« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010/02/27

長堀橋の箸でいただく洋食「Restaurant SANGEN(サンゲン)」はお勧めです

大阪には老舗の洋食屋だけではなく、比較的新しいお店も多くある。

012

今日紹介する長堀橋から北西に一本入ったところにある「Restaurant SANGEN(サンゲン)」も、比較的新しいお店で、内装も一般的な洋食屋さんのイメージよりはシックで落ち着いた雰囲気である。感じは前に紹介したことがある「洋食Katsui」と同じような雰囲気である。

両店は場所的にも近くにあって、どちらも人気のお店ということで、いいライバルかもしれない。

行った日は休日のランチ。予約を入れずに行ったのだが、20分ほど待った。ここはオープンキッチンなので料理を作っている姿を見ながら食事を楽しめる。

私が頼んだのは、洋食屋さんらしいメニューである「ハンバーグとエビフライ(1,260円)」。お店の前のあった黒板のメニューの一番上に、この2つのメニューが書かれていたことを見てもお勧めのメニューだということがわかったからだ。

006

まずは、サラダが出される。

009

こちらはスープとライスかパン。スープはミネストローネスープ。味噌汁も選べるのがうれしい。

008

肝心のハンバーグとエビフライのほうだが、ハンバーグはお箸でも切れるほど柔らかい。半熟の目玉焼きが乗せられていて、黄身を崩して食べるとおいしい。セットメニューだと少し小さいハンバーグなので、若干物足りない気もするし、柔らかいハンバーグには好き嫌いもあるかもしれない?だが、こちらのお店はソース(デミグラス)が抜群に旨い。柔らかいハンバーグとの相性もいいと思う。

010

そしてエビフライは、とてもきめが細かなパン粉を使って揚げているので上品な食感である。付け合せの野菜も、単にソテーしているだけではなく、下処理をしている感じがした。

妻のほうは限定10食のレディースランチ(1,260円)を頼んだ。このランチは、美味しいものを少しずつ食べたいという女性の願望をかなえるために作られたのであろう?

007

この日は「ポークチャップ」「ほたて貝柱のカレー煮」「海老と海藻のサラダ」「カマンベールチーズとロースハム」「パプリカのクリータータ」「豚肉と白菜のロール」「アスパラとにんじんのマカロニサラダ」「ライスコロッケ」と、小さなミネストローネスープ、パン、デザートのイチゴ入りヨーグルトである。

嫁いわく、「ワインが飲みたくなってきた」。(^^;;

Restaurant SANGEN(サンゲン)
大阪市中央区南船場2-3-17
ヴェルデ南船場1F
TEL 06-6261-3338 
11:30?15:30(L.O.15:00)
17:30?23:00(L.O.22:00)
水,第2火曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/26

大阪での節分と「PIZZA SALVATORE CUOMO UMEDA」の宅配ピザ&パスタ

私のブログは基本的にはお店で食べたものを紹介するブログだが、たまには家で食べたものも紹介したいと思う。もっとも、妻の手料理の話題ではないが……。

まずは節分の日に妻が買ってきた恵方巻きと、イワシの話題。

006

私も数年前までは節分に恵方巻きを食べることなど、まったく知らなかった。ましてや、イワシを節分に食べるということなどもまったく知らなかった。

これは、邪気を払うためにイワシの頭を門に掛けたりする習慣に由来しているようだ。
柊(ヒイラギ)の針で鬼の目を刺し、イワシを焼く煙と匂いで邪気を追い払うということらしい。

001_4

ということで、節分の日、妻が「銀座久兵衛」の恵方巻きだと言って買ってきたもの。でも、どこを見ても「銀座久兵衛」の文字はない。(^^;;

003_3

お次は宅配ピザの話題である。

Salvatore_cuomo_001

サルバトーレ・クオモについては、名古屋のお店をだいぶ前に紹介したことがあるが、最近は宅配ピザもやっているということで試しにオーダーしてみることにした。

自宅に入れられていたチラシをみると、「宅配ピザ総合第一位受賞」の文字が書かれていた。その表紙に出ていた「冬の厳選セット」ということで、こちらのマルゲリータと、

Salvatore_cuomo_002

「紅ズワイガニとプリプリ海老のトマトクリーム」パスタがセットで、本来なら3,460円のところを2,980円で頼むことが出来るお得なセットであった。

Salvatore_cuomo_003

希望の時間ぴったりに宅配された。ただ、やはり冬に梅田からの宅配ということで熱々のピザやパスタを食べるというわけには行かなかったが、さすがサルバトーレ・クオモ、美味しくまとめてあった。

PIZZA SALVATORE CUOMO UMEDA
大阪府大阪市北区曽根崎2-3-5
梅新第一生命ビルディング1F
TEL 06-6312-2165
デリバリーTEL 06-6131-0271
Lunch11:00~15:30 (L.O.14:30)
Dinner17:00~23:00(L.O.22:30)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/24

