« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009/06/30

大阪で人気のパン屋さん2店、靱公園「ブランジュリ・タケウチ」本町「フール・ドゥ・アッシュ」

私は基本的にはご飯党であるが、朝、時々パンを食べたくなるときもある。

今日は我が家の近くにある人気のパン屋さんを2軒紹介したいと思う。

まずは、毎日行列が絶えない超人気店「ブランジュリ・タケウチ」である。靱公園の南側の道沿いにあり、小さい店ながら今では超繁盛店となっている。

Takeuchi_001

こちらのお店で人気なのは、自家製酵母にこだわり、安全で美味しいものを!というコンセプトのもと、素材にこだわり、毎日のように新作のパンを出すなど、他の店にはない魅力満載のパン屋さんである。

お店の前には、写真では背を向けているが、おじさんが立っていて、ドアを開けてくれる。毎日お目当てのパンは早めに行かないと売り切れてなくなってしまうので注意が必要である。

Takeuchi002

さて、この日買い求めたものを紹介したい。右の写真の上からクロワッサン、真ん中はオリーブの実をそのままパンの中に入れたものである。

オリーブの実をそのままパンの中に入れたパンはありそうでないパンだが、オリーブの塩分がパンとマッチして美味しかった。

一番下はバナナのタルトで、こちらは妻が食べたもの。

これだけ食べただけでは、美味しさの理由はわからないが、お店の雰囲気といいパンの持つ力強さといい、なかなか素晴らしいお店だと感じた。

一月に西宮に移転するそうです。

ブランジュリ・タケウチ
大阪市西区京町堀1ー15ー22
 靱公園北側
TEL 06-6444-2118
日曜休

Four_de_h_004

お次のパン屋は、本町にある「Four de h(フール・ドゥ・アッシュ)」。こちらも人気店でWebのAll Aboutでも大きなページを割いて紹介されている人気店である。

Four_de_h_003

本町というビジネス街にあるので、ランチ時はパンを買い求めるOLたちが大勢訪れる。

左の皿の左側のパンは「ソシソン フュメ」で、スモークチーズとソーセージが入ったパン。これは私が食べたもの。もう一方はフォカッチャで、柔らかいが、もう少しハーブが多めに入っていたほうが好みかな?

Four_de_h_005

右の皿の右上は「キャトル フロマージュ」で4種類のチーズを乗せて焼き上げたもの。もうひとつのは「ラズベリーのデニッシュ」。デザートのかわりに妻が食べたパンである。

さて、いかがだろうか?大阪の街にも美味しいパン屋さんがたくさんあると思うが、住んでいる間に何軒行けるかな?

フール・ドゥ・アッシュ
大阪市中央区本町2-6-5
TEL 06-6243-1330
10:00~20:00
土曜10:00~18:00)
日祝休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/28

家のそば(本町)にあるラーメン屋「四天王」はとんこつベースのラーメン人気店

005 基本的にはラーメンが好きなのだが、大阪を代表するご当地ラーメンというものがないので、こちらに来てからは、そんなに行かなくなったような気がする。

今日紹介する「四天王」は、関西に12店舗、それに関東や中部にも店を展開しているラーメンチェーンである。

Webのほうを見ると、『スープ、麺、素ダレ、チャーシュー。これら4つの要素が渾然一体となって、ラーメン本来の魅力を存分に発揮できます。そしてこの考え方こそが私どもラーメン四天王の名前の由来』と書かれている。否が応でも期待が膨らむ。

行ったのは平日の夜。店内は勤め帰りだろうか?サラリーマンで賑わっていた。

そして我々が食べたのは「ほろよいセット」と「おやじセット」というセット。

001

「ほろよいセット」は餃子5個と枝豆、それに生ビールが付いて550円。

「おやじセット」は餃子5個と半ラーメン(塩か醤油)、それに生ビールが付いて1,000円である。

002

おやじの私は「おやじセット」を頼む。味は塩ベースのものを頼んだ。塩とんこつなので汁は澄んでいない。味的にも塩とんこつといわれなければわからないほど、とんこつの味が勝っていた。でも、もしかしたら「塩」というのは、普通のとんこつラーメンのことかな??

酒の好きな妻は「ほろよいセット」を頼む。そして、ラーメンは、ネーミングからして、こちらのお店のウリであろうと思われる「四天王ラーメン」。

003

私も少し食べたが、オイスターソース風味に味付けをしたキャベツとニラ、そして豚肉を炒めたものが乗せられており、スープは濃い目の味付けで、かつピリ辛。濃い目の味だったが、なかなクセになる味かもしれない?

餃子のほうは、少し味に特徴がなかったような気もした。

四天王 本町店 
大阪市中央区南本町3-3-17
丸松ビル1F
TEL 06-6121-7644
11:00~23:00
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009/06/27

USJで食べたもの「ルイズ N.Y. ピザパーラー」「スタジオ・スターズ・レストラン」「POPCORN PAPA」

先日、USJのアトラクションについては詳しく書いたが、今回はUSJで食べたものについて書きたいと思う。

この日は午前中に着いて、まずはアトラクションを楽しみながら、ランチと夕食を食べるところを品定め。だが、意外にお休みのところが多いのに気が付いた。5月の週末だったが、半分ぐらいは休みで、これも新型インフルエンザの影響かな?と思う。

Usj_019

一応、事前に行きたいと思った「フィネガンズ・バー&グリル」が営業中だということを確認してランチに入ったのが、「ルイズ N.Y. ピザパーラー」というイタリアンのお店である。

Usj_014

こちらで食べたのは、私のほうは「キノコとモッツァレラのトマトソーススパゲッティ」。

Usj_015

妻のほうは、昼からビールセット(ライスコロッケ2個付き)と「ソーセージとポテトのカレーピッツァ」である。

Usj_016

まぁ、この手のお店では、味のほうはあまり期待してはいけない。

その後、またアトラクションを楽しんで、夕方、ちょっと早めの夕食をとろうと、先ほどの「フィネガンズ・バー&グリル」に行くと、何と!営業が終わっているではないか!?

