« 鹿児島中央駅も変化してきている、西口に出来た「とら家」の黒豚ラーメン | トップページ | 京都嵐山の観光シーズンはお昼を食べるにも苦労する?「嵐山うどん おづる」の京うどん »

2009/12/25

魔法のレストランでこの夏に紹介されていた、京都先斗町「鉄板みつ喜」

関西で水曜日夜に放映されている水野真紀の「魔法のレストラン」という番組がある。

こちらでは8年半前からやっているグルメ情報番組で、私も欠かさず観ている。その番組で7月にやっていた京阪沿線のお店を紹介する回に出ていた「鉄板みつ喜」に行ってきたので書きたいと思う。

このお店へは、先日紹介した祇園の「成屋」に行った後に立ち寄った。お腹がそこそこ膨らんでいたので軽く一杯のつもりでお邪魔した。場所は、先斗町から少し木屋町方面に入ったところ。

「鉄板みつ喜」はご夫婦で切り盛りしているお店で、基本は鉄板料理とお好み焼きのお店である。場所柄、外国人観光客なども来るらしく、私たちが行ったときもカウンター席でお好み焼きをほおばっていた。

072

まずは付き出し。

073

そしてメニューを見てオーダーしたのは、「クリームチーズ、イカの塩辛のせ(550円)」。ご覧のようにたっぷり盛られたイカの塩辛の中からクリームチーズと九条ネギが顔を出す。イカの塩辛とチーズ、九条ネギを合わせて食べると、各々違った食感と旨みを楽しめる。酒の肴には最高である。

076

お次は鉄板焼メニューで、「貝柱とほうれん草のガーリック炒め(800円)」を頼んだが、味は京風で上品な味付けでした。

さて、私がこのお店に行きたかった理由は、「魔法のレストラン」で裏メニューとして紹介されていた「トマトと水菜の塩そば(950円)」を食べたかったからである。

077

そのときは裏メニューであったが、今では、しっかり表のメニューとして出されているようだが、意外な食材と鉄板焼きで炒めるそばとの相性が気になっていたからである。

食べてみると、パスタのような味。オリーブオイルを使っているようだ!?なかなか美味しいし、これは家庭でも気軽に作れそうでお勧めである。

079

帰るとき、ご夫婦で外まで見送りしてくれた。ホスピタリティもいい感じ。

鉄板 みつ喜
京都市中京区木屋町四条上ル下樵木町192
TEL 075-211-1417
17:00~01:00(L.O.24:00)
水曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 鹿児島中央駅も変化してきている、西口に出来た「とら家」の黒豚ラーメン | トップページ | 京都嵐山の観光シーズンはお昼を食べるにも苦労する?「嵐山うどん おづる」の京うどん »

京都のグルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/46866534

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法のレストランでこの夏に紹介されていた、京都先斗町「鉄板みつ喜」:

« 鹿児島中央駅も変化してきている、西口に出来た「とら家」の黒豚ラーメン | トップページ | 京都嵐山の観光シーズンはお昼を食べるにも苦労する?「嵐山うどん おづる」の京うどん »