難波千日前「ラーメン牡丹」はラーメンの種類が多くて色々な味が楽しめる

話題の映画「アバター」を観に行ったときに難波でランチを取ろうと入ったラーメン店「ラーメン牡丹」のことを紹介したいと思う。

しかし、大阪の映画館はどこも凄い人である。さすが大都会だけのことはある。「アバター」は一度観ようと思って出かけたが席が空いていなく涙を飲んだことがあった。

006_3 今回はリベンジで朝にチケットを取り、午後の上映にあわせて再度難波に出かける。今日は、そのときに食べた「ラーメン牡丹」について書きたいと思う。

場所は難波の「無印良品」の南、一筋入ったところにある。外観や内部は居酒屋のような感じである。

中に入ってメニューを見る。ラーメンは醤油・塩・味噌・カレーの4種類揃っている。何を食べようかしばし迷ったが、私は醤油、妻は塩を頼むことにした。そしてメンマラーメン(800円)にバージョンアップした上で、さらにサラダと半チャーハンが付くセット(Cセット+250円)にしてしまった。(^^;;

ラーメンには、カツラーメンやジャンクラーメンなど、変わったメニューもある。

002_2

まずは、チャーハンとサラダが出されたが、13時過ぎでも少し出てくるまでに時間がかかった。

004

さて味のほうだが、私の食べた醤油ラーメンは、スープそのものは肉系と魚介系のスープで無添加のさっぱりした味であったが、背脂が意外と多くかかっていて、こってり感もあった。ネギもたっぷり。またメンマラーメンだけあって、太目のシャキシャキメンマがたっぷり乗せられていて、こちらは美味しかった。

003_3

妻の食べた塩ラーメンのほうも、スープそのものはすっきりあっさりタイプだが、こちらも背脂がたっぷり。醤油にはなかった海苔も添えられていた。

005

半チャーハンは、味的には私好みの味付け。セットのサラダも入れて、これでお腹一杯になった。もっとも一人1,050円という値段であったので、満腹も当然かな?

ラーメン牡丹
大阪府大阪市中央区難波千日前13-5
TEL 06-6632-7776
11:30~24:00
水曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/23

梅田地下街、阪神とJR駅そばで便利なお店「ミンガス」のカレー

北陸へ出張などで行くときには大阪駅を利用する。

001_2 そのときに空腹を満たすために大阪駅近くで食べたり駅弁を買うことになるのだが、意外に、気に入ったお店が少ないのである。今日紹介する「ミンガス」は、そんな数少ないお店の一つかもしれない?

まずは、お店の前にある自販機で食券を買い中に入る。お店の中で働いている店員は全員が女性であった。

002

私が頼んだのは「野菜カレー(680円)」である。こちらがそうであるが、野菜は煮込んであるタイプではなく、素揚げしてある。たまにこのような形のお店もあるが、たまねぎがこれだけ多く入っているのは珍しいのではないだろうか?

たまねぎの他にはかぼちゃ、コーン、じゃがいも、ニンジン、いんげん、そして、これは野菜カレー以外にも付いてくるほうれん草がライスの上に乗せられている。

まぁ、たまねぎも野菜には変わりないのだが、さっと油通ししてあるだけなので、意外にたまねぎの辛味が鼻にツーンと来る。ちょっと困りものかもしれない?

カレーそのものの味は、中辛でとろみも中程度。こちらにもたまねぎがだいぶ使われている感じである。まぁ、駅そばのカレーとしては無難な味にまとめてあると思う。

003_2

カレーには「白菜のピクルス」が付いてくるが、こちらはカレーの辛さを中和してくれる味でよい。

カレーショップミンガス
大阪市北区梅田3丁目大阪駅前地下街7
TEL 06-6341-7433
月~土7:30~21:30
日祝日8:00~20:00
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/21

小松飴屋町の居酒屋「いもたこなんきん」はメニューの種類で変り種もあり楽しめる

013_2 今月小松に行ったときに会社の仲間と行ったお店「いもたこなんきん」を紹介したいと思う。

「いもたこなんきん」は昔、開店したころ1,2度行ったことがあるが、久しぶりの再訪である。「いもたこなんきん」とは変わったお店の名前だが、由来は、女性が大好きな食べ物が「いも・たこ・なんきん」だというところからだそうだ!?女性が好きなものがいも・たこ・なんきんだということは初めて聞いた、(^^;;

行ったのは2月の初旬。めちゃめちゃ寒い日の夜。お店には2階にグループ客が居たようだが、カウンターのあるところは私たちだけの貸しきり状態であった。

では、食べたものを紹介していきたい。ただすべて写真を撮っているわけではない。

007

まずはサラダ2種。「シーザーサラダ(580円)」と、

006

「ほうれん草バリバリサラダ(480円)」。

そして、このお店のウリのメニューである「ギョーザソーセージ(580円)」がこちら。

008

餃子の具を腸詰めしたもの。見た目はソーセージそのものであるが、見た目より柔らかい食感と、それに味も当然違う。餃子の具ということであったが、普段食べる餃子とも少し違う感じだ。皮がないからかな?

