« 予約が取れないイル ギオットーネの京都2号店「イル ギオットーネ クチネリーア」は大人のカジュアル | トップページ | 京都先斗町「酒亭 ばんから」で旬の魚と京野菜料理に舌鼓、そして美味しい日本酒にほろ酔い »

2010/05/18

アメリカ村のカレーのお店「MADRAS(マドラス) 心斎橋店」の味の基本はトマト・チキン・ビーフ

008_2 大阪は意外に多様なカレーの味を楽しめるところだと気がついた。

私もこれまでに色々なカレーのお店を紹介してきた。ただ大阪のカレーの特徴というか、味の傾向としては、最初甘みを感じて後から辛さが来るカレーが多いことである。

さて、今回紹介する「マドラス心斎橋店」は、アメリカ村の外れに位置し、若い人にも人気のお店である。

味の基本はトマト・チキン・ビーフの3種類。それにトッピングを組み合わせることにより多くの種類のカレーの味を楽しむことが出来る。

お店のフロントはカフェやバーの趣き。1階と地下がお店となっている。

私たちが行った日曜日のお昼にも多くの人が次々とやってくる。それにひっきりなしにかかってくる出前の電話。なかなか人気のお店なのだがわかる。

私が頼んだのは、トマトベースのカレーで、トマトとあうナスのカレー(1,080円)。こちらがそうであるが、デカイ皿に盛られたカレーが意外に量がある気きがする。これは場所柄?

005

一口食べる。見た目よりは後で辛さが襲ってくる。30種類のスパイスと4種類のフルーツで1週間かけて作られているそうで、手間ひまかけた分深みのあるカレーに仕上がっている。トマトの酸味とカレーの相性はいいので、どちらかといえばあとくちさっぱりな仕上がりである。

ライスは普通サイズであるが、意外に量が多かった気がする。

004

妻のほうは、チキンカレーベースの「ほうれん草と野菜(880円)」である。ライスは小盛(-100円)で減農薬栽培の玄米(+100円)に変更している。QIソルトを加えて圧力釜で炊いているようで、食べた妻によると、若干の塩味がしたようである。

003

そして、ランチセットとして150円追加で頼んだのが、こちらのミニサラダ。

多種類のカレーを楽しむことが出来るのでいいお店であった。

MADRAS(マドラス) 心斎橋店
大阪市中央区西心斎橋2-2-18
TEL 06-6213-0858
11:00~25:00
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 予約が取れないイル ギオットーネの京都2号店「イル ギオットーネ クチネリーア」は大人のカジュアル | トップページ | 京都先斗町「酒亭 ばんから」で旬の魚と京野菜料理に舌鼓、そして美味しい日本酒にほろ酔い »

大阪(カレー・洋食系)_」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/48154369

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ村のカレーのお店「MADRAS(マドラス) 心斎橋店」の味の基本はトマト・チキン・ビーフ:

« 予約が取れないイル ギオットーネの京都2号店「イル ギオットーネ クチネリーア」は大人のカジュアル | トップページ | 京都先斗町「酒亭 ばんから」で旬の魚と京野菜料理に舌鼓、そして美味しい日本酒にほろ酔い »