Usj_032

営業時間が15:30までということであった。(T_T)こちらのお店の「オニオンブロッサム
」をぜひ食べてブログネタにしたかったのに……。

しかし、途中で営業が終了するお店があるとは知らなかった。(^^;;それだったらランチのときに行けばよかった……。皆さんもご注意を!

Usj_033

で、気を取り直して入ったのが「スタジオ・スターズ・レストラン」。

Usj_034

こちらで食べたのは、私のほうは「エビフライ&ハンバーグプレートセット(1,280円)」である。

Usj_035

妻のほうは「マジカル・アラビアンセット(1,580円)」。トマトチキン、ピーマンの肉詰め、クスクス、ビーンズサラダ、アラビアン・ブレッドの中身で、デザートにヨーグルトムースとソフトドリンクが付いている。

妻は当然、生ビールに変えてもらっていた。

Popcornpapa_001 そして、USJ帰りに、シティウォークにある人気のお店、ポップコーン専門店「POPCORN PAPA」で、このお店の2番人気の「梅かつお」と「ガーリックバター」を買って帰る。

両方とも同じような感じだが、個人的には「梅かつお」が良かった。ニンニクの好きな人は「ガーリックバター」もいいかもしれない?

Popcornpapa_014

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/25

駅弁・空弁シリーズ「深川御膳」と「柿千 柿の葉すし」、柿の葉すしは石川とどう違う?

恒例の駅弁・空弁シリーズである。

Soraben_002

まずは羽田空港で買い求めた「深川御膳(1,050円)」である。新作となっていたが、アサリを使った深川めしをアレンジした弁当である。

見た目は、空弁というより駅弁のカテゴリーかな?で、調べてみると、やはり駅弁でも発売されていたが、見た目が少し違う。羽田空港で売っていたほうは容器にコンパクトにご飯とおかずが入れられていた。

買い求めたのは4月で、ちょうどアサリが美味しい季節。ただ、煮アサリなので、いつ獲れたものかはわからない。

ご飯は茶飯の上にアサリと錦糸玉子、それに煮穴子が乗せられている。残念ながら穴子の身は薄い。茶飯も味付けはきわめて上品な薄味であった。

おかずはイクラを乗せたなます、茎わかめ、煮物(里芋、鶏つくね、筍、ニンジン、レンコン、麩)である。煮物の味付けも薄味であった。

Kakinohazushi_002

お次は伊丹空港で買い求めた柿千の「柿の葉すし」である。「柿の葉すし」といえば関西では奈良や和歌山の郷土寿しとしても有名だが、私の故郷の石川県でも祭りのときなど、各家庭で作られていた郷土料理である。私のブログでも過去紹介したことがあるので、詳しくはこちらを見ていただきたい。

Kakinohazushi_004

奈良や和歌山では柿の葉にご飯とネタ全体を包んでしまうが、石川では包まずにそのまま押し寿しにする。

今回私が買い求めたのは、鯖と鮭の柿の葉寿しが3個ずつ入ったもので735円である。この手の寿しは空弁としては食べやすいので重宝するかもしれない。

味的には、石川で食べ慣れた柿の葉寿しと同じであった。懐かしい味であった。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/24

梅田の名店「はがくれうどん」と同じ系統のうどん屋さんでした、本町「憩家」

前に紹介した梅田の「はがくれうどん」は大阪のうどん屋さんの中でも超有名なお店である。

この「はがくれうどん」とまったく同じ「生醤油うどん」を食べさせてくれるところが本町にある。

Ikoiya_002

「憩家」という名前で営業しているのだが、こちらのご主人が「はがくれうどん」で修行していて独立されたのかは不明である。

ただ、ここまで同じスタイルでやるとなると、本来は暖簾分けなのではないかと思うのだが、店内でもWebでもその事実が判明することはなかった。

もちろん、ここまで似ていると、どちらが美味しいか比べてみたくなるのが人の気持ち。こちらの「憩家」のほうも行列の出来る人気店ということで、さっそく出かけてきた。

行ったのは5月の中旬の土曜日。12時前だったので、すんなりとお店に入ることが出来た。そしてメニューを見ると、やはりウリは「生醤油うどん」のようある。

本来であれば、前回「はがくれうどん」で食べた「生醤油うどん」を食べて比較するのが本来であるが、いま流行の「釜玉うどん」に目がいってしまった。

こちらが、「釜玉うどん」である。定食にしたので、これまた「はがくれうどん」と同じようなかやくご飯が付いてくる。私は今回はいなり寿しに変えてもらった。

Ikoiya_001

そして、おもむろにカメラを取り出し、まず一枚写すと、お店の人が「写真撮影がご遠慮していただいております」と言うではないか!?