これはみんなも気に入ったようで、追加オーダーしていた。

009

こちらは、一見たこ焼きのようだが、これは「いもたこ焼き(550円)」で、お店の名前にちなんで、芋をすりおろしたものを焼いている。こちらも食感と味がたこ焼きとは違うので頭の中に若干の違和感が残る気もするが、味は良かった。

010

「お刺身盛り合わせ」は3人前を注文。たくさんの種類が盛られていた。

012

こちらは「魚介の串焼き」で、5種類が盛られていた。

011

あと、こちらのカニ足を使ったものなど色々食べたが、このあとは話に花が咲いて写真を撮り忘れている。(^^;;

いもたこなんきん
小松市飴屋町22 千六本ビル1F
電話 0761-21-8303
17:30~00:00(L.O.23:30)
日曜休(日月連休の場合は日営業月休業)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/20

船場ーセンタービル4号館「れすとらん山崎」でお手頃だがしっかりした洋食ランチを楽しむ

大阪のビジネス街である本町。その中で船場センタービルはちょうど南北を二つに分けるように東西4kmに渡ってそびえ立っている。

地下鉄中央線の本町から堺筋本町、ちょうど阪神高速環状線の東西間にまたがる形で存在している巨大なビルである。繊維関係の会社を中心に多くの会社が入っているので、お昼時はランチを食べる人も当然多い。そのためビルの中にはいくつもの飲食店が軒を並べている。

今日は、そんなお店の中で洋食のお店である「れすとらん山崎」を紹介したいと思う。場所は4号館のB2で、地下鉄堺筋本町駅のすぐそばである。10出口に直結している。

001

船場センタービルの飲食店は、どちらかといえば庶民的なお店が多いのだが、ここ「れすとらん山崎」は、店構えも洒落た感じで女性も入り易そうな雰囲気である。

004

行ったのは平日の仕事の合間で11時半ごろだったが、先客が4組ほどすでに居た。お店の前にメニュー、サンプルが並んでいるが、意外にメニューの種類が多い。定食系も11種類、それに日替りメニューもある。

私が頼んだのは日替り定食(880円)で、この日は「メンチカツとポテトグラタン」であった。

002

ご覧のように、おかずは洋食そのものだが、それ以外は和食系の趣である。まさに「日替り定食」の感じ。

003

ボリュームや内容的には880円とのつりあいは取れている。味のほうも、合格点ではないだろうか?特に炊き立てのご飯が美味しかった。

ちなみに、お昼の定食メニューの中では「豆腐のあっさりハンバーグと海老クリームコロッケ」が人気だそうだ!?今度はそれにするかな?

れすとらん山﨑
大阪市中央区船場中央2-1-4
船場センタービル4号館B219南通り
TEL 06-6261-8757
11:00~22:00
日祝休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/18

東大阪ランチ事情、丼・うどん編「お食事処 八千代」「麺・和心 源八」

今回は、久しぶりの東大阪のランチ事情です。

このことは何度も書く気がするが、東大阪(長田駅)近辺は、ランチ時に食べるところが少ない。そのためランチ時はどこのお店も行列が出来る。

私も事務所の近場ではランチの種類が偏ってしまうために、車でランチを食べに出かけることもある。今日は、比較的近くにある和食系のお店を紹介したいと思う。

001_2

まずは「お食事処 八千代」というお店。ここはお店自体大きく意外にすんなり入れることが多い。基本はうどん・そばのお店で、丼系との組み合わせメニューが豊富である。

002

私が頼んだのは、「鮭の親子丼」で小うどん、小鉢、漬物が付く。うどんは大阪うどん系でコシが少なくのど越しで食べるタイプである。味的には可もなく不可もなくというところかな?

