« 野菜にこだわりのお店「八百屋の飯屋 びわとも」のお昼の定食は上品なお味で女性に受ける | トップページ | 京都国立博物館の長谷川等伯展と京都文化博物館の八十山雅子・和代展観てきました »

2010/04/16

千日前の人気のお店「味津の」で腕を磨いたご主人が独立して作ったお店「お好み 吉田」

005 東心斎橋の繁華街。その中でも古いビルである「中正ビル」に看板も掲げずにひっそりと営業しているお店「お好み 吉田」。

千日前の人気のお店「味津の」で修行を積んでいるご主人が、こだわりの鉄板焼きとお好み焼きを食べさせてくれる人気のお店である。

ちょうど、その週の「魔法のレストラン」で、昨年放映した内容(ゲストはジローラモ ヘリョン たむらけんじ)を再編集してやっていたのを録画で観て、一度行ってみたいと思い、すぐに電話した。

人気のお店ではあるが、比較的日曜日が空いているようで、私たちが行ったときも当日の予約であったが大丈夫であった。

18時にお店に到着。ビルの前にお店の案内の看板など出ていないので最初戸惑ったが、TVで入り口のイメージがつかめていたので、ほどなく入ることが出来た。

「魔法のレストラン」で紹介されていたのは、「とん平(800円)」「お好み焼き(豚・じゃが・みんち)」「つけどろ焼きそば」の4種類。

とりあえず、それらを注文することにした。

しかし、まずはおつまみ。

006

こちらは、珍しい「なすキムチ」。キムチも漬物なので、ある意味、日本の漬物であるものはokなのだが、これまで食べた経験はない。

008

「厚揚げステーキ(450円)」も熱々でネギを乗せて食べる。これは日本酒、焼酎向きかな?

009

「カマンベールチーズ」もちょうどいい解け具合。当然のことながらワインに合う。

007

こちらは「シーフードの鉄板焼き、ガーリック添え(1,200円)」。なんにでも合いそうだな?

011

そして、「魔法のレストラン」でも紹介されていた「お好み焼き(豚・じゃが・みんち950円)」。具にジャガイモと味付けされたミンチ、そして少し厚切りの豚肉が入っている。ジャガイモとミンチの食感、味がいい。

013

こちらは「つけどろ焼きそば(850円)」で、ピリ辛のどろソースで作られた焼きそばを、すき焼きのように溶き卵につけて食べる。

014

これも美味しかった。

2人でハートランド一本と焼酎2杯とワイン2杯飲んで、締めて7,500円ほど。お腹一杯になって、この値段はお得でお勧めである。

お好み 吉田 
大阪市中央区東心斎橋1-8-22
中正ビル1F
TEL 06-6252-5009
17:00~23:30
火曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 野菜にこだわりのお店「八百屋の飯屋 びわとも」のお昼の定食は上品なお味で女性に受ける | トップページ | 京都国立博物館の長谷川等伯展と京都文化博物館の八十山雅子・和代展観てきました »

大阪(鉄板焼き・粉物)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/47880258

この記事へのトラックバック一覧です: 千日前の人気のお店「味津の」で腕を磨いたご主人が独立して作ったお店「お好み 吉田」:

« 野菜にこだわりのお店「八百屋の飯屋 びわとも」のお昼の定食は上品なお味で女性に受ける | トップページ | 京都国立博物館の長谷川等伯展と京都文化博物館の八十山雅子・和代展観てきました »