フレンチのお店や、福岡では赤坂にある「海都」もそうだったが、この手のお店で言われたのは初めてである。理由までは聞かなかったけど、写真を撮る撮らないは、お店側に拒否権があるので、素直に従う。

ところで、こちらのお店は、うどんが1.5玉、2玉まで同じ値段である。貧乏根性丸出しで1.5玉をお願いしたのだが、ほどなく後悔することに。

「生醤油うどん」と同じように、生卵をかけてからお店の人が醤油をかけてくれるのだが、1玉でも1.5玉でも同じ量なので、卵の量的にも1玉分の分量なので、どうしても味が薄くなってしまうのだ。

結果的に後で醤油を継ぎ足すことになったのだが、醤油のかけ方にまでこだわるのだったら、1.5玉、2玉の味の加減にも配慮して欲しい。

妻のほうは、「生醤油うどん」を頼み、かやくご飯を含めて食べ比べてみたが、うどんのほうは甲乙付けがたかったが、かやくご飯のほうは、「はがくれうどん」のほうが美味しかった気がする。

憩家
大阪市中央区南本町2丁目5-4
TEL 06-6244-3158
11:00-14:30
17:00-22:00
日祝休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/22

北新地で飲んだ後の〆は「手打ちうどん 香川」のカレーうどん

Kagawa_062 小松のバー、エスメラルダの中田くんのお勧めの北新地にあるうどん屋さん「香川」に行ってきた。

彼のお勧めはカレーうどん。だが、なかなか北新地に行く機会がなく、先日アップしたUSJの帰りに立ち寄ることにした。

「香川」は名前からわかるとおり讃岐うどんのお店である。だが、麺は讃岐うどんに近い(食べるとわかるが本場の讃岐とは若干食感が違う)が、ダシは昆布とカツオでとった関西風である。

たぶん、本場の讃岐うどんのようなコシが強い麺だと、関西風のダシとの相性が少し違和感があるので、少し大阪のうどんのように柔らかく仕上げているのかもしれない?

お店に入ったのは夜の10時前。先客が二組いたが私たちが食べ終わるころにはだれも居なくなっていた。Webなどを見ると、場所柄、夜中になるほど混むということであったが。

さて、私が頼んだのは当然お勧めの「カレーうどん(1,050円)」である。こちらがそうである。

Kagawa_065

麺が見えないほどたっぷりカレールーがかけられている。一口、まずカレールーを食べる。とてもまろやかである。

うどんの汁と同じダシを使っているので、昆布とカツオの旨みがカレー粉とマッチしている。そして最初甘めの味が少し時間を置いて口の中で辛みが襲ってくる。これは確かにクセになりそうな味。

麺のほうは、普通の大阪うどんより若干太めでカレーに良く絡むのもいい。1,050円と少し高めだが十分に元が取れる味であった。

妻のほうは、この前書いた「バーK」の松葉さんが薦めてくれた「昆布うどん(850円)」を注文。

Kagawa_064

こちらのほうは、関西系のうどんの特徴を、讃岐うどんのコシを残しながら仕上げていた。これは飲んだ後でもスルッと胃の中に消えていく感じだ。

二品とも人気があるのが納得の品。「手打ちうどん 香川」は、これまでに紹介したうどん屋さんとはまた違った味を楽しめたので良かった。

手打ちうどん 香川
大阪市北区曽根崎新地1-5-25
曽根崎新地ビル 1F
TEL 06-6345-0228
11:30~13:30 18:00~28:00
日曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/21

北新地でカクテル三羽ガラスの一人、松葉さんの「バーK(ケー)」に行ってきました

今回紹介するバーも北新地にあるお店で、小松のバーエスメラルダの中田くんに紹介してもらったお店である。

「北新地カクテル三羽ガラス」とは、前に紹介した「Beso」の佐藤さん、それに「エルミタージュ」の田外さんの3人を指してそう呼ぶのだそうだ!?

K_057

北新地にある好陽ビルの地下にお店はある。階段を下りて中に入ると、なかなかのオーセンティックバーの趣である。

オーナーバーテンダーである松葉さんは、スコットランドやキューバにもよく行っていて、スコッチモルトに精通しているようである。

一見、落ち着いた物腰の紳士のようだが、「美味しいうどん屋さんを紹介してください」とお願いしたら、立て板に水の関西弁で色々紹介してくれた。

さて、この日頼んだのは、まずは私のほうは、まずはジンベースのロングカクテルですっきり系のカクテルとお願いしたところ、ラズベリーにレモンリキュールを加えステアしたカクテルを出してくれた。すっきり飲みやすくて美味しかった。

K058

2杯目は、久しぶりのトムコリンズである。昔は良く頼んでいたが、最近はあまり飲まなくなったカクテルである。

妻のほうは、一杯目は「コスモポリタン」。アメリカのドラマ「SEX AND THE CITY」で主人公の女性がよく飲んでいるもので、ウオッカベースにクランベリーとライムジュースをシェイクしたショートカクテルである。

K059

二杯目は、これからが旬のマンゴーを使った「ダイキリ」。生のマンゴーを使っているのでちょっと値段はお高めだったようである。

この日はこれでおしまいだったが、今度はお店に並んでいたシングルモルトのウイスキーなど頼んでみようかな?

