« イカスミの黒いカレーソースが名物の「船場カリー 南久宝寺店」はクセになる?味 | トップページ | 神戸本町「義市商店」で明石焼と神戸牛のステーキ両方楽しめるセットを堪能 »

2009/06/03

きつねうどん発祥のお店「うさみ亭マツバヤ」で食べた「きつねうどん」と「大阪おじやうどん」

大阪もうどん文化のお店。私にとっては大歓迎の土地である。

今日は、皆さんも良くご存知のきつねうどんを作ったという、きつねうどん発祥のお店を紹介したいと思う。

Usamiteimatsubaya

お店の名前は「うさみ亭マツバヤ」。元々は「松葉屋」という屋号であった。私の住まいからも数分ほど歩いた南船場にあり、明治26年創業の老舗である。

きつねうどんといえば、大きな油揚げが乗せられているうどんだが、私自身はあまり食べない。それは、きつねうどんの汁が甘いからである。油揚げを煮た甘めの汁がダシに入っているからだろうが、甘めの味付けのものは、そんなに好きではないからである。

だが、きつねうどん発祥のお店ということであれば、食べないわけにはいかないだろう!
こちらが、その名代「きつねうどん(550円)」である。

Usamiteimatsubaya_001

見た目は、汁が濃い目で関東風のきつねうどんのよう_まず最初に汁を一口のむ。やっぱり甘めの味付け。だが、単に甘いだけではなく、上品な甘さだ。たぶん、ダシを作る素材(醤油、昆布やかつお節)にこだわっているのではないかと思う。

麺は若干の透明感のある細め。食感も大阪うどんよりは、少し歯ごたえ重視でしっかりとした感じ。油揚げはダシがしみて美味しい。このあたりはさすがだ。

あと、こちらのお店の人気メニューとして「おじやうどん」というのがある。私が注文したのは、「大阪おじやうどん」という魚介や野菜などが入った、このお店一番人気の品。

Usamiteimatsubaya_002

「おじやうどん(1,000円)」とは、その名の通り、うどんとご飯(おじや)が入ったうどんで、具材は、魚の切り身、エビ、穴子、鶏肉、椎茸、油揚げ、かまぼこ、卵などがたっぷりと入っている。

器は鉄鍋。熱々の状態で出されるので、うどんやおじや。特におじやを食べるときは注意が必要だ。私もおじやを最初一口食べてやけどしそうになった。(^^;;

麺は、きつねうどんのものと同じかな?汁はきつねうどんと違って甘くはない。おじやのご飯にあう味だ。

値段は1,000円とちょっと高いが、話のタネに食べてみることをお勧めする。

老舗できつねうどんの発祥というブランドを持ちながら、新しい名物うどんを考案しているなど、個人的には応援したくなるお店である。

うさみ亭マツバヤ
大阪市中央区南船場3-8-1
TEL 06-6251-3339
11:00~19:00
金土11:00~19:30
日祝休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« イカスミの黒いカレーソースが名物の「船場カリー 南久宝寺店」はクセになる?味 | トップページ | 神戸本町「義市商店」で明石焼と神戸牛のステーキ両方楽しめるセットを堪能 »

大阪(うどん・そば)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/44915472

この記事へのトラックバック一覧です: きつねうどん発祥のお店「うさみ亭マツバヤ」で食べた「きつねうどん」と「大阪おじやうどん」:

« イカスミの黒いカレーソースが名物の「船場カリー 南久宝寺店」はクセになる?味 | トップページ | 神戸本町「義市商店」で明石焼と神戸牛のステーキ両方楽しめるセットを堪能 »