« 料理研究家の有本葉子さんプロデュース、神戸本町「Niblick's Olive Bar」 | トップページ | 神戸南京町「小小心縁」は魚介中心の福建料理と広東料理を楽しめるお店 »

2009/12/29

東大阪「栄作」で食べたうどんへこちらでは珍しい?「しっぽくうどん」でした

今日紹介する「栄作」はこの夏に長期間お休みしていたお店で、私も2度ほど足を伸ばしたが休みだった。

001

たまたま近くを通りがかったので、お店の前に行くと、ちょうどのれんをかけているご主人が見えたので入ることにした。

「栄作」は、大阪にある普通のうどん屋さんと違って、味噌煮込みうどんとしっぽくうどんがウリのお店で、きつねやたまご、かやくなどの一般的うどんメニューは存在しない。

私は、なんとなく名古屋の味噌煮込みうどんのイメージがあったので、今回はしっぽくうどん(650円)を注文した。最初の客だったが、注文してから出されるまで意外に時間がかかったが、その理由はすぐわかった。

002

麺は手打ちで太い。そのため湯掻くのに時間がかかるのだ。そして時間をかけて湯掻いても、麺は堅めであった。この辺りは好みが分かれるかもしれない?

ちなみに「しっぽく」とは、長崎の郷土料理「卓袱料理」から来ているのだが、具が乗ったうどん・そばを指すようで、江戸時代に流行って今に至ったようである。現在では讃岐うどんの一品のようになっている面もある。

汁は薄めで上品。一般的な大阪うどんよりももっと薄味である。具材はごぼう、大根、人参、芋、薄揚げ、豚肉など。こちらの味付けも薄味である。一度は食べてみる価値はあると思う。

栄作
東大阪市長田西4丁目2-29
TEL 06-6744-8966
11:30~

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 料理研究家の有本葉子さんプロデュース、神戸本町「Niblick's Olive Bar」 | トップページ | 神戸南京町「小小心縁」は魚介中心の福建料理と広東料理を楽しめるお店 »

大阪(うどん・そば)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/46919145

この記事へのトラックバック一覧です: 東大阪「栄作」で食べたうどんへこちらでは珍しい?「しっぽくうどん」でした:

« 料理研究家の有本葉子さんプロデュース、神戸本町「Niblick's Olive Bar」 | トップページ | 神戸南京町「小小心縁」は魚介中心の福建料理と広東料理を楽しめるお店 »