お食事処 八千代
東大阪市長田東3-3-20
TEL 06-6745-4451

お次は東大阪市役所から東へ数分行ったところにある「麺・和心 源八」というお店。こちらは基本は讃岐うどんがベースのお店である。

お昼のランチはうどん(そば)と、丼もしくはご飯物の組み合わせメニューが豊富に揃っている。セットメニュー(定食)は700円程度。私がよく頼むのは、こちらの「木の葉丼定食」である。

003

うどんは讃岐うどんと看板に出ているが、どちらかといえば大阪うどんに近い感じで、そんなにコシがあるほうではないと思う。

麺・和心 源八
東大阪市横枕3-3
TEL 072-963-0268
11:30~14:00
17:00~22:30
祝日の昼、日曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/15

梅田ランチ事情、ホワイティ「卵と私」と大阪駅前第2ビルB2F「四国のさぬきうどん」

大阪梅田近辺のランチについて書きたいと思う。今回は卵料理のお店とうどんのお店である。

008_3

まずは、ホワイティ梅田にあるオムライス専門店「卵と私」。全国にチェーン展開しているお店である。

基本的には卵料理は好きである。オムライスも鶏肉が入っていなければいいのだが、普通のお店でオムライスを注文したら、必ず入っているの普段は注文することがない。その点、オムライス専門店の場合、色々な種類のオムライスがメニューに揃っているため、鶏肉が使われていないオムライスも選ぶことが出来るのでうれしい。

005_2

ということで私が頼んだのは「帆立と海老とモッツァレラチーズのトマトクリームオムライスドリア(1,030円)」である。意外に上品なお味でした。

004_4

妻のほうは「チーズインオムライスドリア、冬野菜のデミグラスソース(1,030円)」である。

003_5

レディースセット(200円)にしたので、スープとサラダ、飲み物が付いていた。

卵と私
大阪市北区小松原町梅田地下街4-7
ホワイティ梅田
TEL 06-6311-4800
11:00~21:30
不定休

お次はうどんのお店である。大阪駅前1~4のビルにはうどんのお店が数多く入っている。私のブログでもいくつか紹介したことがあるが、今回は第二ビルの地下二階にある「四国のさぬきうどん」というお店。

003

実は他のお店に行こうとしたら、土曜日お休みだったために、急遽入ったお店なのである。(^^;;

入ろうと思ったのは、お店の前に「魔法のレストラン」のシールが張られていたから。

入ってメニューを見ていたら店員が「一番のお勧めは鶏卵うどんです」と声をかけてきたので、さっそくそれを注文。こちらがその「鶏卵うどん(450円)」である。

001

まぁ、いわゆる卵あんかけうどんである。寒い日には体が温まるのでいい。

讃岐うどんを店名に入れているが、うどんそのものは讃岐うどんとは違ってコシがない。どちらかといえば大阪うどんに似ている感じだ。もっとも鶏卵うどんのようなうどんには、この方がいい感じもするが……?

手打ち麺のセルフ店
四国のさぬきうどん
大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビルB2
TEL 06-6345-4590
月~金11:00~22:00(L.O.21:30)
土11:00~17:00
日祝11:30~15:00

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/14

ミナミのたこ焼き2題、千日前「たこやき座」日本橋「えびす」

今日は久しぶりの粉物の話題。ミナミで食べたたこ焼きのお店2軒紹介したい。

まずは、前に紹介したことがあるたこ焼きの人気店「わかな」の真ん前にある千日前「たこやき座」である。

010

なんばグランド花月のすぐそばで人通りが多い場所にある。お店自体は1~3階まであり、お好み焼きや焼きそばも楽しめるお店だ。

私が頼んだのは6種類の味が楽しめる、欲張りな「たこ焼き三昧(780円)」。左上から「醤油」「ソースマヨネーズ」「ネギポン酢」。左下から「青海苔塩」「素焼き」「チーズ」である。

006

まずは素焼きから食べる。大きさの割には中が詰まっていない気もするが、出来立て熱々を頬張るのはいい。その後順番に食べていくが、青海苔塩とネギポン酢が好みであった。

たこやき座
大阪市中央区難波千日前12-2
TEL 06-6644-0086 
10:00~24:00
土日祝9:00~

お次はだいぶ前に、谷町六丁目から日本橋に歩いていて見つけたお店「えびす」である。
帰って調べてもあまりWebでの紹介がなかったが、カウンターとテーブル席も奥まであって、意外に大きいお店であった。

008_2

頼んだのは、醤油味。たこ焼き自体にも比較的味がついていたので、さっぱりとした醤油味のソースが合っていた。

007_2

う~ん、でも住所もわからない……?(^^;;

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/12

ここにもありましたヘルシーカレー、道頓堀「カレー&ワイン Cumin(クミン)」

前に紹介したことがある家の近くの「カレー屋本舗カサ・デューク」は小麦粉を使わないヘルシーカレーであった。

001_2

妻は気に入ってよく食べに行くのだが、今日紹介する「カレー&ワイン Cumin(クミン)」も小麦粉を使わずに、玉ねぎをじっくり炒めて、それに18種類のスパイスを加えて作るカレーである。

