」をオープンさせている。私も今度行ってこようと思っている。

さて、「讃岐うどん 白庵」は、大阪でも多い讃岐系のうどん屋さんによくある生醤油や、ぶっかけをウリにしているところではなく、先ほども書いたが、冷たく〆たうどんに冷たいかけダシ、もしくは冷たいうどんに熱いかけダシにつけて食べるうどんをウリにしている。前者は見た目は普通の素うどんのような感じで、後者はつけ麺タイプである。

013_2

日曜日のお昼、12時ちょうどにお店に到着。5~6組ほど順番待ちで15分ほど待ってお店に入ることが出来た。

私が頼んだのは、もちろん「ひやひや」の天ぷらセット(950円)。魚系のダシは冷たくすると生臭さが出るそうだが、こちらのお店では香川の伊吹島で獲れたイリコを使っており、その生臭さをうまく押さえている。

006_3

最初に一口、ツユだけを飲むと、まさにその感じで、旨みだけが口の中に広がる。これはなかなか美味しい。

その後、薬味を入れて麺を食べるが、この麺も弾力のあるしっかりとしたコシで、それでいて、ちょうどいいかたさで抵抗なく噛み切れる。

008

天ぷらも揚げ立てサクサク。讃岐の天ぷらの定番であるちくわ、半熟玉子、それい野菜類も盛りだくさん。あら塩で食べるもよし。麺を食べきったあとのツユにつけてもよしであった。

009

妻のほうは「豚ばら肉のひやあつカレー(900円)」である。こちらは、熱々のカレーのつけ汁に冷たいうどんをつけながら食べるタイプ。

010_2

私も一口食べたが、冷たい麺と熱々のカレーが合わさって、ちょうどいい温度になり食べやすかった。

さすが行列の出来るだけのことはある。色々賞をもらっていることもあり、お勧めできるお店だと思う。

讃岐うどん 白庵
大阪市中央区高津2-1-2
大越ビル1F
TEL 06-6213-1370
11:00~15:00,
17:30~21:30(L.O.21:00)
水曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 有馬温泉の文化人も愛した老舗旅館「陶泉 御所坊」で日帰り入浴&ランチ「餐房 閑」 | トップページ | 高松市の讃岐うどん「あたりや」は宮武うどんゆずりの本場の「ひやひや」でした »

大阪(うどん・そば)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/48375674

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪松屋町筋の超人気店「讃岐うどん 白庵(びゃくあん)」のひやひや:

« 有馬温泉の文化人も愛した老舗旅館「陶泉 御所坊」で日帰り入浴&ランチ「餐房 閑」 | トップページ | 高松市の讃岐うどん「あたりや」は宮武うどんゆずりの本場の「ひやひや」でした »