« 博多駅前ランチ事情、駅前4丁目の新しく出来た寿司屋「北海 ひがし」で海鮮丼 | トップページ | 行列のできる東心斎橋の「洋食katsui」は大人の洋食屋さんでお勧めのお店 »

2009/12/17

鹿児島市の正調さつま料理のお店「熊襲亭」でさつま料理三昧&酒ずし

鹿児島と言えば、郷土料理は薩摩料理。その中でもどうしても食べたかった料理が「酒ずし」である。

鹿児島に泊まりの出張があった晩秋のとある一日。あいにくの雨の週末であったが、会社の人たちと薩摩料理を堪能してきた。

まず、酒ずしがあるところということで選定したのが、天文感にある「熊襲亭」というさつま料理のお店である。お店の名前の由来である「熊襲」とは、神話の時代に大和族から恐れられていた南九州の熊襲族から取っている。

023

お店は立派なつくりで中も広い。(写真のほう、お店が閉店時間のため消灯していたのでピンボケ気味ですが……(^^;;)

薩摩料理のお店なので、当然、薩摩料理はほとんど揃っている。コースを勧められたが、私は肉が苦手なので、黒豚など肉料理が多いコースはパスしてアラカルトで頼むことにした。

017

酒のほうは生ビールに始まり、焼酎を水割り、ロック、そして、黒じょかで芋焼酎を飲む。本当は焼酎と水を入れ、一晩寝かしたほうが美味しいそうだが、こちらのお店では残念ながら焼酎とお湯が別々な容器(黒じょかは右の容器)に入れられてきた。

010

まずは、薩摩料理定番の「キビナゴの刺身」。 錦江湾で獲れたキビナゴは見た目とてもきれいだ。辛子酢味噌もいい。

011

「キビナゴの唐揚げ」もオーダーしたが、左にある骨せんべいが珍しくてよかった。

012

こちらも定番「さつま揚げ」。エソ・タラ・トビウオ・イトヨリなどの白身魚を練って揚げたもの。揚げたては美味しい。

014

こちらは「奄美のクロマグロの刺身」である。奄美のクロマグロといっても奄美で獲れたのではなく、世界初の完全養殖を成功させた奄美の養殖場産である。一般的に養殖のほうが脂が乗っているので、中途路の部位でも大トロ並に脂が乗っている。
015
こちらは鹿児島でパッチンと呼ばれている「平ガニ」。一般的な平ガニと違って、容姿的には海老の仲間かな?刺身で食べたが伊勢海老のような食感と甘みがあった。

あと、私は食べなかったが、「黒豚と秋茄子の味噌炒め」と、

018

「黒豚の角煮」である。

013

さて、締めは、これを食べたくて、こちらのお店に来たと言っても過言ではない「酒ずし」である。お店のホームページには酒ずしについてこう書いている。

021

(以下引用)
400年の昔から受け継がれている伝統の味。9種類の食材とご飯一升、地酒一升を1対1の割合で「押し寿司」にし、お酢を使わず地酒で一昼夜発酵させた「なれ寿司」です。お酢を使わない寿司は全国でも珍しく、ー中略ー「島津のお殿様が宴会を開き、残った酒と御飯を一緒にしておいたら翌日発酵し、豊かな芳香を漂わせていた」とか、「男尊女卑が強い薩摩の国では女性が男性の前でお酒をたしなめなかった為、女性が酒ずしを考案した」など由来は諸説ありますが不明のままとなっています。絶品です。是非どうぞ。(引用終わり)

鹿児島と言えば焼酎と言うイメージがあるが、そんな薩摩にも日本酒を使った美味しい料理があることを知ったのでよかった。

以上締めて、12,000円強であった。意外に安かった気がする。

正調さつま料理 熊襲亭
鹿児島市東千石町6-10 
TEL 099-222-6356
11:00~14:30
17:00~22:00(L.O.21:30) 
年末年始休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 博多駅前ランチ事情、駅前4丁目の新しく出来た寿司屋「北海 ひがし」で海鮮丼 | トップページ | 行列のできる東心斎橋の「洋食katsui」は大人の洋食屋さんでお勧めのお店 »

九州(福岡除く)のグルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/46831235

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島市の正調さつま料理のお店「熊襲亭」でさつま料理三昧&酒ずし:

« 博多駅前ランチ事情、駅前4丁目の新しく出来た寿司屋「北海 ひがし」で海鮮丼 | トップページ | 行列のできる東心斎橋の「洋食katsui」は大人の洋食屋さんでお勧めのお店 »