お店自体はランチタイムはカレー。夜はワイン中心のバールに変わるという。今回はお昼にお邪魔したので、カレーを楽しんできた。

004_3

ご覧のように、店内はカレー屋というよりはバールの雰囲気だが、これも悪くはない。

005

私たちが頼んだのは、こちら(写真上下)の「野菜煮込みカレー(850円)」と、

008

「こだわりカレー(780円)」である。(写真下)

007

野菜煮込みカレーは、カサ・デュークは後乗せであったが、こちらは煮込み。キャベツ・ニンジン、シメジが形が崩れない程度に煮込まれている。ライスはハーブが乗せられている。

味的には甘酸っぱさがあり辛みもほどほどでいい感じであった。カサ・デュークよりとろみがあった。

こだわりカレーは黒毛和牛を赤ワインで煮込んだものが二切れ乗せられている。こちらも辛いというより、旨みとコクを楽しむカレーであった。ライスの量は若干少な目である。

003_4

ちなみに、こちらのお店では、三種の薬味が付いてくる。マンゴーチャツネ、自家製ピクルス、オニオン。マンゴーチャツネは初体験でした。

カレー&ワイン Cumin(クミン)
大阪市中央区難波1-7-16 現代こいさんビル1F
TEL 06-6211-5593
カレー11:30~15:00(L.O.14:45)
バール17:00~23:30(L.O.23:00)
月曜(祝日の場合は翌日休)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/11

うどんの街で居酒屋ラーメン、高松ライオン通り「おりじん」の塩ラーメン

高松に夜着いて、定宿から夕飯を食べるお店を探して、高松の町をぶらぶら。

少し歩いて立ち止まったところがライオン通りにある「おりじん」という居酒屋。

001

高松に来ると、いつもお昼はうどんを食べるのだが、夜はやはり違ったものを食べたいと思い、「おりじん」の店の前に出ていた「ラーメン」の文字が気になり入ることにした。
平日の夜で先客が3組ほどいた。ご夫婦二人で切り盛りしている。

まずはビールを頼み、メニューを見渡す。だが「炭火炙り焼き」は肉系がほとんどで、結局頼んだのは、まずは「シーフードのニンニク醤油炒め」。

002_2

海老にホタテ、イカが、さっぱりとした感じで炒められている。酒のつまみにはよかった。

二品目に頼んだのは「自家製厚揚げ和風あんかけ」。しっかりとした食感のある厚揚げだが、あんかけなのでちょうどいい感じに仕上がっている。

003_3

そして最後には、このお店のウリであるラーメンを食べることにした。

004_2

醤油と塩、それにつけ麺の3種類があったが、私が頼んだのは塩ラーメン。こちらがそうであるが、もう少しさっぱり系のラーメンかと思ったら、意外にこってえい系の味であった。それは背脂が入れられていたからであるが、個人的には塩ラーメンはさっぱり系のが好きである。こってり系を食べたいときはとんこつ系のを頼めばいいからだ。

以上食べて、生ビールと焼酎一杯飲んで2,950円であった。

炭火炙り焼き おりじん
高松市百間町1-6
YIビル1階
TEL 087-822-2707
17:00~25:00(L.O.24:30)
日曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/09

ミシュラン一つ星初体験、玉造「居酒屋 ながほり」は居酒屋ジャンルを超越している

003_2 昨年発売された「ミシュランガイド京都・大阪2010」において、居酒屋ジャンルで唯一星を獲得したお店「ながほり」に行ってきた。

私のブログでミシュランで星を獲得したお店を紹介するのは初めてである。もっとも、これまでは石川・福岡のお店が中心で、さらには関西のミシュランガイドが発売されたのは昨年秋なので、まぁ、止むを得ないかな?

今回「ながほり」に行こうと思ったのは、正月に帰省の折に金沢の柿木畠「いたる」にお邪魔したとき、「いたる」のご主人に紹介いただいたからである。実は行くまではミシュランの一つ星を獲得しているとは知らずに行くことになったのだが、帰って調べて初めて気がついた次第。(^^;;

それで記憶がつながったが、ミシュランの発表のときにTBSの「朝ズバッ!」で紹介されていたことを思い出した。

002 さて「ながほり」は非常にわかりにくい場所にある。ミシュランガイドには地図が載っているので迷わないとは思うが、商売上はほぼ飛び込み客はない場所での営業は、よほど自信がないとなかなか出来ないだろう?

