« 地下鉄本町駅から1分の「六味酒肴 QU」は、魚介にこだわりの居酒屋 | トップページ | お盆に帰省して行ったところ1「和風ダイニング びすとろ なごみ」「エスメラルダ」 »

2009/09/06

船場センタービル「うどん麦清」は本格的な讃岐うどんを食べさせてくれるお店でした

これまで大阪で色々なうどん屋さんでうどんを食べて感じるのは、大阪のうどん屋さんのうどんは、大きく分けて「大阪うどん」「讃岐系大阪うどん」「讃岐うどん」の3つに分かれるのではないかと思ってきた。

もちろん、大阪のうどん屋さんすべて制覇したわけではないので、あまりえらそうなことを書けないが、なんとなくそう思う。

基本的には、柔らかくコシがあまりなく、昆布ダシでノド越しで楽しむのが「大阪うどん」。ある意味、その対極で讃岐うどんと同じくコシの強さで勝負。味的にも讃岐に近いうどん。それと、そのいいところを両方取り入れてアレンジしたうどんで勝負しているのが「讃岐系大阪うどん」というわけである。

最初は「大阪うどん」だけだっただろうが、讃岐うどんブームにより大阪にも上陸、その後、両方の中間のようなうどんを出すところが出てきたのではないかと、勝手な推測をしているのであるが、大阪のうどん文化に詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください。よろしくお願いします。

008 さて、今回紹介する「うどん麦清」は、先ほどの分類で言えば「讃岐うどん」に近いうどんを食べさせてくれるところである。

場所は、船場センタービル9号館の地下2階。前に紹介した「幸梅」の反対側の通路の突き当たりにある。

店構えは、そんなに良いとは思えないが、味のほうは、讃岐うどんに近い感じで、コシもあり美味しかった。

004

私が頼んだのは「えび天醤油かけうどん(780円)」。うどんは、作り置きだったのが少し残なんだが、大阪のど真ん中にあるお店としては止むを得ないだろう?

あと、天ぷらは2度揚げして出させる。こちらも、本当の揚げたてのサクッとした天ぷらではないが、冷たいよりはいい。

007

それに「ミニちらし寿司(210円)」を付けてもらった。

003

妻のほうは「野菜天ぶっかけうどん(780円)」である。ぶっかけうどんお天ぷらは作り置きのものである。

うどん麦清 
大阪市中央区船場中央3丁目3
船場センタービル9号館B2F
TEL 06-6244-6665

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 地下鉄本町駅から1分の「六味酒肴 QU」は、魚介にこだわりの居酒屋 | トップページ | お盆に帰省して行ったところ1「和風ダイニング びすとろ なごみ」「エスメラルダ」 »

大阪(うどん・そば)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/45861897

この記事へのトラックバック一覧です: 船場センタービル「うどん麦清」は本格的な讃岐うどんを食べさせてくれるお店でした:

« 地下鉄本町駅から1分の「六味酒肴 QU」は、魚介にこだわりの居酒屋 | トップページ | お盆に帰省して行ったところ1「和風ダイニング びすとろ なごみ」「エスメラルダ」 »