« 新しくなった博多駅デイトス2F博多めん街道「博多新風」の新風麺はマー油がきいている | トップページ | 阿波座にある「とまとの里 信濃路」のとまとらーめん(宝天麺)はイタリアンなラーメンでした »

2010/02/02

池田市にある日清食品の「インスタントラーメン発明記念館」でオリジナルカップヌードル作り

日本で初めて(世界で初めて商業的に成功したインスタントラーメンでもある)チキンラーメンが出来たのが、1958年である。

私とほぼ同年代だが、同じころに出来たからかどうかはわからないが、私とインスタントラーメンとは切っては切られないほどの縁がある。学生のころ、受験勉強で家で夜食といえば、インスタントラーメンであった。非常にインスタントラーメンに対する思い入れは強いものがある。特にカップ麺の新作は相当チェックしてきた。(^^;;

大阪に住んで、「インスタントラーメン発明記念館」に行かない手はない!ということで年明けの連休中日に出かけてきた。

027

「インスタントラーメン発明記念館」は、世界で初めて商業的に成功したインスタントラーメンを発明した日清食品の創業者である安藤百福氏(大学の大先輩でもある)の業績を記念して作られた記念館である。

010

そのため、インスタントラーメンやカップヌードルの歴史や、安藤百福氏の業績などを体系だててみることが出来る。壁から天井にかけて日清食品の過去に作られたインスタントラーメン・カップヌードルなどが展示されているが、その数の多さに圧倒される。しかし、いまでも残っているのは何十分の一ほど??

館内見学そのものは20分ほどあれば見学することが出来る。そして、この「インスタントラーメン発明記念館」のウリが、スープの種類や各種トッピングを自分で選択してオリジナルカップヌードルが作れる「マイカップヌードル・ファクトリー」である。館内見学は無料だが、こちらは一個300円の有料となっている。

私たちが行ったのが3連休のど真ん中で、「マイカップヌードル・ファクトリー」の待ち時間が50分ほど(実際に作る時間も入れて)かかったが、カップヌードルがこのように作られているのを見て勉強になった。

019

カップに絵を描き、麺をカップに入れ、好みの具材をチョイス。最後にふたをしてシュリンクされて完成。

完成品がこちら。絵心がないので恥かしい。(^^;;

023

数日後、家で作って食べたが、具材が市販のカップヌードルより少し多めな気がした。

Photo

予約が必要だが「チキンラーメン手作り体験工房」のコーナーもあるので、大人から子供まで楽しめる施設になっていると思う。

インスタントラーメン発明記念館
池田市満寿美町 8-25
9:30~16:00
入館は15:30まで
火曜日休館(祝日の場合は翌日が休館)
年末年始

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 新しくなった博多駅デイトス2F博多めん街道「博多新風」の新風麺はマー油がきいている | トップページ | 阿波座にある「とまとの里 信濃路」のとまとらーめん(宝天麺)はイタリアンなラーメンでした »

大阪(ラーメン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/47263844

この記事へのトラックバック一覧です: 池田市にある日清食品の「インスタントラーメン発明記念館」でオリジナルカップヌードル作り:

« 新しくなった博多駅デイトス2F博多めん街道「博多新風」の新風麺はマー油がきいている | トップページ | 阿波座にある「とまとの里 信濃路」のとまとらーめん(宝天麺)はイタリアンなラーメンでした »