バー ケー (BAR, K)
大阪市北区曽根崎新地1-3-3 好陽ビル B1F
TEL 06-6343-1167
月~金18:00~2:00
土18:00~0:00
日祝休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/19

博多駅そばランチ事情(番外編)駅前四丁目「みしま」と八仙閣本店がやっている「彩虹(ツァイ・ホン)」

福岡時代に連載していた博多駅前ランチ事情の番外編である。

月に一度ほど、福岡に出張がある。そのたびにランチを取るのだが、今日はそんなランチのひとコマである。

Mishima001 まずは、和食のお店で、駅前3丁目にある和食のお店「みしま」である。

こちらのお店、個人的には大阪に転居する前、今年のはじめ頃初めて存在がわかった。それからもなかなか行く機会がなかったのだが、3月末に一人でランチを取る機会があったときに入ってみた。

お店は少しお年を召したご夫婦がやっている。もう行ってからだいぶ経っているので、ランチメニューにどんなものがあったのかも忘れてしまったが、私が食べたのは確か日替わりの定食だったと思う。

Mishima003

この日は「鯖の塩焼き」であった。

Mishima004

定食には冷奴と漬物が付いてくるが、いたってシンプルな定食である。

和食 みしま
福岡市博多区博多駅前3丁目11-1
TEL 092-411-3551

お次は博多駅南にある八仙閣本店の一階にある「彩虹(ツァイ・ホン)」というお店。

003

八仙閣がやっているのでもちろん中華のお店なのだが、さすが八仙閣だけあって、本格中華をリーズナブルな値段で楽しめるので、ランチ時はいつも行列が出来る人気店となっている。

12時15分ごろお店に入ったが、10名ほど待っていた。ただお店自体が広いので、10分もかからないくらいの待ち時間で中に入ることが出来た。

メニューを眺めて注文したのは、ランチタイムのサービス定食で700円也。

004

5種類の品から2品選べる。で、私が選んだのは、麻婆豆腐と八宝菜。

大勢の人で賑わっていたので時間がかかるのかな?と思っていたら、意外に早く出てきた。大きなお店なのでオーダー数も多いのだろう?作り置きしているようだ。

味のほうは、可もなく不可もなくであるが、まぁ、コストパフォーマンス的にはいいと思う。

彩虹(ツァイ・ホン)
福岡市博多区博多駅東2-7-7
TEL 092-411-3140
11:00~22:30
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/18

色々楽しめる大阪のデパ地下グルメ、阪急百貨店の豆狸「わさびいなり」阪神百貨店「イカ焼き」「まぐろ漬丼」

私の住まいである本町は、交通の便は良いのだが、ビジネス街のため近くに日用使いのスーパーがあまりない。

休日だと買出しに行けるが平日の場合、妻の帰り道にある梅田のデパートにある食品売り場を利用することが多くなる。今日は、そんな梅田のデパ地下グルメを紹介したいと思う。

まずは、阪急百貨店にある豆狸といういなり寿司専門店。こちらは日曜夜に日本テレビ系列でやっている島田紳助さん司会の番組「行列の出来る法律相談所」で、落合シェフが紹介していた一品である。

Yokozuna_004

紹介していたものは「わさびいなり」で、その名の通り、ピリ辛わさびが入ったいなり寿し。揚げの甘さとの相性も不思議にある。

紹介後は行列が出来て大変であったが、最近は落ち着いたようだ。

Hanshinikayaki_001

お次は阪神百貨店の2品で、最初は地下の軽食コーナー「スナックパーク」の端にある「イカ焼き」。こちらのお店は有名で、今では大阪名物として定着した感もあるイカ焼きが人気となったきっかけのお店らしく、いまでもお店の前には常に行列が出来ているほどである。

Hanshinikayaki_002

たこ焼きのふんわりとした食感と違って、しっかりとしていてモチモチした食感の粉もので、少し甘めのソースとの相性も良い。

最後は「さかな屋の寿司」で売っていた「まぐろ漬丼」である。確か550円だったと思うが、550円にしてはまぐろがこれでもか!と盛られていてお得感満載であった。

Kobe_039

大阪の百貨店では、まだまだ人気のグルメが数多くあると思うので、また紹介していきたい。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/15

来年遷都1300年をむかえる日本人の心の街「奈良」で愉しむ休日

大阪から奈良へは、難波より近鉄で540円。45分ほどなので、日帰りツアーにはちょうどいい距離である。

こどもの日の5月5日、あいにくの雨の日であったが、ふらっと出かけてきた。下調べも何もせずに出かけてので、まず近鉄の駅で地図を手に入れ、東大寺に向けて歩く。

Nara_004

途中、興福寺に立ち寄る。興福寺は藤原鎌足と子息の藤原不比等ゆかりの寺で、藤原氏の氏寺でもある。

Nara_001

そのまま奈良公園の中を通りながら、かわいい鹿に何度も出会いながら、東大寺に向う。小腹が空いたので、参道に売っていたおかきを購入して食べる。

Nara_013
Nara_012

そしてご存知「大仏殿(正式名称は東大寺金堂)」を見学。

Nara_006

Nara_008 久しぶりに見る「奈良の大仏」は、やはり魂を揺さぶるものがあった。正式には「東大寺盧舎那仏像(とうだいじるしゃなぶつぞう)」といい、「銅造盧舎那仏坐像」の名で国宝に指定されている。

ただ、現存のものは、ほどんどは中世・近世に修復されており、天平時代に作られたオリジナルが残っている箇所は台座、腹、指の一部なのだそうだ。

Nara_009

その後、同じ東大寺にある「お水取り」で有名な二月堂へ移動。こちらの建物も国宝に指定されている。

この後、雨が本降りになってきたので、奈良国立博物館に入り、平常展を見学。この日、こどもの日は入場料が無料であった。ラッキー!

