« 東大阪・八尾のラーメン店2題「らーめん 大王」と「丸源ラーメン」 | トップページ | 丼池筋のせいろ蒸しのお店「新幸梅」では色々なせいろ蒸しが楽しめます »

2009/11/11

心斎橋「food & drink Matsuda」は女性二人で切り盛りしている小料理バー

さすがに大阪は広いので、普通に過ごしていてはとても気がつかないお店がたくさんある。

今日紹介する「food & drink Matsuda」も、「あまから手帖」という雑誌に出なかったら決して行くことはなかったお店である。

「あまから手帖」によると、女性2人で切り盛りしており、カウンターだけのバーだが、「小料理バー」というフレーズが気に入り行ってみたくなった。

場所は心斎橋で、私の住まいからも歩いて10分くらいのところにお店はあるのだが、お店自体、古い雑居ビルの4階にあり、写真の左の小さな看板だけが目印なので非常にわかりにくい。

Mastuda_001

お店の入り口は、ちょっとお高いラウンジ風で、一見さんはちょっと入るのに躊躇するかもしれない。中に入るとカウンター8席の小さなお店だが雰囲気はなかなかいい。

まずは生ビールを頼むと、うすはりのグラスにきめ細かな泡を立てて注いでくれる。

Mastuda_003

お通しはこちら。グリッシーニがいい味でした。そしてメニューを見渡すと、色々酒飲みにはうれしい品々が揃っている。

Mastuda_004

まずは「じゃこと小松菜の白和え」。上品なお味でした。

Mastuda_006

「自家製生ハムと豚足の煮こごり盛り合わせ」は妻のリクエスト。

Mastuda_007

「太刀魚みりん干し」も上品に仕上がっていたが、太刀魚はみりん干には合わないかな?

Mastuda_010

そして、寒くなってくると恋しくなってくるおでん。まずは「大根と下仁田こんにゃく」。

Mastuda_011

それと「もち米入り手羽先」。こちらも妻のリクエスト。

Mastuda_008

こちらは「いぶりがっこ」と呼ばれる秋田県に伝わる漬物の一種。大根を囲炉裏の上につるして燻製にしてから米ぬかなどでで漬けこんだものである。燻製独特の味でウイスキーにも合いそう?

Mastuda_009

こちらは「あけがらし」。これは山形県長井市にある山一醤油屋というお店が作っている「仕込み芥子糀に麻の実をあしらった無添加自然食」である。

見た目はもろきゅうのような感じだが、たしかにもろみに辛さが加わったような味できゅうりには合うし、お酒の肴には最高である。

Mastuda_012

最後の〆は「しじみの炊き込みご飯」。上品なお味でよかった。

妻と共に3杯づつ飲んで、以上の品々を食べて計11,000円也!予想よりは少し高くついたが、男性や女性一人でも気楽にカウンターで思い思いの人と気を過ごすことが出来るのでいいかもしれない?

food & drink Matsuda
大阪市中央区心斎橋1-2-24
玉置ビル4F
TEL 06-6252-8118
16:00~23:30
日曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 東大阪・八尾のラーメン店2題「らーめん 大王」と「丸源ラーメン」 | トップページ | 丼池筋のせいろ蒸しのお店「新幸梅」では色々なせいろ蒸しが楽しめます »

大阪(バー・お酒)_」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/46485715

この記事へのトラックバック一覧です: 心斎橋「food & drink Matsuda」は女性二人で切り盛りしている小料理バー:

« 東大阪・八尾のラーメン店2題「らーめん 大王」と「丸源ラーメン」 | トップページ | 丼池筋のせいろ蒸しのお店「新幸梅」では色々なせいろ蒸しが楽しめます »