« 本町にある生パスタのお店「山根屋」はもちもちの透明感のあるパスタが特徴 | トップページ | 伊右衛門でおなじみ「福寿園 宇治工房」でお茶を使った夏御膳を愉しむ »

2009/08/21

伊勢志摩名物「伊勢うどん」と「てこね寿司」。伊勢神宮おはらい町「奥野家」

先日も書いたが、伊勢と鳥羽に行ってきたときのランチで食べたものを紹介したいと思う。

旅行に出ると、やはりその土地・場所で有名な料理を食べたいと思うのが普通ではないだろうか!?しかしながら、有名なものほど人気にあやかって色々なお店がメニューに加えてくるのもまた事実。

「名物料理=旨い!」ということでは決してなく、私も過去にお店選びで失敗したことが多々ある。おっと!今日紹介するお店がそうだった訳ではない。

今回、伊勢でのランチで何を食べようとすぐに思い出したのは「伊勢うどん」である。「伊勢うどん」とは、おかげ参りの頃から伊勢地方に伝わるうどんのことで、やわらかくて太い麺に黒く濃厚なタレを絡めて食べるのが特徴である。

018

12時前に伊勢神宮にお参りして、おはらい町の通りをぶらぶら。しかし、じっとりとした湿気の多い暑い日だったために、色々見定めてから決める元気もなく入ったのが、「奥野家」というお店。

019

伊勢うどんの特徴は、先ほども書いたが太くて柔らかい麺で、いまのうどんの流行であるコシの強い讃岐うどんとは対極に位置するうどんなのである。

「奥野家」で頼んだのは、私は「冷やし伊勢うどん(650円)」である。暑い日だったのでついつい冷たいうどんにしてしまった。つけダレは醤油と胡麻ダレを選べたが、私は胡麻ダレを選んでみた。

022

さっそく、ざるに盛られたうどんを胡麻ダレにつけて食べると、確かにコシがまったくなく、のど越しで食べるというよりは、よく噛んでしっかり食べる感じ。

024

妻のほうは「ミニてこね寿司セット(1,100円)」を注文。伊勢うどんにミニてこね寿司が付いている。こちらのうどんのほうはオーソドックスな醤油ダレ。かつお節、煮干し、昆布で取った出汁に溜まり醤油と味醂で味付けした秘伝のタレだそうで、もっちりとしたうどんとの相性もいい。

さて、伊勢志摩地方の郷土料理で有名になってきた「てこね寿司」であるが、元々は漁師料理で、鰹や鮪などの赤身の魚を醤油などをベースのタレに漬け込んで、それを豪快にご飯の上に乗せて食べたのが始まりで、その後、志摩地方におけるハレの料理として酢飯にかけて食べるようになったと言われている。いまでは、ふるさとおにぎり百選、農山漁村の郷土料理百選に選定されているほどだ。

023

「奥野家」のてこね寿司はといえば、一見、まぐろのヅケに見えるが、カツオ切り身を漬け込んだものが4切れほど酢飯の上にのせられている。伊勢うどんが450円なので、差額の650円が、このミニてこね寿司の値段ということになるが、そう思うと、ちと高いかな?

さて、「名物に旨いものナシ!」と言われるが、皆さんはそういう経験は何度もしましたか?

奥野家
三重県伊勢市宇治今在家18
伊勢内宮前おはらい町
TEL 0596-22-2589
11:00~16:00
水曜休(季節変動あり)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 本町にある生パスタのお店「山根屋」はもちもちの透明感のあるパスタが特徴 | トップページ | 伊右衛門でおなじみ「福寿園 宇治工房」でお茶を使った夏御膳を愉しむ »

中部のグルメ(北陸除く)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/45689563

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢志摩名物「伊勢うどん」と「てこね寿司」。伊勢神宮おはらい町「奥野家」:

« 本町にある生パスタのお店「山根屋」はもちもちの透明感のあるパスタが特徴 | トップページ | 伊右衛門でおなじみ「福寿園 宇治工房」でお茶を使った夏御膳を愉しむ »