Nara_023

奈良国立博物館は仏教美術に関する収集では、国内随一で、最近ブームになっている仏像について学ぶなら最適な場であろう!?毎年秋には「正倉院展」が開かれるので、そのときにはまた来たいと思っている。

個人的にも歴史に興味があるので、京都や奈良が日帰りで行けるのでうれしい。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/13

きつねうどん食べ歩き、今度は道頓堀のど真ん中!「道頓堀 今井 本店」

石川や福岡に住んでいたときは、きつねうどんはほとんど食べなかったが、大阪に住むようになってからは、きつねうどんを食べ歩いている。

大阪のうどんといえば、きつねうどんと思うからであるが、今回は道頓堀のど真ん中にありながら、創業が昭和21年という老舗のうどん屋さん「道頓堀 今井 本店」に行ってきた。

Imai_009

ちょうどこの日は「御堂筋オープンフェスタ2009」というイベントが御堂筋でやっていた日曜日で、道頓堀も大勢の人で賑わっていた。

Imai_008

お店の玄関の雰囲気は、うどん屋というより、割烹か本格和食のお店の趣きである。道頓堀の通りは人通りも多く騒がしいが、この一角だけ、静かな佇まいを感じさせてくれる。

さっそくお店に入りお品書きを見渡すと、うどん蕎麦、丼ものなどの定番メニュー以外にも、創作そばや季節の麺など、他にはない品々もお品書きに並んでいる。

他のメニューにも目移りしたが、やはり初志貫徹で「きつねうどん(735円)」を注文。こちらが、美味しいといわれる「道頓堀 今井 本店」のきつねうどんである。

Imai_003

まずダシを一口。そんなに甘くないダシである。薄味だが、コクも旨みもあり私好みの味である。油揚げも2枚、デンと乗せられている。こちらも甘さはちょうどいい。

うどんは、大阪うどんそのものだが、もっちりとした食感がある。ダシとの相性もいい。なかなかのきつねうどんだと思う。

妻のほうはといえば、日替わり御膳(1,890円)を注文。こちらには、いなりうどんの小と懐石の八寸のようなおかず、それに小鉢と季節のご飯が付いてくる。この日は豆ご飯であった。

Imai_005

一口、豆ご飯を食べたが、ほんのりと上品な豆の香りと味でよかった。

Imai_006

さて、いかがだろう?大阪に来たら道頓堀に行くことも多いのではないだろうか?そのときに、こちらの今井に寄ってみては!?

道頓堀 今井 本店
大阪市中央区道頓堀1丁目7番22号
TEL 06-6211-0319
11:00~22:00(L.O. 21:40)
水曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/12

初体験のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)と新しいアトラクション「マジカル・スターライト・パレード」

これまでユニバーサル・スタジオ・ジャパン(以下USJ)には行ったことがなかった。

Usj_004

今回運良く、「おおさか遊ぶろぐ」からペアチケットを頂けたので週末に出かけてきた。

USJについては、いまさら詳しく説明する必要はないかもしれないが、一応簡単におさらいをしておこう。

完成したのが、今から8年前。元々母体は大阪市が出資する第三セクターで設立されたが、今は民間会社に生まれ変わっている。基本はハリウッド映画に関連したアトラクションが中心のテーマパークだが、近年は日本生まれのキャラクターであるキティや、ピーターパン、オズの魔法使いなどのアトラクションを充実させていて、幅広い年齢層の客を呼び込もうとしている。

さて、行ったのは5月の休み。ご存知の通り、新型インフルエンザに大阪が揺れていたときであったため、会場でのこまめな手洗いとマスク防備で乗り切ることにした。

案の定、週末であったがそんなに混んでいなかった。10時半に入って夕方までで行きたいアトラクションはほぼ入ることが出来た。待ち時間も一番長いアトラクションでも30分待ちであった。

さすがハリウッド映画のノウハウを注入したアトラクションなので、エンターテイメントとしてとても楽しめた。

Usj_007

こちらはご存知「ジョーズ」。

Usj_009

Usj_012 「ジュラシックパーク」。最後のウオータースライダー、前のほうに座るとずぶ濡れになってしまう。

消防士の活躍を取り上げた「バックドラフト」。実際に火を使ったアトラクションは迫力があって面白かった。

Usj_013

「スパイダーマン(右)」と「バック・トゥ・ザ・フューチャー(左)」。どちらもスクリーンを使ったライドアトラクション。スパイダーマンは3D(USJでは4D)

すべて私も観た映画ばかりである。映画の一場面が記憶の中からよみがえる感じだ。

Usj_030

USJには、おなじみの映画に関連したアトラクションばかりではなく、上の写真左は「ハリウッドドリーム」という、ようはジェットコースターアトラクションや、右の「ウィケッド(Wicked) 」は、ブロードウェイのミュージカルのいいところどりしたショー形式のアトラクションである。

Usj_028

「ウオーターワールド」は、映画の撮影現場のような迫力あるショーが楽しめる。しかし、USJでは水をかけられることが多い!(笑い)

そして、最後はお楽しみの「マジカル・スターライト・パレード」。開園8周年を記念して作られたアトラクションで、3月から夜に行われている。

アトラクションの基本構成は、「不思議の国のアリス」「アラビアン・ナイト」「シンデレラ」の有名な3つのおとぎ話をテーマに繰り広げられるパレードで、発光ダイオードで飾られたキャラクターの乗せたフロート(山車)がストリートを行進する。

まぁ、有名なキャラクターばかりなので、子供なら大体はすぐにわかる。ただ、私のようなおじさんになると、わからないキャラクターも多い。(^^;;

Usj_042

まず先導は、セサミストリートのエルモ、スヌーピー、ハローキティ。

Usj_046

こちらは何のキャラクターかな?(^^;;アラビアンナイト??

Usj_050

パレードの最後はシンデレラ。なかなかきれいで楽しめた。時間的には一ヶ所で観ていると30分ほど。特に子供には喜ばれるだろう!?