私が行ったのは土曜日の夜。3日ほど前に予約を入れたら何とか予約が取れた。ただ一組2時間という時間制限であった。もっとも、ミシュラン一つ星のお店なので予約が取れただけでもラッキーだったかもしれない。

お店自体は酒蔵を改造している。造り酒屋の象徴でもある杉玉も掲げられており、このお店は日本酒にこだわっているのだなぁ?とすぐにわかる。

お店の中に一歩足を踏み入れると、内装や料理人たちの雰囲気など、もうそれは居酒屋の域をはるかに超えていることに気がつくだろう。

カウンター席に案内され、まずはご主人手書きのお品書きに目を通す。少し文字がわかりにく気もするが、見ただけで美味しそうな品々が書かれている。(今回写真NGだったので、料理の写真はナシです)

そんな中から食べたのは、「お造り盛り合わせ」。タコ、イカ、マグロ、鯛、アワビ、白海老など。アワビに肝をあえたソースをかけ忘れていました。(^^;;弘法も筆のあやまり??

あと、「赤なまこ酢」「海老のサラダ」「おいしい豆腐」「白子の醤油焼き」「美味しい野菜 山椒あんかけ」などを楽しんだ。

どれもさすがの味であったが、ミシュランにも写真が載っている「美味しい野菜 山椒あんかけ」は、山椒がたっぷりかけられたとろとろ餡が熱々で、ザク切り野菜の旨みを本当に良く引き出していた。

004_5

そうそう!こちらのお店は特に日本酒の種類も多く、あまり普段は飲めないようなものもグラスで飲める。私たちもビールと日本酒を3~4杯ずつ飲んだ。日本人ならおいしい料理には日本酒がいいかも?

料金は二人で1万5千円弱。雰囲気、味、サービスなど考えると、とてもリーズナブルであったと思う。さすがミシュランで星を獲得するだけの事はある。

ながほり 
大阪市中央区上町1-3-9
TEL 06-6768-0515
17:00~23:00
日曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/08

昔の呉服問屋をリノベーションした中華のお店、京都四条烏丸(錦小路通)「膳處漢(ぜぜかん)ぽっちり」

町屋をリノベーションしたお店は全国各地にもたくさんある。しかし、町屋をリノベーションした中華料理のお店は、そうザラにはないと思う。

このあたりはさすが京都だと思うのだが、違和感なくリノベーションして中華料理を提供してくれるので楽しい。

一月の中旬に仕事で京都四条烏丸に行ったときに、ランチを取ろうと事前にいくつか調べてあったお店の一つで、呉服問屋をどのようにリノベーションされたのか興味あったので入ることにした。

006_2

建物の正面は古い洋館のよう?しかし、内部は純和風の佇まい。靴を脱ぐことなく昔座敷だったところに通される。そこも畳敷きではなく、さらにはちょっと中華風のテーブルとイスが並べられている。

001

中庭越しには蔵を改装したBar「ぽっちり」が見える。夜は粋なバーも併設される変わったお店なのだ。

お店に到着した時間は13時過ぎ。普段は人気のお店でお昼時は混んでいるだろうが、さすがに13時過ぎだったので、すんなり入ることが出来た。

入る前に入り口にあったメニューを見ると、「膳處漢のお弁当」が1,600円。日替り昼ご飯である「今天飯」が1,200円。これらが、一般的なランチメニューだと思うが、若干高め。それに「膳處漢のお弁当」のメインが鶏料理。「今天飯」がマーボー豆腐だったので、単品メニューの中から選ぶことにした。

その中から選んだのが「北京塩チャーハン(1,200円)」である。こちらがそうであるが、これがなかなか美味しかった!具材は細かく刻まれていたが、海老だけは大きなプリンプリンなのが7~8個ほど入っていた。味付けも好み。量もたっぷり。

002

ただ、男の私でも食べ切れないくらいの量であった。1,200円という値段をもう少し落として量も少なくしてもいいのではないかと思ったが、中華の場合、大勢で行ってシェアして食べるというのもある。

003

でも、非常に粋な空間で美味しい中華を味わえるので、今度は夜やバーにも来てみたいと思った。

膳處漢ぽっちり
京都市中京区錦小路通室町西入ル天神山町283-2 
TEL 075-257-5766 
11:30~15:00(L.O.14:00)
17:00~23:00(L.O.22:00)
バー17:00?23:30(L.O.23:00)
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/06

1月の福岡出張で食べたもの、基山パーキング「鯛めし定食」と鰻の竹林亭「かぐや姫膳」

お正月明けに福岡圏内を回ったときに食べたランチの紹介である。

まずは、久留米に移動の途中で基山パーキングで休憩。そこでランチを食べた。食べたのは「鯛めし定食(650円)」である。(今までは土日のみのメニュー設定であったが、この日は平日でも「B定食」として設定があった)

001_3

出されたのがこちら。これを見てすぐ思い出したのは、福岡空港でも売られている冷凍の「鯛めし」という弁当のこと。この「鯛めし」も玄界灘で水揚げされた鯛まるごと1匹使われており、まさに同じものだとピンと来た。

002_3

「鯛めし」のほうは980円もするが、基山の「鯛めし定食」のほうは、伊万里のごどうふやなます、お吸い物までついて650円なので、とてもお得だ!

