« ルーを継ぎ足し継ぎ足し20年以上、安土町のカレーのお店「辛来飯(カーライス)」 | トップページ | 東心斎橋「総本家浪花そば」は年中無休で大阪人にも人気の蕎麦屋さんです »

2009/12/07

道頓堀「大黒」のかやく(炊き込み)ご飯は上品だがしっかりといい味だしていました

010 小さいころから、かやく(…関西ではこう呼ぶ)ご飯が好きだった。もちろん、いまでも好きである。

しかしながら、定食屋さんなどで食べる機会があっても、「これは美味しい!」と思えるようなかやくご飯に出会うことはまれである。

たぶん、皆さんもそうではないかと思うが、おふくろの味が一番自分の好みのように思える炊き込みご飯なので、やっぱり「う~ん、違うなぁ~?}と思えることが多いのではないかと思うのである。

そんなかやくご飯が美味しいというお店「大黒」のことは、色々な雑誌でも取り上げられていたので、いつかは行きたいと思っていたところである。

場所は御堂筋の道頓堀川の南側から西に少し入ったところ。相当年季の入った建物である。お店自体も狭く、1階はテーブル二つと4人がけのカウンター席のみ。当然、相席となる。

さっそくお品書きを見ると、魚料理とおかず系の品が並ぶが、意外に値段は高い。それに、いわゆる定食物もないようだ。

003

そこで頼んだのは、当然のことながら「かやくご飯」。一言で言えば「さすが!」の一品であった。具はごぼう・こんにゃく・薄あげのみ。青海苔が少しかけられている。上品な関西風のダシがしっかりと存在感を出していたが、それでいて食べても飽きがこず、ご飯だけでも十分に満足できる味に仕上がっていた。小が400円。中が450円とちょっと高めだが、それだけの価値はある。

005

おかずとしての魚は、私は「しまあじ焼(600円)」。妻は「ぶり照焼(750円)」。しまあじも上品にいい塩梅で焼かれていた。

008

そして、私は白味噌の味噌汁で具はハマグリ(350円)。妻はかす汁(350円)を注文。白味噌は甘めだが、きめの細かな味噌でとろ~りとした食感であった。

以上でトータル3,040円であったが、40円という半端はどこから出たのかな??

大黒
大阪市中央区道頓堀2-2-7
TEL 06-6211-1101
11:30~15:00(L.O.)
17:00~20:00(L.O.)
日祝・月休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« ルーを継ぎ足し継ぎ足し20年以上、安土町のカレーのお店「辛来飯(カーライス)」 | トップページ | 東心斎橋「総本家浪花そば」は年中無休で大阪人にも人気の蕎麦屋さんです »

大阪( 和食・割烹)_」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道頓堀「大黒」のかやく(炊き込み)ご飯は上品だがしっかりといい味だしていました:

« ルーを継ぎ足し継ぎ足し20年以上、安土町のカレーのお店「辛来飯(カーライス)」 | トップページ | 東心斎橋「総本家浪花そば」は年中無休で大阪人にも人気の蕎麦屋さんです »