« 大阪での節分と「PIZZA SALVATORE CUOMO UMEDA」の宅配ピザ&パスタ | トップページ | 日本一ラーメンを食べた男、大崎 裕史氏もお勧めの品川「天華」のコショウそば »

2010/02/27

長堀橋の箸でいただく洋食「Restaurant SANGEN(サンゲン)」はお勧めです

大阪には老舗の洋食屋だけではなく、比較的新しいお店も多くある。

012

今日紹介する長堀橋から北西に一本入ったところにある「Restaurant SANGEN(サンゲン)」も、比較的新しいお店で、内装も一般的な洋食屋さんのイメージよりはシックで落ち着いた雰囲気である。感じは前に紹介したことがある「洋食Katsui」と同じような雰囲気である。

両店は場所的にも近くにあって、どちらも人気のお店ということで、いいライバルかもしれない。

行った日は休日のランチ。予約を入れずに行ったのだが、20分ほど待った。ここはオープンキッチンなので料理を作っている姿を見ながら食事を楽しめる。

私が頼んだのは、洋食屋さんらしいメニューである「ハンバーグとエビフライ(1,260円)」。お店の前のあった黒板のメニューの一番上に、この2つのメニューが書かれていたことを見てもお勧めのメニューだということがわかったからだ。

006

まずは、サラダが出される。

009

こちらはスープとライスかパン。スープはミネストローネスープ。味噌汁も選べるのがうれしい。

008

肝心のハンバーグとエビフライのほうだが、ハンバーグはお箸でも切れるほど柔らかい。半熟の目玉焼きが乗せられていて、黄身を崩して食べるとおいしい。セットメニューだと少し小さいハンバーグなので、若干物足りない気もするし、柔らかいハンバーグには好き嫌いもあるかもしれない?だが、こちらのお店はソース(デミグラス)が抜群に旨い。柔らかいハンバーグとの相性もいいと思う。

010

そしてエビフライは、とてもきめが細かなパン粉を使って揚げているので上品な食感である。付け合せの野菜も、単にソテーしているだけではなく、下処理をしている感じがした。

妻のほうは限定10食のレディースランチ(1,260円)を頼んだ。このランチは、美味しいものを少しずつ食べたいという女性の願望をかなえるために作られたのであろう?

007

この日は「ポークチャップ」「ほたて貝柱のカレー煮」「海老と海藻のサラダ」「カマンベールチーズとロースハム」「パプリカのクリータータ」「豚肉と白菜のロール」「アスパラとにんじんのマカロニサラダ」「ライスコロッケ」と、小さなミネストローネスープ、パン、デザートのイチゴ入りヨーグルトである。

嫁いわく、「ワインが飲みたくなってきた」。(^^;;

Restaurant SANGEN(サンゲン)
大阪市中央区南船場2-3-17
ヴェルデ南船場1F
TEL 06-6261-3338 
11:30?15:30(L.O.15:00)
17:30?23:00(L.O.22:00)
水,第2火曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 大阪での節分と「PIZZA SALVATORE CUOMO UMEDA」の宅配ピザ&パスタ | トップページ | 日本一ラーメンを食べた男、大崎 裕史氏もお勧めの品川「天華」のコショウそば »

大阪(カレー・洋食系)_」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/47540749

この記事へのトラックバック一覧です: 長堀橋の箸でいただく洋食「Restaurant SANGEN(サンゲン)」はお勧めです:

« 大阪での節分と「PIZZA SALVATORE CUOMO UMEDA」の宅配ピザ&パスタ | トップページ | 日本一ラーメンを食べた男、大崎 裕史氏もお勧めの品川「天華」のコショウそば »