« 北久宝寺「瑳こう」は粋な居酒屋、ランチも落ち着いて和食が楽しめる | トップページ | 年末年始石川県に帰省して行ったお店2、久しぶりの金沢柿木畠「いたる」で友人たちと至福の時 »

2010/01/22

心斎橋のうどんちり「にし家」で昨年最後の大阪ランチでした

石川に年末年始の帰省する日、手土産を買いに心斎橋の大丸へ出かけた。

で、じつは前日にTBSの「チューボーですよ」を見ていて、無性に天ぷらうどんが食べたくなって、日曜日にもやっているお店「にし家」に行くことにした。

001_2

「にし家」は「うどんちり」の商標登録を持っているところである。「うどんちり」とは「ちり鍋」と同じように、昆布だし(「にし家」ではウルメ、メジカ、サバ節を独自にブレンドしたものらしいが?)で水炊きした具材をポン酢などで食べる鍋のことであるが、大阪では、前に紹介したことがある「美々卯」のうどんすきというのもある。こちらのほうは、しっかりと味付けされた汁でそのまま食べる。

さすがうどん文化の街「大阪」だけのことはある。うどん一つとっても色々な形で食べさせてくれる。

さて、「にし家」はご覧のように、数奇屋造りの立派な店構え。年季がはいっている感じ。それに大きいし立派だ。近くにある「浪花そば(前に紹介したことがある)」は姉妹店だ。

行く前は「天ぷらうどん」を食べようと思って中に入ったが、お品書きを見ていたら、あれもおいしそうだな、これもおいしそうだな?と迷ってしまった。(^^;;

で、頼んだのが、こちらの「うなぎまぶし丼」で、ハーフ麺がついている。

005_3

うどんは「きざみうどん」で、麺の太さは大阪うどんとしては普通。柔らかいがコシもある。汁は上品だが、ダシもしっかりきいている。

009_2

妻のほうは「いもかわうどん(924円)」。こちらは愛知県芋川で親しまれている平たく延ばしたうどんのことで、具材はカキや大根、サツマイモなど。味付けは味噌仕立てで3月までの限定商品である。

010_3

ご覧のようにきしめんを思い浮かべる太い麺で、味噌仕立てなのでなかなか冷めない、体が暖まる一品だったようだ。

にし家
大阪市中央区東心斎橋1-18-18
TEL 06-6241-9221
11:00~23:00(L.O.22:30)
鍋/L.O.21:00
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 北久宝寺「瑳こう」は粋な居酒屋、ランチも落ち着いて和食が楽しめる | トップページ | 年末年始石川県に帰省して行ったお店2、久しぶりの金沢柿木畠「いたる」で友人たちと至福の時 »

大阪(うどん・そば)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/47155314

この記事へのトラックバック一覧です: 心斎橋のうどんちり「にし家」で昨年最後の大阪ランチでした:

« 北久宝寺「瑳こう」は粋な居酒屋、ランチも落ち着いて和食が楽しめる | トップページ | 年末年始石川県に帰省して行ったお店2、久しぶりの金沢柿木畠「いたる」で友人たちと至福の時 »