003_3

鯛の目玉と鯛石を除いて、骨ごと炊き込みご飯と混ぜて食べるのだが、これがなかなか美味しかった。それに、鯛の炊き込みご飯も大盛サイズで、男の私も満足な量であった。

お次は、糟屋郡新宮町でランチに入った「竹林亭」という鰻のお店。まぁ、たまには鰻でもと思い入ったのだが、帰って調べたら北九州に本店があるお店の支店のようだ。

001_4

最初に、お茶と鰻の骨の唐揚げが出された。鰻の骨の唐揚げは好きである。ビールが飲みたくなる。(^^;;

004_2

そしてメニューを見渡しオーダーしたのが、こちらの「かぐや姫膳(1,200円)」である。

003_4

鰻のせいろ蒸し、冷やしうどん、小さな白玉あんみつ、肝吸いが付いている。どうも女性向けのメニューらしく量的には少なめ。それに甘味も付いている。(^^;;

002_4

さすがに鰻のお店なので、せいろ蒸しのほうはまずまず。ただ、うどんの方は温かいのも選べたらうれしいのだが。

竹林亭 新宮店 
福岡県糟屋郡新宮町大字三代928-6
TEL 092-962-6760
11:00~22:00
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/05

鹿児島市中央駅そばのカレー専門店「サフラン」は意外に辛かった

ここ10年スパンで見ると活動が落ち着いていた桜島が、2年ほど前から活動が活発になってきた。

昨年も11月まで鹿児島市内に灰が降った。昔は9月頃までだったらしいが、これも環境変わってきている影響かもしれない?

さて、正月明けに鹿児島に仕事で行き、お昼に食べたものを紹介したいと思う。この日は仕事の都合でランチが13:40ごろになってしまった。後の都合もあり時間のかからないランチを取ることにした。

003_2 「時間のかからない=カレー」という短絡的な考えで向ったのが、鹿児島中央郵便局のまん前にあるカレー専門店「サフラン」。店構えは、昔ながらの喫茶店といった趣。店の中に入ると、遅い時間ということもあり客は居なかった。

私が注文したのは、ランチの日替りメニューで、メニューにあるカレーのセットをお得な値段で食べられる。水曜日はエビであった。

5~6分ほど待って出されたのがこちら。とろみがあり、大阪のピッコロカレーに似ているかも?

002_2

まずは一口食べる。じわ~と辛さが口の中に広がる。最初のほうはそうでもなかったが、だんだん食べていくうちに、相当辛くなってくる。だが、野菜が溶け込んでいて甘みも感じさせてくれる。

エビフライは小さいのが二尾。このカレーは単品では650円。セットにはこちらのサラダがついている。セットでは770円だが、日替りのセットだと700円とお得な設定になっている。

001_2

量的にも味的にも、私にとっては良かったと思う。そうそう!こちらのお店では出前もやっているようだ。

サフラン
鹿児島市中央町2-5
099-253-4858
11:00~20:30
(出前~20:00)
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/03

阿波座にある「とまとの里 信濃路」のとまとらーめん(宝天麺)はイタリアンなラーメンでした

いつも買い物に行く阿波座のライフのそばにあり気になっていた「とまとの里 信濃路」にやっと行くことが出来た。

いつも日曜日に買い物に行くのだが、日曜日が休みなので、これまでなかなか行けずにいたのだが、成人の日に買い物ついでにランチ時に行くことが出来た。

001

「とまとの里 信濃路」は居酒屋風の外観で、表に「とまとらーめん」の看板がなければラーメンのお店だとは気が付かないであろう?webで事前に調べると、とても人気のお店らしく、非常に期待しつつ店の中に入った。

中に入ると、祭日にもかかわらず半分ぐらいの席が埋まっていた。内部もとてもラーメン屋だという感じではなく、やはり居酒屋みたい。それにお店の方もラーメン店には珍しい?ご年配の方々であった。(^^;;

私が頼んだのは、「宝天麺のレギュラー(840円)」。長野の大鍋料理がルーツらしいが、トマトなどを入れて煮込んだ鍋料理にあとに麺を入れて食べたのが最初だったらしい?しばらくして出されたのがこちら。

002

まぁ、予想していた通りのトマトのような赤いスープ。緑色のチンゲン菜が浮かんでいて補色の赤に映える。他にセロリや豚肉も入っている。

まずスープを一口。ピリ辛だが意外に上品で味わい深い。ベースは鶏ガラか?トマトの酸味もほどよくニンニクもきいている。野菜と一緒に炒めているようだ。その後、麺を食べる。細めの麺だがスープに合っている。

003

そして、このラーメンの特徴は、麺を食べ終わった後に白ご飯(私が頼んだのは中で180円)を残ったスープに入れて食べる、トマトいわばリゾットのようなもの。こちらも意外と言ったら何だが美味しかった。

