« 大阪駅前第3ビル地下一階「煮干しらーめん 三代目 玉五郎」は行列ができるお店 | トップページ | 有名店「せたが屋」の前島司さんの右腕が独立、学芸大「麺処 びぎ屋」のこだわりラーメン »

2010/06/02

東京駒沢「IL GiOTTO(イル・ジョット)」は手頃な値段で楽しめる人気のイタリアン

東京に行った折、妻の友人から前々からお勧めされていたお店「イル・ジョット」に行ってきた。

Il_giotto_018

駒沢公園の入り口のほぼ前に位置していて、駒澤大学駅から歩いて12分ほど歩くという若干不便な場所にあるが、週末にはいつも一杯になるお店だそうだ。

GWの真ん中だったからかもしれないが、当日予約を入れると18時から20時までだったらokということでラッキーであった。

シェフの高橋さんは、広尾のイルブッテロやイタリアのボローニャで修行された方である。ボローニャといえばボロネーゼを思い出すが、こちらではボローニャに多い肉系の料理だけではなく、魚介を使った日本人に合う味の料理を出してくれる。

オープンの18時少し前に入ったら、当然のごとく一番乗りであった。最初に「今日のメニュー」について説明してくれる。食前酒にイチゴのシャンパンカクテルをすすめられたが、一昨日に飲んだばかりだったのでパスして、白ワインのハーフボトルを頼んだ。

食べた料理は、まずはアンティパストとして「鮮魚のカルパッチョ」。

Il_giotto_020

今日の魚介は金目鯛とアオリイカ、それに有機野菜、ハーブなどを宝石のようにちりばめた一品で、さっぱりすっきり系の味で好感。野菜の味がしっかりと感じられる仕上がりであった。

Il_giotto_021

お次は温製のアンティパスト「ホワイトアスパラの4種類のチーズのオーブン焼き」。ちょうど旬のホワイトアスパラガスを使って、こちらはチーズの濃厚な味とバランスがいい。(ちなみに料理は一人前を二皿に取り分けたものである)

Il_giotto_022

プリモピアットのパスタは手打ちのものをオーダー。オリキエッテ(耳の形のショートパスタ)で季節のグリーン野菜のソース。12種類だったかの野菜を使っている。緑の野菜の濃厚だがクセのない仕上がりになっている。

Il_giotto_023

セコンドピアットは築地より直送された(といってもGWだったので市場は休みだったが)鮮魚を使ったアクアパッツァ。魚は一匹ものも色々チョイスできたが、私たちは黒ムツの切り身のアクアパッツァである。でもいいダシが出ていました。

以上で2時間経過。満席の客だったので料理が出てくるまでに少し時間がかかったが、赤と白のハーフボトルを飲んで2人で13,800円であった。このクオリティでこの値段は納得のお店である。

イル・ジョット (IL GiOTTO)
東京都世田谷区駒沢4-11-12
TEL 03-3412-2547
18:00~22:30
火曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 大阪駅前第3ビル地下一階「煮干しらーめん 三代目 玉五郎」は行列ができるお店 | トップページ | 有名店「せたが屋」の前島司さんの右腕が独立、学芸大「麺処 びぎ屋」のこだわりラーメン »

東京・横浜のグルメ(洋カテゴリー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/48278335

この記事へのトラックバック一覧です: 東京駒沢「IL GiOTTO(イル・ジョット)」は手頃な値段で楽しめる人気のイタリアン:

« 大阪駅前第3ビル地下一階「煮干しらーめん 三代目 玉五郎」は行列ができるお店 | トップページ | 有名店「せたが屋」の前島司さんの右腕が独立、学芸大「麺処 びぎ屋」のこだわりラーメン »