« 難波の割烹居酒屋「桃酔」はメニューの豊富さと手頃な値段で人気のお店 | トップページ | 大阪駅前第3ビル地下一階「煮干しらーめん 三代目 玉五郎」は行列ができるお店 »

2010/05/29

心斎橋のオーセンティックバー「bar BAROQUE(バー バロック)」でゆったりとしたひと時を過ごす

前回の「BAR ZAISON」に引き続いてミナミのバーの紹介である。

052今回は「bar BAROQUE(バー バロック)」というお店で、あまから手帖にも紹介されたことがあるのだが、スコッチウイスキーの種類も豊富で、あとショウガをウオッカに漬け込んだモスコミュールが飲めるということで、さっそく出かけてきた。

場所は、大丸心斎橋店から東へ、ちょうど御堂筋と堺筋の間くらいにある。

入り口から格調高いが、お店の中も落ち着いた空間で、ミナミの喧騒から逃れ、ゆったりとしたひと時を過ごすにはもってこいのお店である。

048 私たちは19時ごろお店に入ったが、早い時間なので客は居なく、オーナーバーテンダーの奥川悟史さんと、秋田出身の店員の方4人で、色々話をしながら楽しいひと時を過ごすことができた。

まずは、私は左の写真のように、ショウガをウオッカに3週間ほど漬け込んで作ったジンジャウォッカでつくる「モスコミュール」を頼み、

045

妻のほうはイチゴのシャンパンカクテルを頼んだ。

046

「モスコミュール」はショウガのピリッとした辛みがきいた飲みやすい仕上がりである。

049

二杯目は、私はジンベースのすっきりとしたロングカクテル。基本はジンリッキーだが、バラの香りのするジンで作っている。バーでは珍しい薄張りグラスで出してくれた。

050

妻のほうは、「サイドカー」というカクテルだが、ブランデーの代わりにカルバトスを使っている。カルバトスはシードルを蒸留して作った蒸留酒でる。強いカクテルで一口もらったが、私には強すぎるかな?

たまには、このような本格的なバーでゆっくりとグラスを傾けて飲むのもいい。

bar BAROQUE(バー バロック)
大阪市中央区東心斎橋1-14-14
 TKビル4F
TEL 06-6245-8609
18:00~28:00
不定休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 難波の割烹居酒屋「桃酔」はメニューの豊富さと手頃な値段で人気のお店 | トップページ | 大阪駅前第3ビル地下一階「煮干しらーめん 三代目 玉五郎」は行列ができるお店 »

大阪(バー・お酒)_」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/48245464

この記事へのトラックバック一覧です: 心斎橋のオーセンティックバー「bar BAROQUE(バー バロック)」でゆったりとしたひと時を過ごす:

« 難波の割烹居酒屋「桃酔」はメニューの豊富さと手頃な値段で人気のお店 | トップページ | 大阪駅前第3ビル地下一階「煮干しらーめん 三代目 玉五郎」は行列ができるお店 »