« 南港の「創作麺処 つる」で食べた「つるらーめん」と「坦坦面(何故かこの字を使う)」 | トップページ | きつねうどん発祥のお店「うさみ亭マツバヤ」で食べた「きつねうどん」と「大阪おじやうどん」 »

2009/06/01

イカスミの黒いカレーソースが名物の「船場カリー 南久宝寺店」はクセになる?味

前にも書いたが、私の住まいの本町あたりには有名なカレーのお店が意外に多い。

今日紹介する「船場カリー」はその名の通り、繊維の街「船場」に本店を構えるお店で、2007年3月に閉館した新横浜にあった横濱カレーミュージアムにも出店していた人気店である。

行ったのは5月2日の土曜日。GW真っ只中だったために、私の住まいの近くにある本店がなんと!お休みで、その足で向ったのは、そこから5分くらい歩いたところにある南久宝寺店。

Senbacurry_001

お店に入ってメニューを見る。人気№1は「牛すじネギカレー」だということであったが、私はダメなので妻がそれを頼み、私のほうといえば、この日のサービスカレーとしてお店の前に黒板に書かれていた「カニクリームコロッケとほうれん草のカリー」を注文した。(こちらでは、カレーと呼ばずに「カリー」と呼ぶ)

「船場カリー」のカレーには、すべてイカスミが加えられている。そのため、一般的なカレーよりは黒い。ルーの見た目は、金沢のゴーゴーカレーに似ていなくもない。

こちらが、私の食べた「カニクリームコロッケとほうれん草のカリー(800円)」である。カニクリームコロッケも中がとろ~りとしてまずまず。

Senbacurry_006

カレーの方は中辛で、イカスミを加えることによるコクが増していて、クセになる味かもしれない。

こちらは、妻の頼んだ「牛すじネギカレー(950円)」。たっぷりと牛すじとネギが盛られている。白ネギは長時間流水でさらしたシャキシャキ。牛すじとの相性も良かったそうだ。

Senbacurry_005

ライスは小。ライスが小の場合、小さなサラダが付いてくる。

Senbacurry_004

味的には金沢カレーにも似ている気がする船場カリー。これからも何度か食べることになるカレーかもしれない。

船場カリー 南久宝寺店
大阪府大阪市中央区南久宝寺町3-2-11
スワン大阪第3ビル
TEL 06-6251-9700
[月~金]
11:00~21:00
[土・日・祝]
11:00~15:00
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 南港の「創作麺処 つる」で食べた「つるらーめん」と「坦坦面(何故かこの字を使う)」 | トップページ | きつねうどん発祥のお店「うさみ亭マツバヤ」で食べた「きつねうどん」と「大阪おじやうどん」 »

大阪(カレー・洋食系)_」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/44915428

この記事へのトラックバック一覧です: イカスミの黒いカレーソースが名物の「船場カリー 南久宝寺店」はクセになる?味:

« 南港の「創作麺処 つる」で食べた「つるらーめん」と「坦坦面(何故かこの字を使う)」 | トップページ | きつねうどん発祥のお店「うさみ亭マツバヤ」で食べた「きつねうどん」と「大阪おじやうどん」 »