« 心斎橋のオーセンティックバー「bar BAROQUE(バー バロック)」でゆったりとしたひと時を過ごす | トップページ | 東京駒沢「IL GiOTTO(イル・ジョット)」は手頃な値段で楽しめる人気のイタリアン »

2010/05/30

大阪駅前第3ビル地下一階「煮干しらーめん 三代目 玉五郎」は行列ができるお店

煮干ラーメンは大阪が発祥なのだろうか?

煮干ラーメンのネーミングは前から聞いていたが、どこのお店が発祥なのかわからない。
さて、話は変わるが、全国各地、駅前ビルといえば飲食店もどちらかといえば、比較的大きな会社のチェーン店系のイメージがある。不特定多数が利用する駅のそばという立地なので賃料が高く資本力がそこそこないと経営が成り立たない側面があるのだろう?

しかし、大阪の駅前第1~4ビルの地下に入っている飲食店は、ディープなお店も多く、昔から入居している庶民的なお店が多い。

私もブログでも、大阪駅前ビルのお店は、過去にうどん屋さんやカレー、洋食などのお店を紹介してきたが、どこも手頃な値段で美味しいものを食べさせてくれるところが多かった。

002

今日紹介する「煮干しらーめん 三代目 玉五郎」も、大阪駅前第3ビル地下一階の目立たない場所にありながら、煮干系のスープが美味しいということで人気のお店である。

本店(つまり初代ということになるが)は天満にあり、二代目は黒門市場、そして三代目がここ、四代目は鶴橋に昨年オープンしている。

関西の味の決め手はダシ。そのダシは煮干が命と言っても過言ではない。ゆえに煮干ラーメンは関西のお袋の味というべきラーメンかもしれない。

「玉五郎」ではつけ麺もお勧めらしいが、ラーメン店での初回訪問は私は基本的にはベーシックなラーメン(メニューの最初に書かれている)を注文することにしている。

001

当然「煮干ラーメン(680円)」を注文して、出されたのがこちら。一見、味噌ラーメンのような感じであるが、においで煮干のダシを取っていることがすぐわかる。一応、とんこつとのダブルスープであるが、若干煮干のほうが味で勝っているため、あまり気にならない。バランスもいい。

麺は中太のちぢれ麺。札幌の小林製麺所製である。弾力があって美味しい。具は厚めに切られたチャーシュー、メンマ、ナルト、海苔。

にぼしらーめん 三代目 玉五郎
大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第三ビルB1
TEL 06-6345-2399
11:00~スープが無くなり次第終了
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 心斎橋のオーセンティックバー「bar BAROQUE(バー バロック)」でゆったりとしたひと時を過ごす | トップページ | 東京駒沢「IL GiOTTO(イル・ジョット)」は手頃な値段で楽しめる人気のイタリアン »

大阪(ラーメン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/48245504

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪駅前第3ビル地下一階「煮干しらーめん 三代目 玉五郎」は行列ができるお店:

« 心斎橋のオーセンティックバー「bar BAROQUE(バー バロック)」でゆったりとしたひと時を過ごす | トップページ | 東京駒沢「IL GiOTTO(イル・ジョット)」は手頃な値段で楽しめる人気のイタリアン »