人気のお店なのがわかるる気がした。

とまとの里 信濃路
大阪市西区靭本町3-7-1 
TEL 06-6441-9751
11:30~13:30
17:30~21:30
日曜、第3月曜休
GWお盆

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/02

池田市にある日清食品の「インスタントラーメン発明記念館」でオリジナルカップヌードル作り

日本で初めて(世界で初めて商業的に成功したインスタントラーメンでもある)チキンラーメンが出来たのが、1958年である。

私とほぼ同年代だが、同じころに出来たからかどうかはわからないが、私とインスタントラーメンとは切っては切られないほどの縁がある。学生のころ、受験勉強で家で夜食といえば、インスタントラーメンであった。非常にインスタントラーメンに対する思い入れは強いものがある。特にカップ麺の新作は相当チェックしてきた。(^^;;

大阪に住んで、「インスタントラーメン発明記念館」に行かない手はない!ということで年明けの連休中日に出かけてきた。

027

「インスタントラーメン発明記念館」は、世界で初めて商業的に成功したインスタントラーメンを発明した日清食品の創業者である安藤百福氏(大学の大先輩でもある)の業績を記念して作られた記念館である。

010

そのため、インスタントラーメンやカップヌードルの歴史や、安藤百福氏の業績などを体系だててみることが出来る。壁から天井にかけて日清食品の過去に作られたインスタントラーメン・カップヌードルなどが展示されているが、その数の多さに圧倒される。しかし、いまでも残っているのは何十分の一ほど??

館内見学そのものは20分ほどあれば見学することが出来る。そして、この「インスタントラーメン発明記念館」のウリが、スープの種類や各種トッピングを自分で選択してオリジナルカップヌードルが作れる「マイカップヌードル・ファクトリー」である。館内見学は無料だが、こちらは一個300円の有料となっている。

私たちが行ったのが3連休のど真ん中で、「マイカップヌードル・ファクトリー」の待ち時間が50分ほど(実際に作る時間も入れて)かかったが、カップヌードルがこのように作られているのを見て勉強になった。

019

カップに絵を描き、麺をカップに入れ、好みの具材をチョイス。最後にふたをしてシュリンクされて完成。

完成品がこちら。絵心がないので恥かしい。(^^;;

023

数日後、家で作って食べたが、具材が市販のカップヌードルより少し多めな気がした。

Photo

予約が必要だが「チキンラーメン手作り体験工房」のコーナーもあるので、大人から子供まで楽しめる施設になっていると思う。

インスタントラーメン発明記念館
池田市満寿美町 8-25
9:30~16:00
入館は15:30まで
火曜日休館(祝日の場合は翌日が休館)
年末年始

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/01

新しくなった博多駅デイトス2F博多めん街道「博多新風」の新風麺はマー油がきいている

福岡に住んでいたときには、博多駅にあるデイトスにはランチでお世話になっていた。

ちょうど私が大阪に移るころにリニューアルのために一旦クローズされたのだが、昨年11月に新装オープンした。

鹿児島から福岡に夜移動して、到着後夕食を取るためにデイトスを見学がてらブラブラ。1Fにある「博多ほろよい通り」と2Fにある「博多めん街道」などを見て、どこに入ろうか迷ったが、久しぶりに博多ラーメンが食べたくなったので入ったのが、今日紹介する「博多新風」である。

006

ちなみに「博多めん街道」はラーメンだけではなく、うどんやパスタなどのお店もあり楽しめる。

008

このお店に入ることにしたのは、お店の前に「美味しんぼ塾ラーメン道 準優勝」という看板が掲げられていたのと、店の雰囲気が良さそうだったので入ることにした。

004

自販機でチケットを買いオーダーしたのは、まずは、こちらの生ビールと餃子のセット(500円)。餃子は黒豚を使っているようである。

そしてラーメンについては、新風麺、純豚骨、和風豚骨の3種類があったが、お店のNo.1メニューだと書かれていた新風麺を頼むことにした。

005

新風麺は、豚骨に独自のマー油(焦がしニンニク)をブレンドしたラーメンで、トロ~としたスープが特徴である。濃厚だがくどくない味で私好みであった。麺のゆで方はバリカタでお願いしたが、ちょうどいい噛み応えのある麺であった。

007

ただ、お店の前に出ていた黒板に張ってあった写真には、新風麺には半熟卵が乗せられていたが、頼んだものには入っていなかったし、どうも追加注文のトッピングのようであったが、紛らわしいのでやめたほうがいいかも?

博多新風
福岡市博多区博多駅中央街1-1
博多デイトス2F(博多めん街道)
TEL 092-475-8239
10:30~22:30(O.S.22:00)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »