« 古民家をリノベーションしたお蕎麦屋さん、谷町六丁目「そば切り 文目堂(あやめどう)」 | トップページ | 文化の日、文化と芸術を満喫!京都へ日帰りで国宝と世界遺産を早回り&イノダコーヒ本店 »

2009/11/28

神在月(10月)に行った出雲大社のそばにある出雲蕎麦のお店「八雲本店」で割子蕎麦

10月のことを普通は神無月と呼ぶが、出雲地方だけは神在月(かみありづき)と呼ぶ。

これは、出雲大社に八百万の神様が集まるから、出雲地方は神在月、出雲以外は神無月と呼ぶのである。(諸説あるようだが)

ちょうど、10月の下旬に出雲に出張があり、ちょうど、出雲大社のそばだったので、ランチを食べるついでに出雲大社に行ってきたので書きたいと思う。

出雲大社(いずもおおやしろ、いずもたいしゃ)は、近代社格制度下において唯一「大社」を名乗る神社であった。祭神は大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)。古来より「国中第一之霊神」として称えられていた。(以上、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

また、出雲大社は縁結びの神様としても知られており、平日のこの日も女性の参拝客のほうが多かったような気がする。

005

今年は伊勢神宮にも参拝したが、伊勢神宮は外宮と内宮を参拝すると3時間ほどかかったが、ここ出雲大社は、駐車場から5分くらいで本宮に到着する。注連縄(しめなわ)がすごい!

006

ただ、残念だったのが、今ちょうど「平成の大遷宮」ということで大改修の真っ只中!国宝の本殿も、ご覧のように仮囲いで覆われて見ることができませんでした。この工事は平成25年5月まで続くということ。ちょっと残念!

参拝は15分ほどで切り上げ、ランチに入ったのは、出雲大社の駐車場の前にある出雲そばのお店「八雲」である。

012

前に松江にある蕎麦屋さん「八雲庵」を紹介したことがあるが、同じ系列のお店ではない。

011

出雲そばといえば「割子そば」。で、私が頼んだのは、こちらの「五色割子(1,585円)」。やまいも、卵、揚げ玉、大根おろし、けずりぶしが一つ一つの割子に入れられている。

010

徳利に入っているダシをかけて食べるのだが、蕎麦の風味がそんなに感じられない蕎麦でった。時期的には新蕎麦の季節の前だったからか、ちょっと味的にはもう一歩で残念であった。

八雲本店
大社町杵築東276-1
TEL 0853-53-0257
9:00~17:00
木曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 古民家をリノベーションしたお蕎麦屋さん、谷町六丁目「そば切り 文目堂(あやめどう)」 | トップページ | 文化の日、文化と芸術を満喫!京都へ日帰りで国宝と世界遺産を早回り&イノダコーヒ本店 »

山陽・山陰地方のグルメ」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰してます。
12月初旬出雲市へ出張してました。
大社より正面左の"竹内マリア"さん実家の旅館がきになる
罰あたり者です。大社近くに出雲蕎麦老舗"荒木"が
ありますが採用してらっしゃる醤油(ひげた)会社関係の方と
お話できる機会がありビジネスそっちのけで食の話に興じてました。
ちなみに松江城近くの”おかもと”がわたしのお勧めです。

投稿: 米子三中 | 2009/12/13 09:20

米子三中さん
こんにちは。
竹内まりあの実家が近くにあったんですか!?
それは見たかった!(^^;;
山下達郎も来ていたでしょうね。
松江城近くの「おかもと」今度行ってみます。いつも情報ありがとうございます。

投稿: あさぴー | 2009/12/13 09:34

訂正です。
竹内まりあ>"まりや"さんでした。
来年もよろしくお願いします。

投稿: 米子三中 | 2009/12/14 09:42

そうでした!(^^;;

投稿: あさぴー | 2009/12/14 20:25

出雲そば老舗の"荒木屋"さんが採用されてる醤油は
奥出雲の"井上"でした・・・ちなみに福岡市の"珍や"さんもこの
醤油を採用されています。

投稿: 米子三中 | 2009/12/17 08:41

米子三中さん
こんばんは。
わざわざ修正コメントすみません。
なかなか醤油の違いまではわかりませんが。(^^;;

投稿: あさぴー | 2009/12/17 19:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/46624809

この記事へのトラックバック一覧です: 神在月(10月)に行った出雲大社のそばにある出雲蕎麦のお店「八雲本店」で割子蕎麦:

« 古民家をリノベーションしたお蕎麦屋さん、谷町六丁目「そば切り 文目堂(あやめどう)」 | トップページ | 文化の日、文化と芸術を満喫!京都へ日帰りで国宝と世界遺産を早回り&イノダコーヒ本店 »