さて、USJは5800円のスタジオパスがあれば、すべてのアトラクションの利用が出来る。一日で狙いのアトラクションはすべて観ることが出来たのでお得だと思う。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/10

靭公園の南、森田恭通氏プロデュースのお店「DBL(ダブル)」は意外に気軽に楽しめる

私の住まいは本町のど真ん中なので、買い物をするのに適当なスーパーがそばにない。

そのため、休みの日に健康維持を兼ねて20分ほど歩いて、妻と靱(うつぼ)公園近くのスーパーまで買出しに出かける。いつも、その途中にあるお店を物色しながら歩いているのだが、今日はその中の一店に行ってきたので書きたいと思う。

Dbl_006

お店の名前は「DBL(ダブル)」。正式には「DBL CAFE DINER×BAR LOUNGE」ということらしいが、インテリアデザインを手がけたのは、女優大地真央さんの旦那さんとしても有名な森田恭通氏である。

インテリアデザインの世界では超有名な森田恭通氏。派手なイメージのデザインを想像していたが意外にシンプルで、オーソドックスなインテリア。天井も高い空間で明るい内装と相まって落ち着いて飲食が出来るインテリアに仕上がっていた。

こちらのお店は、レストラン、カフェ、バーと色々なシーンに変化する空間を楽しめるつくりとなっているようで、土日は静かな都会のホッとしたひと時を楽しむにはいいだろう?

私たちが行ったのはランチ時。ちょうど12時に入ったが、予約もなくすんなりと入ることが出来た。

ランチは800円のパスタランチから、メインが付いた1,500円のDBLランチまで、7種類揃っている。なかなかリーズナブルだ。

私が頼んだのは、「DBL特製ハンバーグランチ」で1,200円である。

Dbl_001

まずはカップスープ。

Dbl_005

そして、こちらがハンバーグ。たっぷりのサラダと、デミグラスソースもたっぷりかかったハンバーグである。ハンバーグ自体は少し柔らかめ。しかも、これで1,200円であればお得だろう?

妻のほうは「本日のパスタランチ(800円)」で、メインのパスタはこの日は「子羊、タケノコ、香味野菜のラグーソース」であった。

Dbl_004

サラダとパンも付いている。

Dbl_002

おしゃれなお店で、年中無休。夜も遅くまでやっていて使い勝手もよさそうなお店である。

DBL(ダブル)
大阪市西区靭本町2-2-12
TEL 06-6446-2002
11:00~27:00AM(日祝 ~23:00)
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/09

奈良の本格派の蕎麦屋さん「そば切り 百夜月(ももよづき)」の手挽きと二八そば

奈良に日帰りの小旅行。奈良へは難波から急行で45分ほど。540円で行くことが出来る。

お昼をどこで食べようかと、街中をぶらぶら。なぜか「奈良=蕎麦」というイメージがあって、色々なお店を探したが、これといったお店を見つけられず、コンビニでガイドブックを立ち読みして見つけたのが、今日紹介する「そば切り 百夜月(ももよづき)」である。

お店を探して、近鉄奈良駅の回りをぐるり。ほどなく見つけることが出来た。

017

019 やはり、こだわりのあるお店は、一目見ただけでわかる。かもし出す雰囲気が違うのである。入り口には杉玉が飾られていて、石臼もディスプレイされていた。

お店に着いたのが13:30ごろ。5名ほど待っていたが15分ほどで座ることが出来た。

メニューは基本は二八そばと十割。それに手挽きがあり、二八と十割には「おろし」「とろろ」「梅のり」(以上は745円)「季節のぶっかけ(1,050円)」が選べる。(十割は105円増し)

で、私が頼んだのは「季節のぶっかけ」で、5月と6月は茗荷そば。こちらが、その茗荷そばだが、ミョウガとオクラ、白ネギが乗せられており、肝心のそばは福井丸岡産。まだ新そばには遠いが、香りもそこそこして、のど越しもいいそばを味わうことが出来た。

021

妻のほうは一日限定10食の「手挽きそば」を注文。一日限定10食ということで、時間も遅かったのでもうないかな?と思ったが、最後の一人分ということでラッキー!

022

こちらが、それであるが、塩とツユの両方で楽しむことが出来る。私も塩で一口食べたが、超粗挽きのそばは、ちょっと短いが、そばの味がダイレクトに口の中に広がる感じがした。

量は少なく、値段も高めだが、5月の時期にこれだけ美味しいそばを食べさせてくれるので満足満足。夜にも行きたくなるお店だと思う。

そば切り 百夜月
奈良市中筋町38
11:30~14:30
17:30~19:30
(土曜は~15:00) 
日曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/08

本日、大阪市中央公会堂にて長谷川章氏の「D-K(デジタル掛け軸)LIVE」が開かれました

Dk_004
前にお知らせした、小松氏在住の映像クリエーター、長谷川章さんのデジタル掛け軸。大阪の夜空の下、大阪市中央公会堂をキャンパスに映し出された。

Dk_013
Dk_017
Dk_012

Dk_021 日没から21:30までの短い時間だったが、大阪の人たちも立ち止まって、しばし見上げていた。

今回は、心斎橋ライオンズクラブのイベントだったが、桂三枝師匠もゲストで来ていた。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/06/07

同じ「王将」でも「餃子の王将」と「大阪王将」に違いはあるのかな?

