« 小松駅前の居酒屋「ごはん処のみ処 もも屋」でちょっと一杯 | トップページ | 出張時に一人で軽く一杯!高松「美人亭」は瀬戸内の魚料理を楽しめるお店 »

2009/09/21

道頓堀に新しく出来た「黒潮ラーメン寳」は京都発だがいわゆる京都系のこってりではなかった

005_2 前に紹介したラーメン店「神座」の道頓堀店の隣に新しくラーメン店がオープンした。

行列のできる人気店の隣に店を出すとは、なかなか勇気があると思っていたが、行って食べてみると、なんとなくその理由がわかってきた。

「黒潮ラーメン寳」というネーミングから、高知あたりのラーメンのお店かな?と思っていたら、帰って調べたら京都の会社が展開しているラーメン店であった。

なぜ、京都の会社が「黒潮ラーメン」ということで、まぐろや煮干を使った魚介系ラーメンのお店なのかはわからないが、結論から書けば私の好みの味のラーメンであり、個人的にはお勧めのお店である。

福岡に住んでいた身としては、とんこつなどのこってり系のラーメンに染まっていたが、逆に新鮮に思う味であった。

食券を買い求めてお店に入る。案内されたのは、メインのお店の裏にある別棟。メニューを見て注文したのが、私のほうは「にぼし(650円)」。にぼしと宗田かつお節でとられた出汁を、感じられないほどのとんこつスープで割ったあっさりとしたスープ。ほんのりとゆずの香りもしている。

004_2

一口スープを飲むと、にぼしとかつお節の香りと味がきいて、コクもしっかりとありいい感じ。もう一度食べたくなる味だ。麺は太麺でスープにも合っている。チャーシューがローストポークと変わっている。

003_2

妻のほうは「まぐろ(680円)」を注文。こちらのほうもまぐと・鯛・宗田かつおなど魚だけでとった出汁で、レモンを絞ると臭みも消えて美味しい。

お店の人が持ってきた粉チーズを振り掛けると、より魚介の深みが増すそうだ。

002_2

あと、黒チャーハンも注文した。見た目よりはあっさりとした味であった。

黒潮ラーメン寳 道頓堀店
大阪市中央区道頓堀1丁目7-2
TEL 06-6211-9640
11:00~29:00
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 小松駅前の居酒屋「ごはん処のみ処 もも屋」でちょっと一杯 | トップページ | 出張時に一人で軽く一杯!高松「美人亭」は瀬戸内の魚料理を楽しめるお店 »

大阪(ラーメン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/46009889

この記事へのトラックバック一覧です: 道頓堀に新しく出来た「黒潮ラーメン寳」は京都発だがいわゆる京都系のこってりではなかった:

« 小松駅前の居酒屋「ごはん処のみ処 もも屋」でちょっと一杯 | トップページ | 出張時に一人で軽く一杯!高松「美人亭」は瀬戸内の魚料理を楽しめるお店 »