私は大学のとき京都に住んでいたので、「王将」といえば「餃子の王将」、つまりは京都王将のことを思い出す。

だが数年前、大阪にも「王将」を名乗るお店があり、やはり餃子をウリにしているのだと初めて知った。

しかし、「餃子の王将」にも、ずいぶんと長い間行っていないことに気づき、大阪に転居したのを機会に、一度、両方のお店に行ってみて比べてみようと思い立ったのである。

京都王将には、当時、京都山科に親戚があったので、40年ほど前から知っていた。そのとき、餃子は90円ほどだったと記憶している。その後、大学に進学してからも、「安い!早い!」という学生に優しい?お店だったので、それこそしょっちゅう利用していたものだ。

027

行ったのは、戎橋店。祝日の夕方5時前だったが、席は半分ちかく埋まっていた。

中に入って、まず注文したのは、もちろん「餃子」である。一人前200円で6個。2階だったからか王将にしては少し時間がかかったが、やっぱり昔食べた味と変わっていない!

024

200円でこれだけの味を楽しめるのはさすがだ。

025

あと「八宝菜(480円)」と、

026

「チャーハン(350円)」を注文。チャーハンも懐かしい味で美味しかった。

王将 戎橋店
大阪市中央区難波1-8-6
TEL 06-6213-6626

お次は、「大阪王将」である。「大阪王将(=イートアンド)」は、元々は京都王将の王将フードサービスの創業者の一族が独立して始めたもの。この手の話はご多分に漏れず商標問題に発展するのだが、王将の場合も同じだったようだ。そのため、大阪王将では、お店のウリである「餃子の」というフレーズが使えないという。

私が行ったのは東大阪の荒本にあるお店。

002

食べたのは、麺ランチで、日替わりのラーメンと半チャーハンがセットになっている。この日のラーメンは味噌ラーメン。中華料理店で味噌ラーメンを食べたのは、あまり記憶にない。

003

肝心の味のほうは、少し味の深みというか、コクというかが、もう一歩足りない気がした。

半チャーハンのほうはまずまずだったかな?

あえて京都と大阪の王将の味の比較自体は避けるが、どちらも切磋琢磨して頑張って欲しいものである。

大阪王将 荒本店
大阪府東大阪市荒本北2-1-10
TEL 06-6748-7500
11:00~24:30

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/06/06

久しぶりの東京でのイタリアン、三軒茶屋「グッチーナ」は人気のお店だけあっていいお店でした

GWの中盤は富士霊園でお墓参り。富士霊園は少し前、清水由紀子さんが自殺したことで有名になったところである。

006 まぁ、そのあたりの話はやめにして、この前日に妻の友人ご夫妻と久しぶりの東京イタメシを楽しんだので、そのことについて書きたいと思う。

行ったのは三軒茶屋にある有名なイタリアンのお店「グッチーナ」である。

友人夫妻は昨年に結婚したばかりの新婚さん。スプマンテとワインを飲みながら。色々積もる話をしながら美味しい料理に舌鼓をうった。

011

まずは、アンティパスト(前菜)として頼んだのは、「ANTIPASTO MISTO(おまかせ前菜盛り合わせ1,260円)」。こちらは2人前よりとなっている。内容的にはカルパッチョ、キッシュ、ブルスケッタ、モッツァレラとトマト、エスカベッシュ、生ハムなど。バラエティに富んでいて、あっという間になくなってしまった。

012

こちらは「COZZE AL VINO BIANCO(三重産ムール貝の白ワイン蒸し1,890円)」。ちょっと小ぶりのムール貝だが量が多くお得。

この後、「CROSTINI AI QUATTRO FORMAGGI ALLA"GUCCINA"(4種チーズのパングラタン・グッチーナ風 2枚1,050円)」をオーダーしたのだが、話に夢中で写真を撮り忘れてしまった。そうそう!本来2枚なのだが、ちゃんと4人分に切り分けてくれた。

013

プリモピアットのパスタは、まずは「桜えびと芽キャベツ・フレッシュトマトのスパゲッティーニ(1,785円)」。この写真は4人にシェアしてもらった後のもの。旬の桜えびと芽キャベツをさっぱりとした味付けに好感が持てた。

014

パスタのもう一皿は「生ウニのアンチョビソースリングイネ(1,890円)」で、生ウニ、アンチョビ、生クリームを使ったソースで、リングイネとの相性もばっちり!クセになる味であった。

015

最後はセコンドピアット(メイン)で、「本日の鮮魚(この日は黒鯛)のハーブ風味のロースト(2,520円)」。野菜やきのこもたっぷりと入って、ハーブの香り豊かな逸品であった。

いやはや、これだけ美味しい料理があれば、話も弾むし酒の量も増える。男女2人ずつでほぼワインボトル4本を空けてしまった。

こちらは、妻が食後の一杯(デザートよりもこちらのほうがいいようで)を品定めしているときに並べてもらったボトルである。(^^;;

016

さすがに人気のお店だけあって、雰囲気、サービス、料理の種類と味、ワシンの種類など、どれをとっても素晴らしい。お勧めのお店である。

グッチーナ
世田谷区三軒茶屋1-6-13 
TEL 03-3795-5587
11:30~14:00(L.O.)
18:00~22:00(L.O.)
月曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009/06/04

神戸本町「義市商店」で明石焼と神戸牛のステーキ両方楽しめるセットを堪能

Kobe_033 大阪に住んで色々なたこ焼きを食べているが、同じ関西でも神戸に行くとたこ焼きよりは明石焼のほうが一般的になってくる。

先日もブログで神戸に行ったことを書いたが、その帰りに少し小腹が空いたので立ち寄った「義市」という明石焼きのお店について書きたいと思う。

場所は、元町駅から三宮に向う途中にある。お店の玄関は一見小料理屋に見える。

中に入ると、ご夫婦が切り盛りしている。そしてアルバイトの中国?女性が一人いる小さなお店である。

メニューを見渡して目に付いたのが、神戸の名物をセットで楽しめるメニュー。明石焼きに神戸牛、そして神戸ワインである。これで1,300円はお得だということで、さっそく注文。

ワインは他の飲み物に変更が可能で、私たちは生ビールに変えてもらった。

Kobe_034

明石焼は、ごま油で焼かれているので、香ばしいいい香りがする。ご存知の通りだし汁に付けて食べるのだが、こちらのだし汁もカツオ節のいい味がして、熱々の明石焼との相性もいい。

Kobe_036

普段肉を食べない私も、神戸牛ということで刻みネギと大根おろしを肉にまきポン酢につけて一口食べてみた。ただ、残念ながら肉についての美味しさの基準が私にはわからないので、評価は避けたい。

義市商店
神戸市中央区北長狭通3-1-1
TEL 078-331-7890
12:00~19:00
土日祝12:00~20:00

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/03

きつねうどん発祥のお店「うさみ亭マツバヤ」で食べた「きつねうどん」と「大阪おじやうどん」

大阪もうどん文化のお店。私にとっては大歓迎の土地である。

今日は、皆さんも良くご存知のきつねうどんを作ったという、きつねうどん発祥のお店を紹介したいと思う。

Usamiteimatsubaya

お店の名前は「うさみ亭マツバヤ」。元々は「松葉屋」という屋号であった。私の住まいからも数分ほど歩いた南船場にあり、明治26年創業の老舗である。

きつねうどんといえば、大きな油揚げが乗せられているうどんだが、私自身はあまり食べない。それは、きつねうどんの汁が甘いからである。油揚げを煮た甘めの汁がダシに入っているからだろうが、甘めの味付けのものは、そんなに好きではないからである。

だが、きつねうどん発祥のお店ということであれば、食べないわけにはいかないだろう!
こちらが、その名代「きつねうどん(550円)」である。

Usamiteimatsubaya_001

見た目は、汁が濃い目で関東風のきつねうどんのよう_まず最初に汁を一口のむ。やっぱり甘めの味付け。だが、単に甘いだけではなく、上品な甘さだ。たぶん、ダシを作る素材(醤油、昆布やかつお節)にこだわっているのではないかと思う。

麺は若干の透明感のある細め。食感も大阪うどんよりは、少し歯ごたえ重視でしっかりとした感じ。油揚げはダシがしみて美味しい。このあたりはさすがだ。

あと、こちらのお店の人気メニューとして「おじやうどん」というのがある。私が注文したのは、「大阪おじやうどん」という魚介や野菜などが入った、このお店一番人気の品。

Usamiteimatsubaya_002

「おじやうどん(1,000円)」とは、その名の通り、うどんとご飯(おじや)が入ったうどんで、具材は、魚の切り身、エビ、穴子、鶏肉、椎茸、油揚げ、かまぼこ、卵などがたっぷりと入っている。

器は鉄鍋。熱々の状態で出されるので、うどんやおじや。特におじやを食べるときは注意が必要だ。私もおじやを最初一口食べてやけどしそうになった。(^^;;

麺は、きつねうどんのものと同じかな?汁はきつねうどんと違って甘くはない。おじやのご飯にあう味だ。

値段は1,000円とちょっと高いが、話のタネに食べてみることをお勧めする。

老舗できつねうどんの発祥というブランドを持ちながら、新しい名物うどんを考案しているなど、個人的には応援したくなるお店である。

うさみ亭マツバヤ
大阪市中央区南船場3-8-1
TEL 06-6251-3339
11:00~19:00
金土11:00~19:30
日祝休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/06/01

イカスミの黒いカレーソースが名物の「船場カリー 南久宝寺店」はクセになる?味

前にも書いたが、私の住まいの本町あたりには有名なカレーのお店が意外に多い。

今日紹介する「船場カリー」はその名の通り、繊維の街「船場」に本店を構えるお店で、2007年3月に閉館した新横浜にあった横濱カレーミュージアムにも出店していた人気店である。

行ったのは5月2日の土曜日。GW真っ只中だったために、私の住まいの近くにある本店がなんと!お休みで、その足で向ったのは、そこから5分くらい歩いたところにある南久宝寺店。

Senbacurry_001

お店に入ってメニューを見る。人気№1は「牛すじネギカレー」だということであったが、私はダメなので妻がそれを頼み、私のほうといえば、この日のサービスカレーとしてお店の前に黒板に書かれていた「カニクリームコロッケとほうれん草のカリー」を注文した。(こちらでは、カレーと呼ばずに「カリー」と呼ぶ)

「船場カリー」のカレーには、すべてイカスミが加えられている。そのため、一般的なカレーよりは黒い。ルーの見た目は、金沢のゴーゴーカレーに似ていなくもない。

こちらが、私の食べた「カニクリームコロッケとほうれん草のカリー(800円)」である。カニクリームコロッケも中がとろ~りとしてまずまず。

Senbacurry_006

カレーの方は中辛で、イカスミを加えることによるコクが増していて、クセになる味かもしれない。

こちらは、妻の頼んだ「牛すじネギカレー(950円)」。たっぷりと牛すじとネギが盛られている。白ネギは長時間流水でさらしたシャキシャキ。牛すじとの相性も良かったそうだ。

Senbacurry_005

ライスは小。ライスが小の場合、小さなサラダが付いてくる。

Senbacurry_004

味的には金沢カレーにも似ている気がする船場カリー。これからも何度か食べることになるカレーかもしれない。

船場カリー 南久宝寺店
大阪府大阪市中央区南久宝寺町3-2-11
スワン大阪第3ビル
TEL 06-6251-9700
[月~金]
11:00~21:00
[土・日・祝]
11:00~15:00
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »